日経産業新聞セレクション

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新製品ランキング、1位は「バーミキュラ」炊飯器

2017/2/3 6:30
保存
印刷
その他

 日本経済新聞社がまとめた2016年第4四半期新製品ランキングでは、鋳物メーカーの愛知ドビー(名古屋市)が昨年12月に発売したホーロー鍋の炊飯器「バーミキュラ ライスポット」が総合1位になった。キーボードのないラベルライターや電子辞書、刃を折らないカッターなど既成概念を打ち破る製品が多くランクインした。

 大学教授、企業担当者、専門家ら20人以上でつくる「新製品評価委員会」が10~12月に発売されたり、話題になったりした製品・サービス39点を採点。30点満点でランキングした。

鍋で炊くご飯を再現した「バーミキュラ ライスポット」
画像の拡大

鍋で炊くご飯を再現した「バーミキュラ ライスポット」

 1位となった「バーミキュラ ライスポット」は鋳物にガラスを吹き付けた「鋳物ホーロー鍋」でご飯を炊ける家電。大手メーカーの炊飯器が軒並み「かまど炊き」を前面に出すなか、異業種参入企業として密閉性の高いホーロー鍋でご飯を炊くというアプローチが斬新で、実際に「スーパーのコメでも驚くほどおいしく炊けた」(IT・家電ライター)と高い評価を集めた。

 3位に入ったブラザー販売のラベルライター「ピータッチキューブPT―P300BT」はスマートフォン(スマホ)との連携によりキーボードをなくし、デザイン性を高めた。スマホ連携をうたう製品は多いが、「本当に意味ある連携がなされた商品といえる」(大学教授・商品経済学)との声が上がった。

 このほか4位のプラス「オランテ」は切れ味が低下した刃を折る必要をなくしたカッター。破片が飛ぶのが怖いという声に対応、「常識を覆す商品」(ビジネスコンサルタント)との評価を集めた。大きな話題を呼んだ仮想現実(VR)端末「プレイステーションVR」は5位にランクインした。

 1位の愛知ドビーの「バーミキュラ ライスポット」は鋳物ホーロー鍋とIH調理部を組み合わせた炊飯器。ご飯を炊くだけでなく、おかずの調理もできる多機能調理鍋でもある。2016年12月に発売した。税別で7万9800円と安くはないが、受注数は1万5000台を突破し、注文後の出荷まで数カ月待ちとなっている。

 バーミキュラの鍋は水を加えない無水調理などで人気があり、一時は注文から1年3カ月待ちを記録した。「その鍋が家電製品として登場、ごはん好きの心をくすぐる。おかずの無水調理が自動でできるのも魅力」とコミュニケーションプランナーは解説する。大学教授(流通サービス)はローストビーフなど「本格的な低温調理ができるのも良い」とした。

 使用感は「コメの一粒一粒がしっかりと輝いて見えた。鍋底の突起の工夫などが功を奏している」(流通コンサルタント)、「つやとみずみずしさを持ちながら、しっかりした食感で高級炊飯器にも勝るとも劣らない味」(家電製品総合アドバイザー)、「カレーやブリ大根なども素材の味を楽しめおいしかった」(大学教授・商品経済学)など高評価だ。

 機械メーカー役員は老舗鋳造企業の技術を生かした家電進出を評価、「まさにものづくり日本の技能を集結した品。構造もシンプルなので日本を代表するメード・イン・ジャパンの輸出商品に育つのでは」と分析する。流通コンサルタントは外観も「凛(りん)とした、これぞ高級品という雰囲気があり、海外の富裕層からの支持を得られそう」とみる。大学教授(マーケティング)は「炊飯器のような成熟分野でも新開発の余地があることを実証した」とした。

 一方「シンプルな構造ゆえに当初、水加減にやや戸惑ったことも。次世代機は鍋に水位線が欲しい」(IT・家電ライター)との注文もあった。

 見た目はシンプルな白い箱。3位の「ピータッチキューブPT―P300BT」(ブラザー販売)は近距離無線通信「ブルートゥース」でつないだスマートフォン(スマホ)を使って文字や柄を作るラベルライターだ。文字などの入力にスマホを使うため、キーボードがない。そのアイデアと、居間などにインテリアとしても置けるデザインが高く評価された。

 ラベルライターは進入学シーズンが商戦期だが、同商品は2016年10月下旬の発売直後から口コミやネットを通じて女性を中心に話題となり、一時は品薄状態になったという。

 入力用キーボード類がない点は「スマホで文字入力する文化ができているので問題ない」(ビジネスコンサルタント)とみる。家電製品総合アドバイザーは「スマホで操作するので移動中や休憩などの隙間時間を利用して、いつでもどこでもデザインが作れて効率的」と評価する。

 大学教授(商品経済学)は「従来の小さなキーボードに比べ圧倒的に使いやすい。出来上がりも画面で確認できる」とスマホとの連携を高く評価した。

 デザイン性では「本体は小型でかわいい」(大学教授・流通サービス)、「職場の机周りでも自宅の室内に置いても違和感がなく、まさに女性向けに考案されている」(同・商品学)などと好感された。

 機械メーカー役員も「常に使うかどうかはともかくとりあえず欲しくなる商品」という。

 実売価格は6000円弱。化粧品企画会社社長らからは「価格も手ごろ」と指摘された。

 切れ味低下やさび付着で用済みになった刃の先端部分を裂け目に沿って手で折る作業を不要にした、プラスのカッターが4位に入った。刃がさびにくく長持ちするので、交換は丸ごと取り換える時だけですみ安全だ。カッターの主力ユーザーである主婦が手を切ったり刃を飛ばしたりする心配がない。

 切る力を長期間保つのは、異例のステンレス素材の刃を使ったことによる。そこにフッ素をまぶし、性能劣化につながるさびを防ぐ。刃表面に凸凹を付けてざらつかせ粘着テープに使った場合のべたつきを抑えたことも切れ味を保つ役割を果たす。2016年10月の発売で、価格は486円。

 化粧品企画会社社長は「これまでは切れ味が落ちても、破片が顔に飛んでこないか怖くて折らずに使い続けていた」と話し、ビジネスコンサルタントも「使い慣れた人でも刃先を折るのは難しい」と製品化を歓迎する。「こんな商品を待っていた」(大学教授・流通サービス)と驚きをもって迎えられた。

 徹底して安全を重視した工夫に共感が集まった。大学教授(商品経済学)は「使わない時に誤って刃が出るのを防ぐチャイルドロック機能と合わせユーザーの長年の懸案を解消した」と評価する。商品研究所長は「刃全部を捨てる時も触れずにすむのがうれしい」という点に着目した。

 英語の文字をペン状の本体でなぞって素早く翻訳する、シャープの電子辞書が7位に入った。通常の電子辞書の場合、電源を入れるのに10秒、手で文字を打ち込んで翻訳するまで10秒それぞれかかる。この製品なら起動3秒、それから意味表示まで2秒程度ですむ。

 標準的な紙の英和辞典と同程度の語数を収録。従来の4分の1の重さで、上着ポケットに収納できる大きさなので携帯しやすい。ペンケースにも収まる。2016年12月に発売。和訳機能に絞ったこともあり、実売価格は1万1000円前後と大手メーカーによる電子辞書(3万円程度)に比べて安く設定した。日本語の意味を調べる「国語モデル」も用意した。

 大学教授(商品学)は「キーボード入力をなくして使い勝手が一気に向上した。小型軽量化で持ち運びやすいのも魅力」とみる。ITライターは「パソコンのキーボードをうまく使いこなせないITオンチにこそぴったり」と指摘し、「国語モデルは、ポケットサイズなので、読書のお供として気軽に使える」と提案した。

 化粧品企画会社社長は「大ぶりな紙の英和辞典や国語辞書の1.5倍程度の価格で購入でき、次に買うならこちらを選ぶ」という。家電製品総合アドバイザーは「短時間で用が済むので、読書や読解の集中力が途切れにくいのがいい」と感じた。

 9位の日産自動車のコンパクト車「ノート eパワー」は、ガソリンエンジンは発電に徹して、モーターで駆動するハイブリッド車(HV)だ。電気自動車(EV)感覚の走行感が特徴で、ほぼアクセルペダル操作だけでの運転も可能だ。大学教授(商品経済学)は「新しい形のHVで、様々な技術開発競争を促す点で評価できる」と新鮮味を買う。「充電の煩わしさがなく、EVの静かでスムーズな走りが味わえる」(AV評論家)と評価した。

 2016年11月の発売で、価格は177万2280~224万4240円。「ノート」ガソリン車に比べ高めだが、「燃費性能や乗り心地は他社の競合HVと大差なく今後は価格競争になる」(機械メーカー役員)とコンパクト車としての独自性は大きくないとの見方もある。

 燃費はガソリン1リットル当たり34.0~37.2キロメートルとクラス最高水準だが、自動車評論家は「ライバル車に比べ実用燃費は同等かやや劣る。一部モデルを除き操縦性もいま一歩」と手厳しい。一方で「加速感は同クラスでは突出してスムーズでパワフル」とEV感覚については高く評価した。

 芯が折れないシャープペンシルとして大ヒットしたゼブラ「デルガード」シリーズで、先端に付属した消しゴムを使いやすくしたモデルが10位にランクインした。筆記時に本体を逆さまにすると、てっぺん部分に隠れていた消しゴムがストンと落ちてむき出しで現れ、しっかり固定される。

