Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]ロシアのTV局から突然消えたトランプ報道

2017/2/21 14:11
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 ロシアの日曜夜の主力ニュース番組はこの数カ月、自国のプーチン大統領よりもトランプ米大統領を持ち上げる報道に、より多くの時間を費やしてきた。

 だが、トランプ氏は、先週、フリン国家安全保障担当大統領補佐官をロシアとの接触問題で解雇し、ロシア政府に不快感を与える発言をしてからはロシアのテレビからほぼ完全に姿を消した。

 ロシアのペスコフ大統領報道官は先週、国民の8割が情報源とするテレビ局に対し、ロシア政府がトランプ氏を称賛する内容の報道を控えるよう命じたという報道は「偽ニュースだ」と述べた。

 だが、トランプ氏であふれていたメディアの報道が突如方向転換をしたことから、同氏は多くのロシア人が期待したほど迅速に米ロ関係を再構築できる人物ではないとの認識が高まっていることがうかがえる。

 インタファクス通信によると、ロシアメディアは1月にはプーチン氏よりもトランプ氏の報道に力を注いだ。これは以前は考えられなかったことだ。だが、国営通信社トップのドミトリー・キセリョフ氏が司会を務める毎週放送のニュース番組「ベスチ・ニェジェーリ」の19日の放送では、トランプ氏についての報道はほとんど何もなかった。キセリョフ氏が息継ぐ間もないほどトランプ氏を取り上げる様子に、極右議員のグループが、キセリョフ氏が自身の「トランポマニア(トランプ氏への熱狂)」報道でプーチン氏をおとしめていると抗議する事態を招いたほどだ。

 だが、同氏は先週末の放送では、トランプ氏に同情する手短なコメントをいくつか述べたにとどまった。トランプ氏は米メディアとの対立のせいで「腰を据えて仕事に臨めていない」としたうえで、「米メディアは、ロシアとの関係正常化に向けたいかなる動きも、ロシア政府が背後で操っていると自動的に解釈する。その点においては、トランプ氏が名指ししたメディアは米国民の敵だ」と述べた。

 国営テレビの主力政治討論番組「ウラジーミル・ソロフィエフのサンデー・イブニング」で、同国の政治家らはほとんどトランプ氏の名前を出さずに北大西洋条約機構(NATO)がロシアに与える脅威について非難した。これはロシア政府のおはこのテーマだ。軍需産業を担当するロゴジン副首相は、同国が「米国の弾道ミサイル防衛を今日、あす、あさってにも突破することが可能な」新たな弾道ミサイルの開発を行っていると述べた。

■友にはなれない米国

 トランプ氏のロシアに対する姿勢は先週、明らかに変わった。ロシア政府がウクライナに「クリミアを返還する」ことを望むと米政府が言い放ったのだ。このことは、高まっていた、同氏がロシアの多くの人々が期待したような親ロシアの大統領にはならないとの見方を決定的にした。だが、ペスコフ氏は、ロシア政府はトランプ氏に対し「いかなる過分な幻想も抱いたことはない」としたうえで、「そのため、幻滅することなど何もない」と述べた。

 最も早い段階からトランプ氏を支持し、同国メディアの先頭に立って同氏を応援していた民族主義者のウラジーミル・ジリノフスキー議員でさえも、米大統領選直後に自身が主催した議会でのシャンパンによる祝杯について、トーンダウンした。

 同氏は大衆紙コムソモルスカヤ・プラウダに対し「トランプ氏が我々の友になると期待して乾杯したと思っているのなら、それは見当違いだ」としたうえで、「米国は永遠に我々の同盟国にはなれない。両国は互いに競い合っており、互いを常に警戒している」と語った。

By Max Seddon

(2017年2月21日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ロイヤル・ダッチ・シェルのファン・ブールデンCEOは、再生可能エネルギーに対する米国の支援がなくなることを懸念する=ロイター

ロイター

[FT]シェルCEO、パリ協定離脱は米に不利益と警告 [有料会員限定]

 英蘭石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルのベン・ファン・ブールデン最高経営責任者(CEO)は、トランプ米大統領が温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」から米国を離脱させれば、米国企業は不利な立場に置かれ、米…続き (5/22)

郭文貴氏は反腐敗運動を指揮する王岐山氏(写真)に批判の矛先を向けている=ロイター

ロイター

[FT]中国の苛烈な権力闘争、密室から表舞台へ [有料会員限定]

 共産党の最高幹部とその親族に対する生々しい汚職疑惑についてツイートしていないとき、中国の不動産王で、米ニューヨークで亡命生活を送っている郭文貴氏は、五番街のペントハウスでウエートリフティングに励む自…続き (5/23)

NAFTAの発効を機に国境を越えたサプライチェーンが構築された(米メキシコ国境で)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏のNAFTA見直し方針は誤り(社説) [有料会員限定]

 もっと分別のある世界であれば、北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が行われるというニュースは、人々が喜び期待する要因のはずだ。米国、カナダ、メキシコとの間で1994年に発効したこの協定には、現代の…続き (5/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/22の予定>
  • 【国内】
  • 4月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 5月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 西川自工会会長の記者会見(11:20)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 4月の主要コンビニエンス売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • EU総務理事会で英離脱交渉の「交渉指令」採択
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/23の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 3月と16年度平均の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 4月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 三村日商会頭の記者会見(13:30)
  • 4月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 4月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、15:00)
  • ソニー経営方針説明会
  • 【海外】
  • ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事が講演(8:30)
  • 4月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 5月の仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 5月の独PMI速報値(16:30)
  • 5月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 5月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、22:45)
  • 4月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/24の予定>
  • 黒田日銀総裁が国際コンファランスであいさつ(9:00)
  • 3月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 5月の月例経済報告(内閣府)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • カナダ中銀が政策金利を発表(23:00)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(5月2~3日開催分、25日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/25の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 40年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が佐賀県金融経済懇談会であいさつ(佐賀市、10:30)
  • 桜井日銀審議委員が記者会見(14:00)
  • 4月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 3月期決算=明治安田生命、住友生命、日本生命(三井生命を含む)、富国生命、朝日生命
  • 石油輸出国機構(OPEC)総会
  • インドネシア市場が休場
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/26の予定>
  • 閣議
  • 4月の全国・5月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 4月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • シャープの中期経営計画説明会
  • 主要7カ国(G7)首脳会議(イタリア・シチリア島、27日まで)
  • 4月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP、改定値、21:30)
  • 4月の米耐久財受注額(21:30)
  • 5月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]