ニッポン改造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

(1/3ページ)
2017/4/11 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経コンストラクション

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的に動き出した。

淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋。写真中央付近のアーチ橋の手前が阪神なんば線の淀川橋梁(写真:大野雅人)
画像の拡大

淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋。写真中央付近のアーチ橋の手前が阪神なんば線の淀川橋梁(写真:大野雅人)

 琵琶湖から大阪湾へと注ぐ総延長75kmの一級河川「淀川」。その中流域や河口部では、水位よりも低い土地にオフィス街や宅地が広がり、高潮や洪水で浸水する危険性が高いエリアが多い。大阪市は、市域全体の9割が想定氾濫区域内に含まれている。河口部で淀川をまたぐ鉄道橋にも課題がある。阪神なんば線の淀川橋梁もその一つだ。

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)
画像の拡大

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

 淀川河口部に架かる鉄道橋や道路橋のなかで、最も低いのが阪神なんば線淀川橋梁だ。洪水や高潮などで水位が上昇した場合、橋が流れを阻害して、市街地に洪水をもたらす危険をはらんでいる。

淀川に架かる阪神なんば線淀川橋梁の位置(資料:国土交通省)
画像の拡大

淀川に架かる阪神なんば線淀川橋梁の位置(資料:国土交通省)

 こうした課題に対して国土交通省は、老朽化したせきや水門、橋梁などの構造物を改築する特定構造物改築事業として「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」を2000年度に採択。2009年に策定した淀川水系河川整備計画にも、洪水を安全に流下させる対策や高潮対策の一つとして淀川橋梁改築を盛り込んだ。

阪神なんば線淀川橋梁とその左岸にある伝法駅、右岸にある福駅(資料:国土交通省)
画像の拡大

阪神なんば線淀川橋梁とその左岸にある伝法駅、右岸にある福駅(資料:国土交通省)

 2017年1月11日、国土交通省と大阪府、大阪市、阪神電気鉄道は、阪神なんば線淀川橋梁改築事業の推進を目的とした協議会の初会合を開き、同会設立趣旨、同橋梁の現況、事業概要などを共有。地域の安全確保を早期に図る必要性を確認した。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニッポン改造 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的…続き (4/11)

既存の高架線路を挟むかたちで相対式ホームが設置される、おおさか東線南区間の新駅「衣摺駅」(仮称)の建設箇所(写真:大野 雅人)

「おおさか東線」 ものづくりの街貫く新鉄道ルート

 大阪環状線の東側を南北に結ぶ新たな鉄道ルート「おおさか東線」。2019年春の開業を目指して工事が進む新大阪─放出間の北区間(11.1km)に加え、営業中の放出─久宝寺間の南区間(9.2km)でも新駅…続き (3/8)

日本橋室町3丁目地区再開発[マップB-3]。オフィス、商業、ホールなどからなる延べ面積約16万8000m2の大規模再開発。地下3階・地上26階で、5~25階にオフィス、3階にホール、地下1階~地上2階に商業施設、地上1階レベルには大規模な屋外広場を設ける(資料:三井不動産)

神田へ広がる再開発 「日本橋再生計画」第2ステージ

 日本橋エリアでは、「日本橋再生計画」の第2ステージが本格化の時期を迎える。三井不動産は、東急百貨店日本橋店の跡地に建設した「コレド日本橋」が開業した2004年…続き (2/28)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月1日付

2017年5月1日付

・脳信号でコンピューター操作 BMI、米で開発熱
・国際航業、太陽光発電を3Dモデルで異常検知 ドローンの画像解析
・鉄鋼大手3社 鉄冷え一方もなお残るリスク
・三菱倉庫、医薬物流で大阪に新拠点 高度な温度管理で収益力
・パフやA&S、「交換留職」ネットワーク…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト