Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]米入国制限、控訴裁が何を決めても最高裁行き

(1/2ページ)
2017/2/8 18:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 トランプ米大統領の就任からわずか数週間にして、新政権は近く、米最高裁判所に初めて足を運ぶことになるかもしれない。

 イスラム圏7カ国からの渡航者に対するトランプ氏の入国禁止令の執行を差し止める裁定が出て間もないうちに、トランプ政権の法廷闘争は今、連邦控訴裁判所(高裁)の判事らの前で繰り広げられている。

 判事らがどんな判決を下しても、この裁判は米国の最高裁判所で終わる公算が大きい。トランプ氏自身が7日、その可能性を認め、そうならないことを期待するが裁判は最高裁まで行くかもしれないと記者団に語った。

 「制度を通じて争っていく」。トランプ氏はこう語った。「この国にとって非常に重要なことだ」

 西部各州の連邦裁判所(地裁)からの上訴を審理する第9巡回連邦控訴裁の3人の判事団が7日、3日に下された差し止め命令を覆そうとするトランプ政権の取り組みについて審理した。

 差し止め命令では、ワシントン州の連邦地裁判事が、イラク、シリア、イラン、スーダン、リビア、ソマリア、イエメンからの渡航者の一時入国を禁じる大統領令の執行を停止していた。

 数時間内に、トランプ政権は第9巡回連邦控訴裁に差し止め命令を解除するよう申し立てた。控訴裁はワシントン州の判事の命令を即座に取り消すよう求める要請は拒んだが、できるだけ早く審理することに同意した。

■どちらもあきらめない戦い

 審理に当たる判事団は、カーター元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ前大統領が任命した判事を含む。ブッシュ氏はトランプ氏と同様に共和党だったが、判事の指名は必ずしも、党の公式見解に密接に沿ったものにはならない。リベラル寄りの第9巡回連邦控訴裁では、特にそうだ。

 この裁判が第9巡回連邦控訴裁の判決で終わる可能性はある。だが、問題となる利害が大きい――入国禁止令は、難民や市民の自由の擁護団体、各州の司法長官、そして100社以上のIT(情報技術)企業から法的な関心を集めており、その大半は大統領の政策に反対して介入した――ことから、法律の専門家らは、敗訴側が戦いをあきらめないとみている。

 一つの選択肢は、第9巡回連邦控訴裁に「大法廷」での再審理を求めることだ。つまり、判事の数を増やし、3人ではなく11人の判事が審理に当たる。

 だが、米司法省はその暫定的処置を避け、申し立てを最高裁へ直接持ち込む道を選ぶ可能性のほうが高いと、ロサンゼルスのロヨラ法科大学院のキャスリン・キム教授は言う。

 当事者はどちらも、スカリア判事が昨年死去した後、現職判事が8人となっている最高裁に緊急審理を申請することができる。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

テメル・ブラジル大統領に対する抗議行動を行うデモ隊(28日、リオデジャネイロ)=ロイター

ロイター

[FT]ブラジル改革にはクリーンな政治家が必要(社説) [有料会員限定]

 昨年、ブラジル議会が当時のルセフ大統領を弾劾すると、投資家はシナリオを描いた。ルセフ氏のポピュリズム(大衆迎合)政策がブラジル経済をむしばんだ。インフレ率も失業率も上がり、国家債務が膨らみ、通貨は暴…続き (5/29)

特許出願件数の地域別調査で、日本からは3地域がトップ10入りした

[FT]技術革新の集積地調査、東京・横浜が1位に [有料会員限定]

 日本は今なお技術革新の原動力となっている。特許出願を地域別に分析した結果、東京・横浜が世界で圧倒的に多くの技術革新を生み出している集積地であることが明らかとなった。
 この調査は、ジュネーブに本部を置…続き (5/29)

27日、G7サミットに出席したトランプ米大統領(イタリア南部タオルミナ)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏、米の中間層裏切る

 トランプ米政権が先週、予算教書を公表したのはトランプ大統領がバチカンに向かっていた時だ。トランプ氏がローマ法王に“懺悔(ざんげ)”するとしたら、まさにふさわしいタイミングだった。
 教書は米国の富裕層…続き (5/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<5/29の予定>
  • 【国内】
  • 5月のQUICK債券月次調査(11:00)
  • 【海外】
  • 中国本土(上海・深セン)や台湾市場が休場
  • ロンドン市場が休み
  • 米国はメモリアル・デーの祝日で全市場休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/30の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 自動車8社の生産・販売実績
  • 4月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 4月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 4月の家計調査(総務省、8:30)
  • 4月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • パナソニックの「IRデイ2017」(9:30)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の記者会見(17:00)
  • 【海外】
  • アジア最大級のIT(情報技術)見本市「台北国際電脳展」(コンピューテックス台北)が開幕(6月3日まで)
  • 5月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 4月の米個人所得(21:30)
  • 4月の米個人消費支出(PCE、21:30)
  • 3月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 5月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • 中国や香港、台湾の各市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<5/31の予定>
  • 4月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 4月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 4月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 4月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 稲野日証協会長の記者会見(14:30)
  • 経団連の定時総会
  • 榊原経団連会長の記者会見(16:30)
  • 5月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 5月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 5月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 1~3月期のインドの国内総生産(GDP)
  • 5月の独失業率(16:55)
  • 4月のユーロ圏失業率(18:00)
  • 5月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 米地区連銀経済報告(ベージュブック)
  • ブラジル中銀が政策金利を発表
  • 海外2~4月期決算=ヒューレット・パッカード・エンタープライズ(HPE)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/1の予定>
  • QUICKコンセンサスDI(5月末時点、8:30)
  • 1~3月期の法人企業統計(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 10年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 原田日銀審議委員が岐阜県金融経済懇談会であいさつ(10:30)
  • 5月の新車販売(自販連、14:00)
  • 5月の軽自動車販売(全軽協、14:00)
  • 4月期決算=伊藤園
  • インドネシア市場が休場
  • 4月の豪小売売上高(10:30)
  • 5月の財新中国製造業PMI(10:45)
  • 5月の米新車販売台数
  • 5月のADP全米雇用リポート(21:15)
  • 4月の米建設支出(23:00)
  • 5月のサプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(23:00)
  • 海外2~4月期決算=ブロードコム
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/2の予定>
  • 閣議
  • 5月のマネタリーベース(日銀、8:50)
  • 三村日商会頭の記者会見(11:00)
  • 5月の消費動向調査(内閣府、14:00)
  • 5月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
  • 5月のインドネシア消費者物価指数(CPI)
  • 5月の米雇用統計(21:30)
  • 4月の米貿易収支(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]