Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]「AIを理解せずに仕事できない」ナデラCEO

(1/2ページ)
2017/1/31 6:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 米マイクロソフトのサティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は昨年3月、めったにないPR上の大失敗に見舞われた。トラブルメーカーは、10代の少女から着想を得たボット「Tay(テイ)」。米ツイッターの利用者と対話するようプログラムされていた。

 ツイッター上で起動させてから数時間で、ほかのユーザーに繰り返すよう促されたテイは、人種差別や女性嫌い、ポルノがらみのツイートをおうむ返しに発信していたのだ。

 マイクロソフトは即座に「不快で人を傷つける、意図せぬテイのツイートについて深くおわびする」との声明を出すとともに、この好ましくないボットを停止した。

 テイの実験――およびテイが数日後に手違いで再登場し、自らの行動を「アルコール」のせいにしたものを含むでたらめなメッセージを大量発信した件――は、世間的には大惨事だった。だがナデラ氏は親身に対処し、運用が停止された翌朝、テイを生んだマイクロソフトのチーム(人工知能=AI=の研究者やソフトウエア技術者、即興コメディアンなどで構成)にメールを送った。

 「我々が対処した最初の方法は、実際にリスクを取った行為をチームが悔やまないように念押しすることだった」とナデラ氏は言う。

 数カ月後、同じチームが、やはりミレニアル世代の女性から着想を得たボット「Zo(ゾー)」を「フェイスブックメッセンジャー」とチャットアプリの「Kik(キック)」上で公開した。

 「もし過ちを犯したら、必ず(過ちから)学ぶようにしなければならない」とナデラ氏は言う。

 これが、49歳になるナデラCEOの経営スタイルを集約している。率直で、決断力があり、寛容なのだ。

■機械とともに働く未来を描く

 ナデラ氏が2014年にCEOに就いたとき、アナリストらは同氏のことを「安全な選択肢」と見ていた。昔ながらのエンジニアで、1992年からマイクロソフトに勤めている企業人だ。

 ナデラ氏はインド南部の都市ハイデラバード生まれで、両親は公務員とサンスクリット劇の教師。彼の勤勉さについては定評がある。社会人になってまだ間もないころには、シカゴ大学ブース・ビジネススクールでMBA(経営学修士)課程を修了するために、ワシントン州レッドモンドのマイクロソフト本社から飛行機で数時間かかるシカゴで週末を過ごした。

 マイクロソフトは数十年間、携帯音楽プレーヤー「Zune(ズーン)」やモバイル端末向けOS(基本ソフト)「ウィンドウズモバイル」などの失敗作を出し続けており、果たしてナデラ氏は同社で軌道修正できるほど大胆かどうかという疑念があった。だが、CEO就任から3年間で、マイクロソフト株の時価総額は2000億ドル近く跳ね上がり、4920億ドルを超えた。

 ナデラ氏は今、会社の未来に焦点を合わせており、その未来をAI――人間の能力を増強できる賢い機械の台頭――に賭けている。

 「要するに、機械とともに働く人間についてのことだ。だから、人が機械を理解し、その仕組みを理解できなければならないことを意味する」。ナデラ氏はドイツ・ミュンヘンで開かれた会議の合間に、こう説明した。「コンピューターの理解を必要としない職業は存在しない」

 CEOの勤務時間の20%以上を占めているもろもろの活動がAIのアシスタント機能によって自動化される可能性があると米マッキンゼー・アンド・カンパニーは試算した。2015年に出たそのリポートが話題に上ると含み笑いし、「私には本当にそれが必要だ」と言った。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イラスト James Ferguson/Financial Times

[FT]危険な国になった米国 窮地の政権、紛争頼る恐れ [有料会員限定]

 米国は「世界平和に対する脅威だ」という主張は、ロシアやイランが長年広めてきたプロパガンダ(宣伝工作)の核心だった。西側同盟諸国にとってはつらいことだが、今やこの主張がある程度の真実を含んでいると認め…続き (8/16)

香港上場の国有企業30社超が、会社の中核に共産党を据える文章を定款に加えたことで、海外投資家の間で懸念が広がっている=ロイター

ロイター

[FT]中国の主要企業30社超の定款「党が方向性管理」 [有料会員限定]

 中国共産党が国内最大級の多くの企業の定款に党の存在を書き込んだことで、中国政府が市場に対する統制を緩めるとの投資家の期待に打撃を与えている。
 株式時価総額が合計で1兆ドルを超える香港上場の国有企業3…続き (8/16)

全米各地で、米バージニア州の事件に関するトランプ米大統領の声明を非難する声が相次いでいる=ロイター

ロイター

[FT]米バージニア州事件で露見、主がいない米大統領府(社説) [有料会員限定]

 米バージニア州シャーロッツビルで12日、若い女性が車にひかれて死亡した。大勢の負傷者も出た。あらゆる証拠は車で群衆に突っ込んだ行為が意図的だったことを示しており、運転手は殺人容疑で逮捕された。犠牲者…続き (8/15)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/17 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、3:00)
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)(23:00)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]