VentureBeat

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

世界中で本格化 先進スマートシティー競争

2017/2/17 6:30
保存
印刷
その他

VentureBeat

 センシング技術のインフラ整備が進んでいる「世界で最もスマートな都市」は、シンガポール、ニューヨーク、バルセロナ、オスロ、ロンドン、そしてサンフランシスコであることが、近接ソリューションを提供するユナキャストがまとめた最新のリポートで明らかになった。

■都市では必須の技術

スマートシティー関連技術は2023年までに275億ドルの市場に成長すると期待されている(C)ユナキャスト
画像の拡大

スマートシティー関連技術は2023年までに275億ドルの市場に成長すると期待されている(C)ユナキャスト

 2016年第4四半期の近接ディレクトリ・リポート(旧名称はプロックスブック)では、駐車場に車が止まっているかなどを検知する「近接センサー」が設置されている都市を挙げている。五十数カ国の370社を超える近接ソリューションプロバイダーからデータを集めた。

 ユナキャストを共同創業したトーマス・ワリィー最高経営責任者(CEO)は声明で「16年第4四半期の近接ディレクトリ・リポートは、世界の都市でスマート技術プロジェクトが年換算ベースで大きく増えるという予測で締めくくった」と述べた上で「スマートシティーの発展はまだ初期の段階だ。17年には大規模なプロジェクトの発表が相次ぐだろう」との見方を示した。

 16年のスマートシティー技術の市場規模は121億ドルとなり、14年の88億ドルから33億ドル拡大した。50年までには世界人口の66%が都市部に住む見通しだ。現在、米人口の82.3%が都市部に在住している。

 ワリィー氏はさらに「世界の都市は都市化の進展で過密状態になりつつあるため、各国政府はスマートシティー構想を準備しなくてはならない。市民の安全確保や、交通の流れの最適化、よりよい観光体験の創出、データ収益化のチャンスといった人口増加に伴うモビリティーの課題克服に近接テクノロジーを活用すれば、こうした構想に役立つ」と指摘した。

■道路や街角などのインフラで利用進む

 各都市のスマート化テクノロジー活用状況は以下の通りだ。

 リポートによると、シンガポールでは交通渋滞や人の密度を分析するため、街中に大量のセンサーやカメラを設置している。これにより政府や当局はラッシュ時にバスの運行区間を変更したり、渋滞を回避したりできる。新しいビルが風のパターンや通信信号にどんな影響を及ぼすかも予測可能だ。

 バルセロナでは、省エネのために無線通信を搭載した発光ダイオード(LED)街灯を設置している。予想降雨量や気温に応じてかんがい設備を調整するために、接地センサー網も整備している。センサーを使って市のスプリンクラーシステムや噴水を調整し、節水量を25%増加。年間55万5000ドルを節約した。

 ニューヨーク市は市内全域での高速ブロードバンドサービスの提供に乗り出しており、25年までに完備される予定。当局はエリア内の大気の質や交通状況、エネルギー消費に関するデータを監視できるようになる。

 ロンドンは渋滞対策と駐車をシンプルにするためにテクノロジーを活用している。政府当局はデータをスタートアップ企業やプロジェクトに開放し、プロダクトの開発に生かしてもらう構えだ。

 サンフランシスコは駐車場の占有率をモニターし、占有率に応じて駐車料金を調整するダイナミックな駐車システムにこのデータを活用できるスマート駐車システムを実施している。

 センサーは世界中で増えつつあり、今では合計1307万4000個に上る。そのうちビーコン(近距離無線通信が可能な発信器)は803万9500個、近距離無線通信(NFC)センサーは211万3000個、Wi-Fiアクセスポイントは292万個となっている。

By Dean Takahashi

(最新テクノロジーを扱う米国のオンラインメディア「ベンチャービート」から転載)


人気記事をまとめてチェック

「テクノロジー」の週刊メールマガジン無料配信中
「テクノロジー」のツイッターアカウントを開設しました。

VentureBeatをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ


【PR】

VentureBeat 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「世界で最もスマートな都市」の一つ、シンガポールの金融街

世界中で本格化 先進スマートシティー競争

 センシング技術のインフラ整備が進んでいる「世界で最もスマートな都市」は、シンガポール、ニューヨーク、バルセロナ、オスロ、ロンドン、そしてサンフランシスコであることが、近接ソリューションを提供するユナ…続き (2/17)

ゲーム「アングリーバード」を禁止している企業は多い(C)Shutterstock

Shutterstock

社用スマホアプリ ブラックリスト1位はAngry Birds

 企業のIT(情報技術)担当者は絶えず変化する脅威から貴重なデータを守る損な役目を引き受けている。攻撃が向かうベクトルの一つは、社員が仕事にも遊びにも使うスマートフォン(スマホ)とタブレット端末だ。

…続き (2/16)

テスラのロゴ(C)Shutterstock / betto rodrigues

Shutterstock / betto rodrigues

Tに見えるテスラのロゴにマスク氏が込めた意味

 自動車メーカーのロゴは車と同じくらい、またはそれ以上になじみが持てるし、おそらくそうあるべきだ。したがって、ロゴのデザインはとても重要だ。

 米電気自動車(EV)メーカー、テスラのロゴはもちろんありき…続き (2/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月23日付

2017年2月23日付

・中古車競売用システム、東南アで販売
・あっさり食べやすい中鎖脂肪酸 日清オイリオ
・東電出資の米VB、日本でエネ効率化事業に参入 AIでデータ解析
・市光工業、インドネシア工場を自動化 生産能力1割増
・物の動き「LINE」で共有 日通総研…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト