アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]トランプ政権のアジア政策、従来型に回帰か(社説)

2017/2/14 14:39
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 トランプ米政権のアジア政策に対する初動には気をもまされた。トランプ新大統領はすぐさま環太平洋経済連携協定(TPP)からの脱退を表明。台湾や南シナ海を巡っては、中国との対決姿勢をあらわにしたかのように見えた。さらに、かねて日本や韓国との同盟関係について懐疑的だったことは、よく知られている。

 だが、トランプ氏の過去数週間の日本や中国に対する姿勢は、米国の従来の形に戻り始めたようだ。東アジアが世界の経済や戦略的な安定にとって極めて重要であることを考慮すると、この動きは重要であり、安心させられる。

 最も重要な動きが2つあった。成功裏に終えた中国の習近平国家主席との電話会談と、ゴルフやディナーで長時間を共にする厚遇で迎えた安倍首相との会談だ。

 中国に関しては、1970年代の米中国交正常化以来、米国の台湾政策の根幹を成す「一つの中国」政策を疑問視し中国を刺激するような態度を封印してみせた。このトランプ政権側の譲歩は少々控えめだが、米中関係が危機に陥る危険を回避するものだ。

 トランプ政権は、中国による南シナ海での挑発的な人工島建設に対し、より穏健な姿勢に転じているようだ。ティラーソン米国務長官は以前、こうした人工島の海上封鎖を検討する可能性を示唆していた。これについてはトランプ政権も明言したが、米中の軍事衝突への懸念を和らげる形となった。

 日本は、安倍首相が素早く巧みに動き、米国に不可欠の同盟国という地位を確立した。米国のTPP脱退は安倍氏には痛い一撃だったが、米国との特別な関係を続ける以外に選択肢がないことも同氏は分かっている。

 安倍氏はトランプ氏から有意義な公約を何一つ引き出すことはできなかったものの、同氏と紛れもない親密な関係を築くことに成功した。トランプ氏が本来は保護主義の孤立主義者であることを考えると、これは一つの成果だ。

■北朝鮮ミサイル発射、トランプ氏の反応は安心材料

 日米同盟の絆の強さが特に鮮明に表れたのは、週末に北朝鮮が再び弾道ミサイルの発射実験を行った知らせを受けた時だった。

 大統領選挙戦中にトランプ氏は、北朝鮮の核の脅威に対し、より厳格で徹底的な措置を取ると示唆していた。大統領に就任した今、同氏の対応はより慎重で従来的なものとなっている。アジアの同盟国への支持を繰り返し述べ、北朝鮮に対しては国連決議に従うよう促すというものだ。長い目で見れば、トランプ政権は北朝鮮に対し、経済面や、さらには軍事面でもより強硬な行動に出ることを考える必要が出てくるかもしれない。とはいえ、就任後初めて北朝鮮が行ったミサイル発射実験に対する同氏の反応が控えめだったことは、安心材料だ。

 最近のアジアに対するトランプ政権の動きは賢明だ。だが、もっと重要な試練が今後訪れるだろう。ホワイトハウスから聞こえてくる発言の多くが、依然として中国や、さらに日本とさえも貿易戦争を辞さないことを示す有害なものだ。トランプ氏が直面するアジアの問題は複雑であることから、同氏の激しい気性も懸念材料として残る。それでも、トランプ時代の米国の対アジア戦略に希望を抱くのは根拠がある。同戦略は成功を収めてきた基本原則に忠実であり、米国の政策を何十年も支えてきたからだ。

(2017年2月14日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

検閲強化で苦悩するフェイスブック=ロイター

ロイター

[FT]アジア諸国の検閲でソーシャルメディア苦悩 [有料会員限定]

 大手ソーシャルメディア企業が東南アジアで苦境に追い込まれている。タイの新国王やベトナムの共産党政権、インドネシアでの宗教間の緊張の高まりにより、ソーシャルメディアのコンテンツに対する締め付けが加速し…続き (5/26)

インドは送電事業から中国を締め出そうとしている(インド・グジャラート州にある火力発電所の送電線)=ロイター

ロイター

[FT]インド、電力部門から中国企業締め出しへ [有料会員限定]

 インドが自国の電力部門に対する中国企業の投資を封じる動きに出た。外資を引き付けたい願望と、南アジアでの中国の動きに対する疑念との相克を物語る。
 インドのゴヤル電力相は今週、インド企業に自国の電力部門…続き (5/25)

タイヤを使って体操をする南京の子供たち=ロイター

ロイター

人口世界一はインド? 中国が「過大見積り」か
(FT)
[有料会員限定]

 中国人の人口統計学者、易富賢氏の研究によると、インドが中国を抜き、世界最多の人口を抱える国になっている可能性がある。
 米ウィスコンシン大学マディソン校の科学者である易氏は、中国の当局者が1990年~…続き (5/24)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]