アジア最新ニュースの掲載を始めました

ニュースこう読む(高坂哲郎)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国空母、過大評価も過小評価も禁物  編集委員 高坂哲郎

(1/2ページ)
2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 中国海軍初の空母「遼寧」が昨年末、東シナ海から初めて太平洋に進出し、その後、台湾東岸を経て南シナ海に入って艦載機の発着訓練などを実施した。その姿は、近年の中国の軍事的台頭を改めて世界に印象付けたが、現時点での同空母の実力を一言で語るとすれば「過大評価も過小評価も禁物」ということになりそうだ。

 実力を過大評価すべきでない第一の理由は、空母としての能力が未完であるということだ。遼寧には、重量のある艦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

ニュースこう読む(高坂哲郎) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北朝鮮が3月6日に実施した中距離弾道ミサイル4発の連射の様子=AP

緊迫する米朝 「縁起悪い展開」の議論を
 編集委員 高坂哲郎
[有料会員限定]

 北朝鮮が弾道ミサイルの発射を繰り返して命中精度の高さを誇示し、新たな核実験の兆しも見せ始めた。米トランプ政権は武力行使を選択肢の一つとする構えをとり、米朝は「衝突コース」に入ったようにも映る。日本で…続き (3/14)

中国軍の日本海への進出が相次ぐ(写真は1月に日本海上空に6機飛来したのと同型のH6爆撃機)=AP

AP

中国軍、日本海に触手 朝鮮半島情勢が圧力 [有料会員限定]

 中国軍の艦艇や航空機が日本海に進出する動きが相次いでいる。新型装備の開発などの動きを併せて考えると、中国軍が将来的に日本海を南シナ海以上に重要な海域として使い始める可能性があり、日本として見過ごせな…続き (2/23)

2016年12月24日、太平洋に向け航行中の中国海軍空母「遼寧」=共同

共同

中国空母、過大評価も過小評価も禁物
 編集委員 高坂哲郎
[有料会員限定]

 中国海軍初の空母「遼寧」が昨年末、東シナ海から初めて太平洋に進出し、その後、台湾東岸を経て南シナ海に入って艦載機の発着訓練などを実施した。その姿は、近年の中国の軍事的台頭を改めて世界に印象付けたが、…続き (1/12)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]