グリーンBiz

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

丸紅と三菱商事、欧州再生エネ事業で新たな一手

(1/2ページ)
2017/2/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大手商社が欧州で再生可能エネルギーの事業領域を広げている。再生エネは環境負荷が低い半面、風力や太陽光は天候に左右されるため出力が安定しない弱点がある。発電事業者は売電に際して約束した発電量を用意できないと、電力を安く買い取られるなどのペナルティーを負う。このギャップを埋める需給調整の事業に注目する。

■丸紅、中小の電力を買い集めて販売

 なだらかな丘陵地が広がるスコットランドの田園地帯。「畑に風車を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

グリーンBiz 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

香取プロセスセンター(千葉県香取市)では、収穫した野菜をその場で加工して総菜などの工場に出荷する

ローソンが「稼ぐ農業」 余さず使い環境と収益向上 [有料会員限定]

 ローソンが農業事業で、環境配慮と収益性の両立に取り組んでいる。土や農法にこだわりつつ、農産物の10%程度を占める規格外品を、自前の工場でサラダや総菜の原料に加工。加工時に出る端材もペットフードに使う…続き (4/25)

食品ロス削減が課題だ(写真は食品リサイクル業者)

廃棄食品問題の解決阻む 土地問題と鮮度信仰 [有料会員限定]

 売れ残りや食べ残しのため、まだ食べられるのに捨ててしまう食品を「食品ロス」と呼ぶ。日本では年間約630万トンで、世界の食糧援助量(途上国に援助される食品の量)の2倍に及ぶ。発電燃料として有効活用する…続き (4/18)

ジュン アシダでは、衣料品の生産で余った布などを活用

リサイクルよりアップサイクル 不用品活用に新発想 [有料会員限定]

 不用品に価値を加えて販売する「アップサイクル」が増えている。古着店運営のドンドンアップ(盛岡市)は店舗の内装を作る際に出る木材を家具にして、昨秋に売り出した。繊維メーカーの三星グループ(岐阜県羽島市…続き (4/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月26日付

2017年4月26日付

・サイバーエージェント 店内行動、個人向け広告に反映
・明大と東大、ブタ腎臓、別の個体で再生
・ロボ店員 ただいま研修中 日本ユニシス
・米GS系JRE、メガソーラーを積極買収 転売市場が活況
・異形鋼の生産能力3倍に 日本金属…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト