ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

生産支援ロボ、工程工夫し「誰でも造れる」実現 川重

2017/2/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 人の隣で作業ができる協調型ロボットとして川崎重工業が開発した「duAro(デュアロ)」。2本の腕を使い、人の作業を容易に置き換えられる「相棒」は、自動車部品組み立てから弁当の詰め込み作業まで何でもこなす。ただ、デュアロ自体の製造は人手。誰も造ったことのないロボットは誰もが造れるロボットであるべきだ――。こんな逆説的な命題に川重が取り組んだ。

■生産ラインの変更不要のロボ

 デュアロの表面は白く柔らか…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

行楽シーズンを控え、透明なレンズのサングラスが人気だ(東京・原宿のメガネ店)

UV遮る透明レンズ材料、成型レシピで売る 三井化学 [有料会員限定]

 透明でも紫外線(UV)を通さない――。こんな機能をうたうメガネが増えている。とりわけ人気なのが紫外線カットに加え、目に有害とされる波長420ナノ(ナノは10億分の1)メートルまでの可視光線も遮る製品…続き (4/24)

組み立てラインは車をヨコ向きにして流し、全長を従来の2分の1に抑えた

トヨタの新型マイクロバス生産、小さな工場の挑戦 [有料会員限定]

 トヨタ自動車が24年ぶりに全面改良したバス「コースター」。改良を機に生産拠点として選ばれたのが、グループ会社の岐阜車体工業(岐阜県各務原市)だ。工場の敷地面積はトヨタが愛知県に持つ完成車工場の8分の…続き (4/17)

若松工場で製造されるスポンジチタン(北九州市)

サウジ合弁とAI、2段構えでコスト減 東邦チタニウム [有料会員限定]

 航空機が倍増する2030年に向けて、需要の急増も指摘されているチタン。そのチタンの製造で、東邦チタニウムが初めての海外生産拠点の稼働をテコにした、生産改革に取り組んでいる。さびにくく、軽いという特徴…続き (4/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月25日付

2017年4月25日付

・ICタグ、高温下でも利用OKに 京セラ、アンテナ一体の保護部品
・富士フイルム、医療用画像システム事業強化、カテーテル治療容易に
・すべてのモノにAIを ルネサス、IoT機器への搭載技術
・バイオマスを「地産地消」、洸陽電機が循環型モデル提案
・米アディエント、炭素繊維使い自動車シート4割軽く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト