ニッポン改造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

(1/3ページ)
2017/4/11 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経コンストラクション

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的に動き出した。

淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋。写真中央付近のアーチ橋の手前が阪神なんば線の淀川橋梁(写真:大野雅人)
画像の拡大

淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋。写真中央付近のアーチ橋の手前が阪神なんば線の淀川橋梁(写真:大野雅人)

 琵琶湖から大阪湾へと注ぐ総延長75kmの一級河川「淀川」。その中流域や河口部では、水位よりも低い土地にオフィス街や宅地が広がり、高潮や洪水で浸水する危険性が高いエリアが多い。大阪市は、市域全体の9割が想定氾濫区域内に含まれている。河口部で淀川をまたぐ鉄道橋にも課題がある。阪神なんば線の淀川橋梁もその一つだ。

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)
画像の拡大

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

 淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋のなかで、最も低いのが阪神なんば線淀川橋梁だ。洪水や高潮などで水位が上昇した場合、橋が流れを阻害して、市街地に洪水をもたらす危険をはらんでいる。

淀川に架かる阪神なんば線淀川橋梁の位置(資料:国土交通省)
画像の拡大

淀川に架かる阪神なんば線淀川橋梁の位置(資料:国土交通省)

 こうした課題に対して国土交通省は、老朽化したせきや水門、橋梁などの構造物を改築する特定構造物改築事業として「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」を2000年度に採択。2009年に策定した淀川水系河川整備計画にも、洪水を安全に流下させる対策や高潮対策の一つとして淀川橋梁改築を盛り込んだ。

阪神なんば線淀川橋梁とその左岸にある伝法駅、右岸にある福駅(資料:国土交通省)
画像の拡大

阪神なんば線淀川橋梁とその左岸にある伝法駅、右岸にある福駅(資料:国土交通省)

 2017年1月11日、国土交通省と大阪府、大阪市、阪神電気鉄道は、阪神なんば線淀川橋梁改築事業の推進を目的とした協議会の初会合を開き、同会設立趣旨、同橋梁の現況、事業概要などを共有。地域の安全確保を早期に図る必要性を確認した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニッポン改造 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 送り出し架設する人道橋。鋼箱桁の先端に取り付けたカラフルな手延べ機が、日本橋川と首都高都心環状線の高架橋との間を通る。対岸に見える新しい護岸は、人道橋の架設に合わせて改修したもの。右奥は東京・大手町の再開発エリアで工事が進む32階建ての超高層ビル。2017年2月上旬に撮影(写真:大村 拓也)

首都高直下の交錯空間に橋通す「日本橋川人道橋工事」 [有料会員限定]

 東京・大手町の再開発事業に合わせて日本橋川に人道橋を架設する。首都高速道路の高架橋やトンネル、超高層ビルの建設現場などに上下左右を囲まれる中、限られた空間を駆使して工事を実施。約100mの桁を半年か…続き (5/23)

新習志野─海浜幕張間にある京葉車両センター。手前の高架橋が京葉線上り本線(写真:大野雅人)

事業費180億円 京葉線「幕張新駅」構想が始動

 JR京葉線の新習志野─海浜幕張間につくる新駅の構想が動き出した。駅舎はイオンモールがある海側に向いて建つイメージで、車両基地で分断された山側とを結ぶ自由通路の計画も同時に進める。計画予定図を見ると、…続き (5/3)

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的…続き (4/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • アップルは、ぼくらの手元から「AR革命」を起こすかもしれない―「ARKit」の知られざる可能性に迫る
  • スマートロックが解錠不能に、顧客500人に影響―アップデートの不具合が原因
  • 6本脚で這い回るクモ型ロボット「HEXA」を中国企業が開発

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト