アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]インドの大気汚染は中国以上に深刻

(1/2ページ)
2017/2/15 15:31
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 インドが大気汚染を原因とする死者の数で中国を追い抜こうとしている――。米健康影響研究所(HEI)が14日に公表した調査でわかった。大気汚染は環境関連の死因では世界最大の脅威となっている。

世界大都市を対象にした世界保健機関の大気汚染度調査では、ニューデリーが1位だった=ロイター

世界大都市を対象にした世界保健機関の大気汚染度調査では、ニューデリーが1位だった=ロイター

 同調査によると、中国およびインドは2015年、大気汚染が原因でそれぞれ約110万人が若くして死亡した。最多の中国と2位のインドの差はわずか1万8000人だった。大気汚染は死因では5番目に浮上した。

 インドでは料理の煮炊きに家庭で固形燃料を使う。石炭火力発電所や焼き畑、工場からの排煙、自動車の排ガスなどもあり、微小粒子状物質「PM2.5」の大気中濃度は世界最悪レベルだ。PM2.5とは、大気中に浮遊する直径2.5マイクロ(マイクロは100万分の1)メートル以下の微粒子をいう。

 PM2.5の濃度が高い中国では、大気汚染による死者数が何年も他国を上回ってきた。

 しかし、この10年では大気汚染関連死が若干減少している。一方、インドでは増加した。HEIの調査によると、05年は約90万人だったが、15年には110万人をわずかに下回るまでに増えた。

 全世界で見ると、大気汚染が原因の15年の死者数は420万人で、10年前と比べ7.5%増えた。汚染された空気は、死因では今や高コレステロールと肩を並べ、塩分の過剰摂取や肥満をも上回ったことが調査で明らかになった。

 HEIのロバート・オキーフ副所長は「世界保健機関(WHO)や世界銀行、国際エネルギー機関(IEA)などでは、大気汚染が世界的に公衆衛生上の大きな課題となっていると認識されている」と言う。「成長著しいアジア諸国ほどその危険が顕著なところはない」

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

大気汚染PM2.5

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国・習近平政権はマルクス・レーニン主義教育復活を優先課題としている(2月、入試を前に気勢をあげる河北省の受験生)=ロイター

ロイター

[FT]中国政府、大学で「西側の価値観」統制強化

 中国が教育機関への圧力を強めている。習近平国家主席の思想統制を伴う反腐敗運動が知識階級に照準を合わせるなか、欧米の一流校との共同プログラムを運営する多くの大学も圧力を受けている。
大学構内に足止め
 …続き (4/25)

米ユナイテッド航空機の乗客が機内から引きずり降ろされた出来事も、同社の株価には大きな影響は与えていない(シカゴのオヘア国際空港に着陸したユナイテッド航空機)=ロイター

ロイター

[FT]すぐに忘れ去られる企業の悪評(社説)

 米ユナイテッド航空のついてない日が、いまや顧客サービスや広報の面で同社の語り草の一部になっている。悪い意味で。およそ10日前、オーバーブッキング(過剰予約)の便に乗っていた乗客が座席を諦めるよう言わ…続き (4/20)

習近平・中国国家主席の反腐敗運動は金融界にまで及んできた(国際刑事警察機構が国際逮捕手配書を発行した大富豪、郭文貴氏が開発を手掛けた北京の「盤古大観」)=ロイター

ロイター

[FT]国際刑事警察機構、中国人大富豪を国際手配

 中国の金融界の腐敗をめぐる政争が表面化するなか、中国外務省は19日、国際刑事警察機構(ICPO)が米国に逃亡中の中国人大富豪に対する国際逮捕手配書(赤手配書)を発行したと述べた。
 中国有数の証券会社…続き (4/20)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]