CTO30会議

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

技術先行でなく顧客ニーズ起点、100事業展開のオムロン
CTO30会議(8)

(1/3ページ)
2017/3/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 オムロンは1933年の創業時から、顧客のニーズに応える形で一つひとつ事業を立ち上げてきた。今では100以上の事業を持つ。企業全体として特定の事業に依存することはなく、最大規模の血圧計分野でも売上高は500億円程度。ベンチャー企業程度の規模の事業も少なくない。そんな同社は、2015年4月にCTO(最高技術責任者)職を設置した。最大の理由は、事業間の橋渡しを求めるケースが増えてきたことだ。初代CTOである宮田喜一郎執行役員常務に、CTO職が必要になった背景やCTOに求められる能力について聞いた。

――CTO職を設置した背景には何があったのでしょうか。

写真1 オムロンCTO 宮田喜一郎執行役員常務(撮影:今 紀之)
画像の拡大

写真1 オムロンCTO 宮田喜一郎執行役員常務(撮影:今 紀之)

宮田 技術の進歩が急速になってきたことが背景にあります。それによって事業を取り巻く環境が大きく変化するため、経営に技術の視点が必要になりました。そこでCTOを設置することにしたのです。

 今から7年前の2010年に長期ビジョン戦略「VG2020」を作成しました。2011年からの10年間に取り組む内容をまとめたものです。ところが時間が経過してみると、技術による環境変化が激しく、予想しなかった分野から競合企業が現れたり、今まで競合企業と思っていた企業と手を組んだりといったことが何度も起こりました。そこで私のCTO就任後、VG2020のうち2017年から2020年の4年間の戦略を、技術を核に練り直し、「VG2.0」に変更しました。

――技術の変化は主にどの分野で起こっていますか。

宮田 変化が激しいのは、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)、ロボティクス、ヘルスケアの4分野です。これまで技術についてはカンパニーごとに対応していました。しかし最近は、全社横断的に関わってくる技術が増えています。先ほど挙げた変化が激しい4分野の技術は、どれも複数のカンパニーに関わります。そうした技術と、それに関わる技術者の横断的なマネジメントをCTOが担当します。各カンパニーで技術者を抱えるよりも、全社でまとめた方が効率的に動けるうえ、獲得したノウハウを別の事業で生かしやすくなります。

――技術の横断的なマネジメント以外にもCTOの役割があると思いますが、どのようなものがありますか。

宮田 CTOは将来像を作ることが仕事です。構想と言ってもいい。その将来像からバックキャストして現在の事業の方向性が適切なのかもCTOが判断します。

 打ち出した構想を外に向かって発信することもCTOの重要な役割です。外での講演、決算発表、展示会など話ができるところへ行っては構想を発表します。さらに、構想に共感した企業をパートナーにすることで仲間を増やしていきます。

 このほか、技術を手段にして事業を生み出すマネジメントもCTOの仕事になります。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

CTO30会議 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 サイバーアイ・エンタテインメント 代表取締役社長兼CEO 久多良木健氏(撮影:新関雅士)

奇人変人の才能見抜け 「プレステ生みの親」のCTO論

 1994年12月に発売された「プレイステーション(PS))」(現ソニー・インタラクティブエンタテインメント)は、家庭用ゲーム機としては初めて累計出荷台数が1億台を超え、世界的なムーブメントを巻き起こ…続き (6/9)

アイデアは若手に任せろ 日本車初エアバッグ開発者

 本田技術研究所で1987年に日本初の量産車向けエアバッグの開発・市販に成功するというイノベーションを起こした小林三郎氏。大半の経営陣が反対する中、粘り強く開発を続け、製品化にこぎ着けた。その経験から…続き (5/2)

味の素バイオ・ファイン研究所(川崎市川崎区)

オープンイノベーションが不可欠な時代 味の素

 味の素は、100年前に“うまみ”成分のグルタミン酸で事業を開始し、食品から医薬品、化粧品、電子材料へと領域を広げてきた。アフリカや東南アジアに市場を拡大する一方で、国連との協力による「ガーナ栄養改善…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月23日付

2017年6月23日付

・ドローン・3D、セット貸し 中小の建設会社向け、オリックス系と国際航業
・日本工営、福島で小水力発電所
・IDEC、ナノバブル測定サービス 応用研究を支援
・東レ・デュポン、設備投資50億円 フィルムやゴム用繊維で
・ゴルフを手軽に楽しんで、ブリヂストンスポーツ 屋内施設を展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト