ニッポン改造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

東京・八重洲 五輪後は日本有数の摩天楼に変貌
東京大改造マップ2017-2020(2)

(1/2ページ)
2017/2/16 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経アーキテクチュア

 東京駅周辺では、大手町の西側で「大手町1-1計画」「大手町2丁目地区再開発」「OH-1計画」の工事が着実に進んでいる。2016年4月には「大手町フィナンシャルシティ」(大手町1丁目第3地区再開発)が竣工。その宿泊施設棟には同7月、日本旅館「星のや東京」が開業し、話題を呼んだ。

日本旅館「星のや東京」の入る大手町フィナンシャルシティ宿泊施設棟。大手町連鎖型都市再生プロジェクトの第3事業「大手町1丁目第3地区再開発」として三菱地所が進め、16年4月に竣工した(写真:吉田誠)
画像の拡大

日本旅館「星のや東京」の入る大手町フィナンシャルシティ宿泊施設棟。大手町連鎖型都市再生プロジェクトの第3事業「大手町1丁目第3地区再開発」として三菱地所が進め、16年4月に竣工した(写真:吉田誠)

 そうした中、大規模再開発の波は東側の常盤橋へ、さらに日八京(日本橋・八重洲・京橋)方向に移動しつつある。

東京駅周辺における都市再生プロジェクト。東京駅周辺では国家戦略特別区域の特定事業として新たに4つを追加した11の都市再生プロジェクトを都市計画法などの特例対象とし、急ピッチの開発が進む(資料:2016年5月10日の第11回国家戦略特別区域会議[東京圏]における東京都提出資料を基に作成)
画像の拡大

東京駅周辺における都市再生プロジェクト。東京駅周辺では国家戦略特別区域の特定事業として新たに4つを追加した11の都市再生プロジェクトを都市計画法などの特例対象とし、急ピッチの開発が進む(資料:2016年5月10日の第11回国家戦略特別区域会議[東京圏]における東京都提出資料を基に作成)

大手町・八重洲・京橋エリアの「大改造マップ」(資料:日経アーキテクチュア、地図制作:ユニオンマップ)
画像の拡大

大手町・八重洲・京橋エリアの「大改造マップ」(資料:日経アーキテクチュア、地図制作:ユニオンマップ)

 国は16年5月、「事業の熟度が高まってきた」として、「東京都都市再生プロジェクト(東京圏国家戦略特別区域)」に6事業を追加。うち1件が東京駅前の八重洲エリア、3件が北側に連続する日本橋川に沿ったエリアにある。それぞれ都市計画法などの特例対象となり、都市計画決定や着工までの手続きの迅速化、金融・税制支援などの後押しが始まる。

 こうした動きは東京五輪後に本格化し、東京駅周辺の街並みは大きな変貌を遂げることになる。今後、金融やライフサイエンス分野のビジネス拠点、MICE(Meeting、Incentive、Convention、Eventの頭文字を取った言葉)拠点、バスターミナルなどの整備が急ピッチで進み、このエリアに改めて性格付けがなされる。

OH-1計画[マップA-1]。三井物産と三井不動産は、三井物産ビル、大手町一丁目三井ビルディング、大手町パルビルの跡地に2棟のオフィスビルを中心とした延べ面積約36万m2の大規模複合施設を建設する。高さ約160mのA棟はオフィス、店舗、ホール、高さ約200mのB棟はオフィス、ホテル、宴会場で構成し、B棟の主に高層階部分(3階、34~39階)に約190室を有する「フォーシーズンズホテル」が出店する。竣工は2020年2月末、開業は2020年春の予定(資料:三井物産、三井不動産)
画像の拡大

OH-1計画[マップA-1]。三井物産と三井不動産は、三井物産ビル、大手町一丁目三井ビルディング、大手町パルビルの跡地に2棟のオフィスビルを中心とした延べ面積約36万m2の大規模複合施設を建設する。高さ約160mのA棟はオフィス、店舗、ホール、高さ約200mのB棟はオフィス、ホテル、宴会場で構成し、B棟の主に高層階部分(3階、34~39階)に約190室を有する「フォーシーズンズホテル」が出店する。竣工は2020年2月末、開業は2020年春の予定(資料:三井物産、三井不動産)

 特に、大手町地区から日本橋兜町地区までの永代通り沿いでは、国の金融の中枢機能が集積し、「東京国際金融センター構想」を支える金融軸としての整備が主眼となる。

大手町パークビルディング(大手町1-1計画)[マップA-1]。三菱地所が、大手町1丁目のりそな・マルハビルと三菱東京UFJ銀行大手町ビルの跡地で建設を進める総延べ面積約26万m2のツインタワー。オフィスや店舗などが入居するA棟「大手門タワー・JXビルディング」は2015年11月に先行して竣工。建設中のB棟「大手町パークビルディング」は、地下5階・地上29階、延べ面積約15万1700m2。設計は三菱地所設計、施工は竹中工務店が担当し、17年1月の竣工を目指す。(資料:三菱地所設計)
画像の拡大

大手町パークビルディング(大手町1-1計画)[マップA-1]。三菱地所が、大手町1丁目のりそな・マルハビルと三菱東京UFJ銀行大手町ビルの跡地で建設を進める総延べ面積約26万m2のツインタワー。オフィスや店舗などが入居するA棟「大手門タワー・JXビルディング」は2015年11月に先行して竣工。建設中のB棟「大手町パークビルディング」は、地下5階・地上29階、延べ面積約15万1700m2。設計は三菱地所設計、施工は竹中工務店が担当し、17年1月の竣工を目指す。(資料:三菱地所設計)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

東京大改造マップ2017-2020

日経BPの関連記事

【PR】

ニッポン改造 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 送り出し架設する人道橋。鋼箱桁の先端に取り付けたカラフルな手延べ機が、日本橋川と首都高都心環状線の高架橋との間を通る。対岸に見える新しい護岸は、人道橋の架設に合わせて改修したもの。右奥は東京・大手町の再開発エリアで工事が進む32階建ての超高層ビル。2017年2月上旬に撮影(写真:大村 拓也)

首都高直下の交錯空間に橋通す「日本橋川人道橋工事」 [有料会員限定]

 東京・大手町の再開発事業に合わせて日本橋川に人道橋を架設する。首都高速道路の高架橋やトンネル、超高層ビルの建設現場などに上下左右を囲まれる中、限られた空間を駆使して工事を実施。約100mの桁を半年か…続き (5/23)

新習志野─海浜幕張間にある京葉車両センター。手前の高架橋が京葉線上り本線(写真:大野雅人)

事業費180億円 京葉線「幕張新駅」構想が始動

 JR京葉線の新習志野─海浜幕張間につくる新駅の構想が動き出した。駅舎はイオンモールがある海側に向いて建つイメージで、車両基地で分断された山側とを結ぶ自由通路の計画も同時に進める。計画予定図を見ると、…続き (5/3)

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的…続き (4/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月26日付

2017年6月26日付

・解像度4倍の液晶部材、エスケーエレクトロニクス 2工場、70億円投資
・出版社在庫 書店が照会 日販がシステム開発
・ホウレンソウ、不安緩和 酵素の働きを確認
・電力損失5割低減、新型SiCパワー半導体モジュール 富士電機が生産へ
・フクダ電子、睡眠時無呼吸症の検査で新装置 装着状態を一目で確認…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト