Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]英国の賃金格差、強制的是正は筋違い(社説)

2017/1/12 14:45
保存
印刷
その他

Financial Times

 英国の賃金格差は経済的、社会的、政治的に重大な問題だ。FTSE100指数を構成する英国企業100社の経営トップの報酬は2010年以降、約1.3倍に伸び、従業員の平均賃金の147倍に達している。

労働党のコービン党首。賃金格差について取り上げた=ロイター
画像の拡大

労働党のコービン党首。賃金格差について取り上げた=ロイター

 企業業績が同じペースで伸びていないことは言うまでもない。英財政研究所(IFS)によると、全体の実質賃金は金融危機前の水準にとどまったままだ。労働者のために賃金格差を縮めようとするのは、もっともなことであり、この発想はますます一般的になっている。

 そこで、野党・労働党のコービン党首がこの問題を取り上げた。ところが、コービン氏が最初に示した解決策はまったく筋違いだった。絶対的な報酬上限の設定を提案したのだ。コービン氏はトランプ次期米大統領に触発され、ポピュリズム(大衆迎合主義)に手を伸ばそうとしているのかもしれない。準備もなく唐突に複雑な政策を口に出すトランプ氏の癖に倣ったようだ。

 現代において所得上限政策を追求した例はキューバしかない。経済的に有害な考え方であることを示す強力かつ明白な証拠だ。さらに政治的にも有害であることがわかった。コービン氏が発表の7時間後に提案を取り下げたのだ。コービン氏は、透明性を高めることと、公共部門と事業契約する企業は報酬格差を20倍以内に抑えることを訴える主張に立ち戻った。

■シンプルな政策で早急に是正できない

 比率や他の基準による賃金水準の設定には、様々なリスクがつきまとう。例えば、英国が一流の人材を引き付けにくくなる。また、企業は現物給付や住宅手当、育児手当など別形態の報酬に目を付けることになるので、実施も難しい。さらに腐敗の増加や技能格差の拡大にもつながりかねない。

 選ばれたルールが一部の業界には合理的でも、他の業界には有害ということにもなりうる。企業家や会社オーナーがプレミアリーグのサッカー選手に比べて損をするようなことになりかねない。

 だが、賃金を深刻化する政治問題として捉える英国の政治家はコービン氏だけではない。かつて保守党のキャメロン前首相は、公共部門の賃金格差を20倍以内にする案を打ち出した。この提案は取り下げられ、代わって特例を除き首相の給与を上限とするルールに置き換えられた。

 メイ首相も「無責任な」報酬を抑え込む方針で、民間部門の企業に報酬格差の公表を義務付け、経営者報酬の決定に拘束力のある株主投票を導入する計画を打ち出した。だが、この提案はその後に骨抜きされ、報酬の一部分と特定の企業だけに適用される内容に変わった。

 比率を定める提案には必ず、さらなる議論の混乱をもたらしかねない問題点がつきまとう。例えば、ゴールドマン・サックスのようにほぼ全ての従業員の給与水準が高い会社は、英小売大手ジョン・ルイスのような給与水準の低い従業員が多い会社よりも得をする結果になる。

 シンプルな政策で早急に是正することはできない。本紙が論じてきたように、国民の懸念に対処する最も効果的な方法は、透明性の向上を通じて企業に行動を改めさせていくことだ。規制当局でなく株主による積極的な精査など、賃金に関する文化的な転換が求められる。英国企業が身を置く多様な環境の中でトップダウンの政策提言によって賃金格差を解消しようとすれば、意図せぬ結果に行き着く恐れが強い。

 純粋な政治的観点に立てば、英国の格差問題に対処することで得られる票がある。だが、賃金に的を絞りすぎると誤りを招く恐れがある。税と教育のほうが政府が役に立てる分野であり、政治家が無知をさらけ出す危険も少ない。

(2017年1月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ジャカルタのスーパーで販売されているユニリーバの歯磨き粉。同社は新興国での売上高が全体の半分以上を占める=ロイター

ロイター

[FT]買収拒んだユニリーバ、無策が最善(社説)

 何もするな──そこに座っていろ。古いジョークで禅の「公案」にもなりそうだが、おろそかにはできない。動かないことが得策の場合でも、絶えず行動を取るよう求める圧力にさらされる上場企業の取締役会には、特に…続き (2/27)

中国の製造業の賃金はギリシャやポルトガルの水準に迫る勢いで伸びている=ロイター

ロイター

[FT]中国製造業の賃金、過去10年で3倍に

 中国は、過去10年間ですさまじい成長を遂げ、製造業の賃金が3倍になった。平均賃金はブラジルやメキシコなどの国々を追い抜き、ギリシャやポルトガルに迫る勢いだ。
 英調査会社ユーロモニター・インターナショ…続き (2/27)

イラスト James Ferguson /Financial Times

[FT]崩れゆく民主的価値観 漂う独裁への誘惑

 ベルリンの壁崩壊後、「民主化の波」が起きた。政治的自由の伝統的な牙城である西欧と米国から、ポーランドや南アフリカ、インドネシアといった大きく異なる国々が相次ぎ民主化を遂げた。
 ところが、このプロセス…続き (2/26)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<2/27の予定>
  • 【国内】
  • 九恒自販連会長が記者会見(11:00)
  • 2月のQUICK債券月次調査(11:00)
  • 1月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 三村日商会頭が記者会見(13:30)
  • 清田日本取引所CEOが記者会見(15:30)
  • 1月の自動車各社の生産・販売実績
  • 【海外】
  • 1月の米耐久財受注額(22:30)
  • 1月の米仮契約住宅販売指数(28日0:00)
  • 台湾市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<2/28の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 1月の鉱工業生産速報(経産省、8:50)
  • 1月の商業動態速報(経産省、8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 1月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 小林経済同友会代表幹事の会見(13:00)
  • 1月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 1月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 2月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • 【海外】
  • 1月の米仮契約住宅販売指数(0:00)
  • 16年10~12月期のインドの国内総生産(GDP)
  • 2月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(19:00)
  • 16年10~12月期の米実質GDP改定値(22:30)
  • 16年12月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(23:00)
  • 2月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI、23:45)
  • 2月の米消費者信頼感指数(1日0:00)
  • トランプ米大統領が議会演説(1日11:00)
  • 台湾市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/1の予定>
  • QUICKコンセンサスDI(2月末時点、8:30)
  • 16年10~12月期の法人企業統計(財務省、8:50)
  • 16年10~12月期の豪GDP(9:30)
  • 2月の中国製造業PMI(10:00)
  • 2月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 佐藤日銀審議委員が金融経済懇談会であいさつ(徳島市、10:30)
  • 2月の財新中国製造業PMI(10:45)
  • 佐藤日銀審議委員が記者会見(徳島市、14:00)
  • 2月の新車販売(自販連、14:00)
  • 2月の軽自動車販売(全経協、14:00)
  • 2月のインドネシア消費者物価指数(CPI)
  • 韓国市場が休場
  • 2月の独失業率(17:55)
  • 1月のユーロ圏失業率(19:00)
  • 2月の独CPI速報値
  • 2月の米新車販売台数
  • 1月の米個人所得(22:30)
  • 1月の米個人消費支出(PCE)
  • 2月のISM製造業景況感指数
  • 1月の米建設支出(2日0:00)
  • カナダ中銀が政策金利を発表(2日0:00)
  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)(2日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/2の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 2月のマネタリーベース(日銀、8:50)
  • 1月の豪住宅着工許可件数(9:30)
  • 1月の豪貿易収支(9:30)
  • 3カ月物国債の入札(財務省、10:20)
  • 10年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 2月の財政資金対民間収支(財務省、15:00)
  • ファストリが2月の国内ユニクロ売上高を発表(15:00過ぎ)
  • マレーシア中央銀行が政策金利を発表
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/3の予定>
  • 閣議
  • 1月の全国・2月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 1月の家計調査(総務省、8:30)
  • 1月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 1月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 3月の当座預金増減要因見込み(日銀、8:50)
  • 2月の財新中国非製造業PMI(10:45)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が16年10~12月期の運用実績を公表
  • 1月のユーロ圏小売売上高(19:00)
  • 2月のISM非製造業景況感指数(4日0:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長があいさつ(4日2:00)
  • フィッシャーFRB副議長が講演(4日3:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]