エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

国際規格に初準拠 東京五輪「持続可能な調達コード」

(1/2ページ)
2017/2/8 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 2020年の東京五輪に向けた「持続可能性に配慮した調達コード」の案がついに発表された。2016年12月13日のことである。3年後に迫った東京五輪。そこでは建築物や食材、ライセンス製品のグッズ、清掃や通訳など様々な物品・サービスが使われる。五輪組織委員会が調達するこれらすべてに適用されるのが、今回のコードである。

 同時に農産物、畜産物、水産物の調達基準案も発表された。2016年5月に木材についての…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

豊田中央研究所は4.6%の変換効率を実現

CO2から有機物 「人工光合成」植物超えの高効率も [有料会員限定]

 植物による光合成をまねる「人工光合成」の技術開発が加速している。光合成は光のエネルギーを使って、水と二酸化炭素(CO2)から酸素と炭水化物を作る。炭水化物は植物の茎や葉などになる。人工光合成は、光の…続き (5/19)

アップル向け部品製造の電力「100%再エネ」へ、イビデン [有料会員限定]

「イビデンは、当社向けの部品製造に要する電力を100%、再生可能エネルギー(再エネ)にすると約束してくれた最初の日本企業だ」。米アップルは2017年3月8日に、このような発表をした。…続き (5/9)

JR東日本グループの食品リサイクルの流れ。同社駅ナカを広く展開している。写真左は、「エキュート大宮」。横浜市に建設するバイオマス発電プラントの完成予想図(上)

駅の食品残さが15億円生む JR東日本、環境で新事業 [有料会員限定]

 JR東日本がJFEエンジニアリングなどと共同で設立したJバイオフードリサイクル(横浜市)は2017年5月、バイオマス(生物資源)発電プラントの建設に着工する。投資額は約30億円。2018年8月に運転…続き (5/12)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月23日付

2017年5月23日付

・OKI、ビットコイン連動のATM 現地通貨で引き出し可能に
・リケンテクノス、高強度透明シート開発 スマホ保護用
・医療生産 進捗見える化 シタテルが工場向けアプリ
・Looop、フィリピンで太陽光システム販売 日系工場向け
・三菱自、インドネシアに整備網、日本水準のサービス…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト