アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]インドの大気汚染は中国以上に深刻

(2/2ページ)
2017/2/15 15:31
共有
保存
印刷
その他

■裁判所が花火を禁止

 インドで最も汚染が深刻なのは、首都で国内最大の都市ニューデリーであることがしばしばだ。気象条件や急速に普及する自動車、そして近くにある重工業施設と汚染の条件がそろっているからだ。ニューデリーにある科学環境センターが調査したところ、市内のバダルプール石炭火力発電所が国内で最もひどい汚染源の一つだった。

 16年10月には、ヒンドゥー教の大祭「ディワリ」の後、ニューデリーに数日間煙が立ちこめて大気汚染が急激に悪化。ついに裁判所が花火を禁止する事態になった。

 WHOの統計によると、ニューデリーの11年~15年の汚染濃度は、世界のどの巨大都市をも上回って最悪となり、その水準は北京の倍以上だった。

 専門家は、北京では大気汚染が公衆衛生上の緊急事態として扱われていることが汚染改善の一因だと指摘する。PM2.5の量が少なくとも3日間高止まりすると予想されれば、政府は車の通行を規制し、学校や工場を一部閉鎖できる。

 ニューデリーの汚染対策は北京よりも徹底していない。デリー首都圏(州に相当)のアルビンド・ケジリワル州首相は16年11月、学校を3日間閉校し、建設・解体作業を5日間見合わせ、バダルプール火力発電所の操業を10日間停止するよう命じた。しかし、16年1月に実施した車のナンバープレートが奇数か偶数かによって通行できる日を規制するという策はとっていない。その後の調査では、この「奇数・偶数政策」がPM2.5濃度の上昇抑制につながったことがわかっている。

By Kiran Stacey(2017年2月15日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

大気汚染PM2.5

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パキスタンで燃やされるインド国旗。印パの建国の父たちは宗派対立は望んでいなかった=AP

AP

[FT]印パ分離独立70年、現代にも通じる教訓(社説) [有料会員限定]

 今週、インドとパキスタンでは祝賀と哀悼が絡み合っている。両国は大英帝国植民地からの独立と目覚ましい経済発展を祝う一方、ヒンズー教徒が多数を占めるインドとイスラム教徒が圧倒的に多いパキスタンに分割され…続き (8/17)

香港上場の国有企業30社超が、会社の中核に共産党を据える文章を定款に加えたことで、海外投資家の間で懸念が広がっている=ロイター

ロイター

[FT]中国の主要企業30社超の定款「党が方向性管理」 [有料会員限定]

 中国共産党が国内最大級の多くの企業の定款に党の存在を書き込んだことで、中国政府が市場に対する統制を緩めるとの投資家の期待に打撃を与えている。
 株式時価総額が合計で1兆ドルを超える香港上場の国有企業3…続き (8/16)

米朝で扇情的な言葉の応酬が続いている。トランプ米大統領(右)は今以上の脅威を北朝鮮がもたらす場合「世界が見たこともない炎と怒り」で応えると話した。一方北朝鮮当局は米領グアム島の攻撃を検討していると述べた。左は北朝鮮の金正恩委員長=AP

AP

[FT]米朝緊迫 トランプ氏、相反する助言で板挟み [有料会員限定]

 最初はハンバーガーだった。今度は「世界が見たこともない炎と怒り」だ。
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長に対するトランプ米大統領の申し出は、わずか1年あまりで、ファストフードの夕食への招待から…続き (8/10)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]