アジア最新ニュースの掲載を始めました

ビジネスの流儀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

マラソン大会が育む、日本人社会の「郷土愛」
オリザベトナムCEO 中安昭人

(1/2ページ)
2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 2016年12月11日、ホーチミンの日本人コミュニティーにとって、画期的なイベントがあった。日本商工会(JBAH)が初めてマラソン大会を主催し、小雨の降るなか現地在住者ら1000人以上が参加したのだ。この催しは、海外の日本人コミュニティーの在り方を考えるよい事例になると思うので、紹介したい。

 マラソンイベント自体、ホーチミンでも特段珍しいものではない。16年は1月にホーチミン市マラソン、11月に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップアジアトップ

ビジネスの流儀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インドの都市部ではスマホをいじりながら歩く若者の姿が目立つ(デリー)

「10年前と同じ」インドの目に見えぬ変貌 [有料会員限定]

 「インドって相変わらずですね。このままでは今後10年も20年も変わらないんじゃないですか」。ひさびさに出張でインドを訪れた友人が、しみじみと語った。そういえば、10年前には何をしていただろうか。
 2…続き (1/19)

コースの途中に設けられた給水所では、ボランティアのスタッフがスポーツドリンクを無償で提供した(2016年12月11日、ホーチミンシティ)

マラソン大会が育む、日本人社会の「郷土愛」 [有料会員限定]

 2016年12月11日、ホーチミンの日本人コミュニティーにとって、画期的なイベントがあった。日本商工会(JBAH)が初めてマラソン大会を主催し、小雨の降るなか現地在住者ら1000人以上が参加したのだ…続き (1/12)

中国では、自国にいながら割安に海外品を買える越境Eコマースが人気を集めた(広東省深圳)

中国へ種まき数十年 日本企業、今こそ収穫を [有料会員限定]

 中国へは数十年かけて、日本企業がコストをかけて種をまいてきた。その歴史を簡単に振り返り、ここ数年大きく話題を振りまいている「越境Eコマース」の勘所に言及したい。
 私の中国初駐在は1989年。そのとき…続き (1/5)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]