Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]仏大統領選の経済政策、革命でなく改革で競え(社説)

2017/2/17 14:00
保存
印刷
その他

Financial Times

 欧州委員会の最新の経済見通しから判断すると、フランスの次期大統領はブリュッセルと衝突することになる。これまで何度もユーロ圏の財政ルールを守れなかったフランス政府は2018年まで、財政赤字を国内総生産(GDP)の3%未満に抑える規定を達成できない見通しだ。

 GDP比で約97%の公的債務を抱えるフランスは、財政の持続可能性を高める必要があるが、フランス経済には欧州連合(EU)の安定成長協定に対する違反よりも大きな脅威がある。

マクロン前経済産業デジタル相は経済的な楽観論を示す唯一の候補だが、詳しい政策は示していない=AP
画像の拡大

マクロン前経済産業デジタル相は経済的な楽観論を示す唯一の候補だが、詳しい政策は示していない=AP

 フランス大統領選に向け先行するマリーヌ・ルペン(極右政党「国民戦線」党首)、ブノワ・アモン(前国民教育相)、フランソワ・フィヨン(元首相)の3氏は、急進的な変革がなければフランスは衰退する運命にあると思い込んでいる。これはフランスの支配層の年来のコンセンサスだ。そして現在、左派の有権者も右派の有権者も同じように思い込んでいる。

 大統領選の第1回投票に関する世論調査でトップに立つルペン氏は、フランスをユーロから脱退させ、公的債務の大部分を新たな自国通貨建てに替えるとしている。これは史上最大の国家デフォルト(債務不履行)を引き起こし、EUの事実上の終幕につながるだろう。ルペン氏の他の政策構想は、これに比べれば小さなものになる。

 社会主義者のアモン氏も、投資家にとってほぼ同等に恐ろしい構想を抱いている。安定成長協定を改正し、欧州の周縁諸国にのしかかっている債務を帳消しにするという。アモン氏は、EUが債務を相互化して債券を発行し、共通の財政政策を持つとしている。それなりの訴求力はある構想だが、政治的な現実にそぐわない。また、労働市場改革の引き戻し、週35時間未満への労働時間削減、全国民の最低所得保障の財源に充てるロボットへの課税という内政政策の構想は、雇用を生み出さない。現時点でアモン氏は第1回投票を通過できないとみられているが、もう一人の左派候補ジャン・リュック・メランション氏(元上院議員)が支援に回れば流れは変わりうる。

 これと対照的に、フィヨン氏は市場寄りの集中的な改革を公約している。法人税の引き下げ、労働への課税、年金支給開始年齢の引き上げ、労働時間の延長、公的部門の人員削減などだ。

 主流派の候補、それも保守本流の候補にとっては、これもまた漸進的な改革という従来路線からの急進的な転換だ。ただし財政に関しては、フィヨン氏も2020年より前に赤字を3%未満に抑えることは考えないとしている。

 このようななかで有権者にとって最も急進的なメッセージになるのは、少なくとも経済的にはフランスはそれほどひどい状態ではない、と告げることかもしれない。確かに、経済成長はドイツに後れを取っている。中にいる労働者を保護して若者を罰する労働市場から、あまりに多くの人が締め出されてもいる。国の役割を小さくする必要もある。

 だが、フランスは大きな可能性を秘めている。人口動態はドイツよりもはるかに良好だ。労働者の生産性も相対的に高い。歴代政権が労働市場改革を避けてきたため、労働参加率の向上と労働時間の延長を目指す継続的な取り組みによって、トレンド成長率を押し上げることができる。そうなれば、極端な緊縮を伴わずに公的債務を安定させることが可能になるはずだ。

 エマニュエル・マクロン氏(前経済産業デジタル相)は経済的な楽観論を示す唯一の候補で、規制緩和と従来型の社会的保護の融合を唱えている。マクロン氏が経済閣僚として追求した政策は因習打破を感じさせたが、今や対立候補らの政策と比べておとなしく思える。問題は、マクロン氏がまだ政策を詳しく示していないことだ。速やかに、そうする必要がある。

 フランスの有権者は、自分たちを見捨てた現状から抜け出したがっている。破壊的な絶望感に傾かなければ、これは有益な感情だ。フランスは変革を必要としている。だが、自国が作り上げたシステムを焼き払う必要はない。

(2017年2月17日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

Financial Times

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フリン氏(右)の辞任で混乱を深めているトランプ政権=ロイター

ロイター

[FT]米政権、問われる対ロ関係

 トランプ米大統領はホワイトハウスで好きなように振る舞えると思っていた。だが、イスラム圏7カ国の市民らの入国を一時制限した大統領令については、シアトル連邦地裁が差し止め命令を出した。そして今度はフリン…続き (2/19)

マクロン前経済産業デジタル相は経済的な楽観論を示す唯一の候補だが、詳しい政策は示していない=AP

AP

[FT]仏大統領選の経済政策、革命でなく改革で競え(社説)

 欧州委員会の最新の経済見通しから判断すると、フランスの次期大統領はブリュッセルと衝突することになる。これまで何度もユーロ圏の財政ルールを守れなかったフランス政府は2018年まで、財政赤字を国内総生産…続き (2/17)

ノルウェー政府年金基金は石油大手スタトイルの収益などを投資に回している=ロイター

ロイター

[FT]ノルウェー年金基金、株式投資積み増しへ

 ノルウェー政府は、世界最大の政府系ファンド「ノルウェー政府年金基金」に、過去数十年で最大のルール変更を行う。政府が同基金から支出できる金額の上限を引き下げる一方、株式への投資額を約900億ドル積み増…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

2/20 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/20の予定>
  • 【国内】
  • 1月の貿易統計(財務省、8:50)
  • 1月の主要コンビニ売上高
  • 榊原経団連会長の会見(15:30)
  • 【海外】
  • 2016年10~12月期のタイ国内総生産(GDP)
  • ユーロ圏財務相会合
  • プレジデントデーの祝日で米国市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/21の予定>
  • 閣議
  • 1月の全国百貨店売上高
  • 1月の全国スーパー売上高
  • 1月の食品スーパー売上高
  • 豪中銀理事会の議事録公表(7日開催分、9:30)
  • 欧州連合(EU)財務相理事会
  • 2月の仏PMI速報値(17:00)
  • 2月の独PMI速報値(17:30)
  • 2月のユーロ圏PMI速報値(18:00)
  • 2月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、23:45)
  • 1月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(22日8:00)
  • 米2年物国債入札
  • 海外16年11月~17年1月期決算=ウォルマート・ストアーズ、ホーム・デポ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/22の予定>
  • 16年12月と16年の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 1月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 1月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 2月の独Ifo企業景況感指数(18:00)
  • 1月の米中古住宅販売件数(23日0:00)
  • 米5年物国債入札
  • ブラジル中央銀行が政策金利を発表
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月31日~2月1日開催分、23日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/23の予定>
  • 1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 16年12月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 木内日銀審議委員が山梨県金融経済懇談会で講演(10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 木内日銀審議委員が記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の会見(14:30)
  • 1月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 韓国中銀の金融通貨委員会
  • 米7年物国債入札
  • マザーズ上場=ユナイテッド&コレクティブ、レノバ
  • 札証アンビシャス上場=フュージョン
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/24の予定>
  • 閣議
  • プレミアムフライデー開始
  • 1月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 2月の米消費者態度指数確報値(ミシガン大調べ)
  • 1月の米新築住宅販売件数(25日0:00)
  • インド市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]