AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「ミッションはAIの民主化」 グーグル研究者
グーグルに学ぶディープラーニング(下)

(1/2ページ)
2017/2/20 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経ビッグデータ

 今、テクノロジー業界では、空前のディープラーニングブームが起きている。しかし、米グーグルのクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者であるジア・リー氏は、「アルゴリズムが人間に勝っていると考えるのはまだ早い」と冷静に見る。「人間ならば、1枚の写真があるだけでも新しい物を認識する学習ができるが、ディープラーニングではそんなこともできない」と指摘する。

──画像認識はこの数年で急速に精度が高まり、応用範囲が広がっている。何が技術革新を牽引したのか。

グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リー氏。米スタンフォード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得後、ヤフー・ラボや、若者中心に人気の動画メッセージングサービスのスナップチャットで人工知能、機械学習、画像認識などの研究を行い、2016年にグーグルで機械学習グループの研究責任者に着任
画像の拡大

グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リー氏。米スタンフォード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得後、ヤフー・ラボや、若者中心に人気の動画メッセージングサービスのスナップチャットで人工知能、機械学習、画像認識などの研究を行い、2016年にグーグルで機械学習グループの研究責任者に着任

 コンピューターサイエンスにとって画像認識は、長年にわたって克服すべき課題だったが、この数年で大きな進歩を遂げてきた。それには、3つの要因があったと考えている。「ビッグデータ」「コンピューターの性能向上」「先進的なアルゴリズム」だ。

 インターネットの発達は、大量の画像データの入手を容易にしている。CPUを大量に用意したり、高速な演算が可能なGPU(グラフィック・プロセッシング・ユニット:画像処理半導体)を利用したりすることで、コンピューターの性能も向上した。その上で、先進的なアルゴリズムであるディープラーニングがこれらのファクターを統合して、画像認識を高精度に行えるようにしたのだ。ディープラーニングが、画像認識の精度向上の一番の牽引力になっている。

──実際にディープラーニングによって、人間を超える画像認識の精度が得られたという成果が発表されている。

 そうだ。最新のディープラーニングによる画像認識のアルゴリズムと、スタンフォード大学の博士課程の学生による、画像を認識して分類する比較実験では、アルゴリズムが人間に勝っているという結果が得られている。画像認識の研究が大きく進歩したことを意味していると思う。

 しかし、これをもって「画像認識ではアルゴリズムが人間に勝っている」と考えるのはまだ早い。先駆的な研究を続けてきたことで、画像認識の特定の分野では人間よりも高い精度が得られるようになったが、これは画像認識のごく一部でしかない。まだ解明していかなければならない問題は数多くあり、改善、発展の余地はたくさんある。

■アルゴリズムの研究はまだまだ途上

──画像認識のどのような部分が、アルゴリズムではまだ実現できていないのか。

 例えば、画像を総合的に理解することや、逆にイメージを分割して理解すること、さらにアクションやイベントを解明して理解するといったことだ。総合的に理解するというのは、イメージの中にさまざまな情報が含まれているときに、どういった物体が映っていて、それがどのようなイメージなのかを理解することだ。例えば、そのイメージのキャプション(説明文)を付けるという課題は、総合的で高次のイメージの理解が必要になる。

 一方で、イメージを分割して理解することも難しい課題だ。イメージの中のピクセルが、椅子なのか机なのか、人間の髪の毛なのかを認識して物体を同定し、その境界線がどこにあるのかを探すといったような課題だ。ビデオの中で物体の軌道や軌跡を認識する課題もある。

──まだ、ディープラーニングよりも人間が優れている分野もあるということか。

 もちろんだ。「イメージネット」(http://image-net.org/)という画像認識の1つのデータセットを使った研究では、画像分類で人間に勝っているという成果が得られたが、人間のほうがずっと優れている課題がたくさん存在している。研究者は、研究を続けなければならない。

 人間は、膨大な知識を使って、文脈(コンテキスト)を把握した上で画像を認識できる。ひと目で状況を判断する「百聞は一見にしかず」といった部分だ。コンピューターでも、知識を裏付けとして画像をコンテキストと結びつける研究は進められているし、イメージを記述できるようにはなってきているが、人間のような高度な認識はまだできていないのが現状だ。

 動画は、静止画よりも画像を理解するための追加的な情報を利用しやすい性質がある。時系列の連続した画像があり、オーディオのデータもある。人間はそれらを総合的に判断して理解するが、コンピューターではそれらから得られた信号を統合させて活用する研究がまだまだ必要なのだ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ソフトバンクのヒト型ロボット「ペッパー」に評価ソフトを搭載し面接に活用する

対話型AI、音声対応で普及拡大にスイッチ [有料会員限定]

 AI(人工知能)技術の進化に加え、AIを組み込んだ自動対話技術「チャットボット」を短期間で構築できる開発基盤が登場したことも追い風だ。

 LINEは2017年4月に、企業のコールセンター向けに特化した…続き (6/21)

人手不足解消の切り札、何でも答える「自動対話AI」 [有料会員限定]

 宅配便の再配達を減らしたり、外国語の問い合わせに的確に答えたりするのに役立つ新技術が、いま急速に普及している。チャット(会話)形式で機械が人の問いかけに答える自動対話技術「チャットボット」だ。自然言…続き (6/20)

アマゾンが社員向けに開設したコンビニ店舗(米シアトル)=ロイター

「レジない」スーパー アマゾン、自動運転技術で実現

 「Amazon Go」。米アマゾン・ドット・コムが2016年末に、“レジ不要”という常識外れのスーパーマーケットを社員限定のベータ版として開店した。コンピュータービジョン、センサーフュージョン、ディ…続き (6/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月28日付

2017年6月28日付

・ドローンとAIで獣害優しく防ぐ スカイロボット、動物の行動予測、超音波で退ける
・網膜の炎症に飲み薬 窪田製薬が再挑戦
・太陽光パネルのアンフィニ、福島に新工場 国産で住宅市場に照準
・日本信号、屋外でも高精度に障害物検知 小型3Dセンサー
・東大発VBのエルピクセル、基礎研究をAIで効率化 細胞画像を自動判定…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト