アジア最新ニュースの掲載を始めました

ニュースこう読む(高坂哲郎)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国空母、過大評価も過小評価も禁物  編集委員 高坂哲郎

(1/2ページ)
2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 中国海軍初の空母「遼寧」が昨年末、東シナ海から初めて太平洋に進出し、その後、台湾東岸を経て南シナ海に入って艦載機の発着訓練などを実施した。その姿は、近年の中国の軍事的台頭を改めて世界に印象付けたが、現時点での同空母の実力を一言で語るとすれば「過大評価も過小評価も禁物」ということになりそうだ。

 実力を過大評価すべきでない第一の理由は、空母としての能力が未完であるということだ。遼寧には、重量のある艦…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップアジアトップ

ニュースこう読む(高坂哲郎) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2016年12月24日、太平洋に向け航行中の中国海軍空母「遼寧」=共同

共同

中国空母、過大評価も過小評価も禁物
 編集委員 高坂哲郎
[有料会員限定]

 中国海軍初の空母「遼寧」が昨年末、東シナ海から初めて太平洋に進出し、その後、台湾東岸を経て南シナ海に入って艦載機の発着訓練などを実施した。その姿は、近年の中国の軍事的台頭を改めて世界に印象付けたが、…続き (1/12)

公約と政策の帳尻合わせに追われる(写真は9日、勝利宣言したドナルド・トランプ氏=AP)

AP

トランプ大統領は日本の安保再点検の好機 [有料会員限定]

 米国の次期大統領にトランプ氏が当選したことで、国際安全保障情勢は一気に先の見通しにくい状態に突入した。ただ、起きてしまったことは変えられない。大切なのは、新たな事態の中でいかに自らが不利にならず、で…続き (2016/11/11)

「関ケ原」化してきた国際軍事情勢 [有料会員限定]

 このところ国際軍事情勢の「2極化」が鮮明になってきた。米国を中心とする民主主義諸国陣営と、中国・ロシアの「強権体制連合」の両者が、世界各地でそれぞれの勢力圏を固めようと盛んに動く姿は、戦国時代、群雄…続き (2016/9/22)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]