Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]復活を遂げる本 ベゾス氏も紙が好きだから

(1/2ページ)
2017/2/10 6:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 今から10年前、米アマゾン・ドット・コムの創業者ジェフ・ベゾス氏はニューヨークで電子書籍端末「キンドル」を発表した。その際「本はあまりに高度に発達し、読書の目的に適しているため、本に取って代わるのは非常に難しい」と言い切った。同氏は正しかった。キンドルが引き起こした破壊的なデジタル革命にもかかわらず、アマゾンは今春、マンハッタンに書店をオープンする。

 本が復興する兆しは至る所に見える。英国の書店チェーン大手、ウォーターストーンズは6年間赤字に苦しんだが、昨年、黒字転換した。米国では、書籍(注:この記事では単に書籍とした場合、紙の書籍を指す)の販売部数が3%増加する一方、電子書籍の販売が減少した。デジタル技術は出版界で、音楽やテレビ、ニュースと同じような革命を解き放つには至っていない。我々はまだ紙の本を読むのが好きなのだ。

 伝統的な価値観は、冷たくハードな技術に勝る――そんなホッとする話として、本の持つ息長い人気は広く称賛されている。だが、これは物語の全体像ではない。この話は、アマゾンの成長物語としても読むことができる。値段を下げれば人はもっと買い、値段を上げれば買うのを減らすのだ。

■電子書籍の方が高くなった

 顧客は書籍の感触を楽しんでいる。米国人は平均して年間12冊の本を読む。その大半は物理的な書籍だ。一方、顧客は低価格も好きで、電子書籍が比較的高価なことが気に入らない。ジョン・グリシャムの新作ベストセラー「ザ・ウィッスラー(告発者)」をみるといい。同書は今週アマゾンで、ハードカバー版が14.47ドル、キンドル版が14.99ドルで売られていた。

 新たな現実がそこにある。英ペンギン・ランダムハウスや米ハーパー・コリンズといった大手出版社の電子書籍は、ペーパーバック(日本の文庫本に相当)のみならず、ハードカバーよりも値段が高いことが多い。ベストセラーを9.99ドルに値引きし、電子書籍を紙の本より安くしてキンドルを大量に行き渡らせようとベゾス氏が10年前に取り組んだことは、次第に立ち消えていった。今では状況が逆転し、アマゾンは書籍を優遇している。

 言い換えれば、私たちが見てきたのは、アマゾンのデジタル覇権に対して愛書家が起こす革命ではなく、ベゾス氏の戦術変更である。あるアナリストによると、アマゾンは2016年米国で、2015年より3500万冊多く書籍を販売し、旧来のライバル、バーンズ・アンド・ノーブル(B&N)からいよいよ大きな市場シェアを奪った。米国の独立系書店で紙の本の販売が200万部増加したことは、ほんの余興だった。この10年、アマゾンと大手出版社の容赦ない戦いを目の当たりにしてきた人たちにとっては、不可解だ。

 これまでベゾス氏が業界を革新しようとする一方、出版社は同氏を阻止しようとしてきた。米アップルと大手出版社が共謀して電子書籍の価格をつり上げたことをめぐる2012年の反トラスト法(独占禁止法)訴訟では、ベゾス氏は米国政府さえも味方につけた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

26日、メイ英首相とのロンドンでの会談後、声明を発表する民主統一党のフォスター党首(中)=AP

AP

[FT]民主統一党の人質となったメイ英首相(社説) [有料会員限定]

 メイ英首相は、少数政権の基盤を強化するために北アイルランドの保守系地域政党、民主統一党(DUP)と浅ましい取引をした。解散総選挙という賭けに出たあげく、下院で過半数を9議席割り込む羽目になった首相に…続き (6/27)

ATMにもカードレス化の波が押し寄せている(米ウェルズ・ファーゴ銀のATMコーナー)=AP

AP

[FT]欧米大手銀、カードレス社会対応のATM導入へ [有料会員限定]

 英金融大手バークレイズがロンドン北部の郊外に世界で初めてATMを設置してから50年。同行や米大手銀は今、先を争って時代遅れのATMのデジタル化に取り組んでいる。
 世界初のATMは1967年6月27日…続き (6/27)

トランプ大統領は自らのツイートで有権者の目をそらせてしまう(写真は23日、退役軍人に関する別の条例への署名に臨みスピーチするトランプ氏)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ劇場の陰で起こった小さなデジタル改革 [有料会員限定]

 このところワシントンから朗報があまり伝わってこない。だが1つ、貴重な情報があった。米退役軍人省が最近、統合された電子医療記録システムを導入する計画をまとめたと発表したのだ。
 この計画は、これまで分散…続き (6/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/26の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(15~16日開催分、8:50)
  • 5月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 5月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 4月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 株主総会=日立建機、千代建、富士通、丸井G、SOMPO、MS&AD、第一生命HD、東京海上
  • 3~5月期決算=高島屋
  • 【海外】
  • シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドの各市場が休場
  • 6月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米耐久財受注額(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/27の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1~3月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 株主総会=国際石開帝石、キッコマン、味の素、東レ、三井化学、三菱ケミHD、テルモ、TOTO、新日鉄住金、日新製鋼、日立金、日製鋼、住友鉱、オークマ、富士電機、京セラ、日産自、日野自、タカタ、スクリン、あおぞら銀、オリックス、水戸、商船三井、NTT、セコム
  • 東証マザーズ上場=Fringe81
  • 【海外】
  • 夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)
  • 1~5月の中国工業企業利益(10:30)
  • 4月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 6月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(28日0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が英国学士院での討議に参加(ロンドン、28日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(28日6:30)
  • マレーシア、インドネシア市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/28の予定>
  • 株主総会=石油資源、日清粉G、日ハム、日清食HD、旭化成、積水化、武田、フジHD、大戸屋HD、東電HD、JXTG、三菱マ、住友電、SMC、ジェイテクト、東芝、エプソン、パイオニア、三井造、川重、マツダ、オリンパス、シチズン、大和、T&D、中部電、関西電、Jパワー
  • 3~5月期決算=Jフロント、ニトリHD
  • インドネシア市場が休場
  • 5月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/29の予定>
  • 5月の自動車8社の生産・販売実績
  • 5月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 原田日銀審議委員が資本市場研究会で講演(都内、15:30)
  • 株主総会=大成建、大林組、清水建、鹿島、ハウス、日揮、明治HD、野村不HD、王子HD、大王製紙、日本製紙、信越化、宇部興、OLC、富士フイルム、出光興産、住友大阪、太平洋セメ、三井金、フジクラ、住友重、ダイキン、三菱電、GSユアサ、パナソニック、TDK、カシオ、ファナック、ローム、村田製、いすゞ、スズキ、ニコン、凸版、大日印、任天堂、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、SBI、岡三、東海東京、三井不、菱地所、日通、東ガス、大ガス
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 海外3~5月期決算=ナイキ
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(30日0時)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/30の予定>
  • 閣議
  • 5月の全国・6月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 5月の家計調査(総務省、8:30)
  • 5月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 5月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 5月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 5月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 5月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 北沢損保協会長が会見(14:00)
  • 6月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=SYSホールディングス
  • マザーズ上場=ツナグ・ソリューションズ、GameWith
  • 6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 6月の中国非製造業PMI(10:00)
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独失業率(16:55)
  • 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月の米個人所得(21:30)
  • 5月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 6月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]