 付属の消しゴムを覆っていたキャップを着脱する手間が省け、筆記に集中できる。キャップをなくす心配もない。消しゴムを単独で別途用意する必要が薄れ、多くの筆記具を持ち運ぶ人もペンケースがかさばらない。

 ゴム素材を見直して消去性能も高めた。ゴムの色は薄い灰色とし、使用時に汚れを目立たなくした。2016年11月発売で、価格は756円。

 大学教授(商品学)は「一分一秒を争う入試でこそありがたみが分かる」と意義づける。化粧品企画会社社長は「人気のデルガードに独創的なアイデアを上乗せした点が光る」と評価する。

 商品研究所長は「キャップをなくすと消しゴムが汚れて使いたくなくなる問題を一気に解消した夢のような商品」と賛辞を寄せた。AV評論家は「これほどストレスなく手軽に使える消しゴム内蔵タイプは初めて」と驚く。家電製品総合アドバイザーは「筆記性能の改良が進んできたシャープペンで、消す機能に抜本的なメスを入れた着眼点が光る」とした。

[日経産業新聞 2月3日付]


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。

日経産業新聞セレクションをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

【PR】

日経産業新聞セレクション 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホのサービスや品質について討論する(左から)ジャーナリストの石川温氏、BCN総研の道越一郎チーフエグゼクティブアナリスト、MM総研の横田英明取締役

ちょっと紹介 明日(20日)の紙面

■格安スマホ乱戦 乗り換えおすすめランキング
 日経産業新聞の明日(20日)の紙面を紹介。大手携帯3社の半分以下の料金で利用できる格安スマートフォン(スマホ)が話題となっています。参入する事業者が増え、…続き (2/19)

BATは加熱式たばこ「グロー」を国内外で展開する方針だ

英BAT、加熱式たばこ年内に全国展開

 英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)は、加熱式たばこ「グロー」を全国展開する。現在は世界でも仙台市だけで販売しているが、まず2017年中に全国展開する。国内の供給体制を整えた後に、海外でも…続き (2/17)

サウジアラビアは大きな変化に直面する(首都リヤド市内)

サウジアラムコのIPO、米投資銀が助言

 サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、2018年に計画している新規株式公開(IPO)のアドバイザーとして米投資銀行のモーリスを起用すると決めた。時価総額2兆ドル(220兆円)を超えるとされる…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

2/20 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/20の予定>
  • 【国内】
  • 1月の貿易統計(財務省、8:50)
  • 1月の主要コンビニ売上高
  • 榊原経団連会長の会見(15:30)
  • 【海外】
  • 2016年10~12月期のタイ国内総生産(GDP)
  • ユーロ圏財務相会合
  • プレジデントデーの祝日で米国市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/21の予定>
  • 閣議
  • 1月の全国百貨店売上高
  • 1月の全国スーパー売上高
  • 1月の食品スーパー売上高
  • 豪中銀理事会の議事録公表(7日開催分、9:30)
  • 欧州連合(EU)財務相理事会
  • 2月の仏PMI速報値(17:00)
  • 2月の独PMI速報値(17:30)
  • 2月のユーロ圏PMI速報値(18:00)
  • 2月の米製造業PMI速報値(IHSマークイット調べ、23:45)
  • 1月の北米地域の半導体製造装置BBレシオ(22日8:00)
  • 米2年物国債入札
  • 海外16年11月~17年1月期決算=ウォルマート・ストアーズ、ホーム・デポ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/22の予定>
  • 16年12月と16年の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 1月の中国主要70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 1月のマレーシア消費者物価指数(CPI)
  • 2月の独Ifo企業景況感指数(18:00)
  • 1月の米中古住宅販売件数(23日0:00)
  • 米5年物国債入札
  • ブラジル中央銀行が政策金利を発表
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月31日~2月1日開催分、23日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/23の予定>
  • 1月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 16年12月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 木内日銀審議委員が山梨県金融経済懇談会で講演(10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 木内日銀審議委員が記者会見(13:30)
  • 進藤鉄連会長の会見(14:30)
  • 1月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 韓国中銀の金融通貨委員会
  • 米7年物国債入札
  • マザーズ上場=ユナイテッド&コレクティブ、レノバ
  • 札証アンビシャス上場=フュージョン
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/24の予定>
  • 閣議
  • プレミアムフライデー開始
  • 1月のシンガポール鉱工業生産指数
  • 2月の米消費者態度指数確報値(ミシガン大調べ)
  • 1月の米新築住宅販売件数(25日0:00)
  • インド市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]