ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

変えないフルモデルチェンジ、CX-5売れてる理由

2017/2/20 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 マツダは主力の多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」を全面改良し2日に発売した。CX―5は今や総販売台数の4分の1を占めるマツダの代表車。新モデルの基本構造は先代と変えず、見た目には大きな変更はない。「全面」というには一見地味な改良に思えるが、電子制御や空力性能など、目に見えない部分は大幅に見直した。目新しさに走らず、じっくり性能を磨くことで一段のブランド浸透を狙う。

■「変えるために変える」をや

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料!お申し込みはこちら

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

射出成型機などを用意し、樹脂製エンジンの作り方や性能を欧州車メーカーに提案する

合金より3割軽いエンジン樹脂部品 住友ベークライト [有料会員限定]

 住友ベークライトがこれまで不可能とされた自動車の軽量化に挑んでいる。金属が中心だったエンジンなどの基幹部品を樹脂に置き換える取り組みだ。自動車メーカーへの提案を今年から本格化し、4月には欧州で初とな…続き (3/27)

「ゴーン氏の宿題」 三菱自、IoTと現場改善で挑む [有料会員限定]

 三菱自動車が工場の生産改革を加速している。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術を使い生産ラインの不具合を迅速に現場に伝えるシステムを導入。現場発の改善活動にも力を注ぐ。日産自動車の出資を受け…続き (3/20)

1月にはカーフェリーの命名式・進水式が行われた

3D映像も駆使 三菱重工、造船業改革の現場 [有料会員限定]

 三菱重工業が下関造船所(山口県下関市)で生産改革に力を注いでいる。3次元(3D)CAD(コンピューターによる設計)を導入し、設計を効率化。カーフェリーや海洋研究船など特殊な船の建造を担当する同造船所…続き (3/13)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月30日付

2017年3月30日付

・商品を自動提案 人が協業 トランスコスモス
・紙おむつ再生 自治体救うか ユニ・チャーム
・エフティグループ 電力小売り「取次店」拡大狙う
・日立プラントメカニクス センサー無しで天井クレーン制振
・ポピンズ 直営で学童保育展開…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト