Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]ロシアのサイバー攻撃に足並みそろえ対抗を(社説)

2017/1/10 14:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 米情報機関の見立てでは、ロシアのプーチン大統領がドナルド・トランプ氏の米大統領選での勝利を望み「情報工作戦」を仕掛けて同氏が勝つ見込みを高めることを命じた。ロシア政府が背後にいるとされるハッキングや情報漏洩、虚偽情報の拡散がどの程度トランプ氏の勝利に貢献したかを測るのは不可能だ。だが、仕掛けた側は「紛れもない成功」と捉えているに違いない。投票サーバーをハッキングせずして影響を及ぼす比較的廉価な手法であり、他の場面でも繰り返して使える価値ある手法だ。

 トランプ氏がこの見方をはねつけるのは無理もないだろう。ただ、かねて警告を受けていた欧州各国首脳にとってこのままでいいという理由はない。民主主義のプロセスを揺るがすようなロシアの行動は、当然のことながら過大評価も誇張もすべきではない。それは弱さをさらけ出すことになり、プーチン氏の思うつぼだからだ。だが、同氏の騒動を巻き起こす力を見くびるのはひどい過ちに等しい。ロシア政府は旧ソ連時代に磨きを掛けたプロパガンダという暗黒の手法をさらに近代化させて用い、絶大な効果を得た。

 米大統領選前にも、ロシアのサイバー戦士が欧州に狙いを定めていた証拠が次々と見つかっていた。ドイツの情報機関は、ロシアの情報機関が2015年5月にドイツ議会のコンピューターネットワークに侵入したと確信している。昨年、メルケル独首相の難民政策を巡り分裂をあおろうとするロシアのプロパガンダ媒体が急増したが、これがロシア政府の意図を多く物語っている。欧州連合(EU)の機関も次々とサイバー攻撃に遭っている。ロシアが東欧の極右民族主義勢力を支援する作戦を裏で工作していることも分かっている。

■一体化した戦略が急務

 この脅威は状況に照らして考える必要がある。欧州は自らが生んだ多くの問題で混乱している。自国の問題すべてを西側諸国のせいにするのはプーチン氏のお決まりのやり方だが、欧州の政治家はこれをまねたい誘惑に屈してはならない。すなわち、欧州が大衆の不満に対処できないのをロシアのせいにすべきではない。

 スパイ活動の一環としてハッキングを行っているのは何もロシアだけではない。同国の活動が他と異なるのは、政局のさらなる悪化を狙っており、情報利用や虚偽ニュースの拡散に悪意が感じられる点だ。米大統領選での情報漏洩のタイミングは民主党候補だったヒラリー・クリントン氏の陣営の弱体化を狙って、計算されたもののように見えた。

 欧州は米国よりも主要メディアへの信頼が厚いかもしれないが、それでもソーシャルメディアを通じた巧みな戦術には、はまりやすい。メルケル氏は、今秋に予定されている連邦議会選挙へのロシアによる介入の可能性を警告したが、同氏が懸念するのには理由がある。メルケル氏は、ロシアがクリミアを併合した際に同国に対する経済制裁を真っ先に提唱した1人だった。プーチン氏が晴らしたい恨みは多い。

 ドイツ政府は、偽りでかつ悪意ある情報を流したメディアに重い罰金を科すことを検討している。これは言論の自由を不当に制限するものと見られるかもしれないが、欧米民主主義の弱体化を意図したプロパガンダ戦争という文脈においては、中傷や扇動行為に対して既存の法律を執行する以上のことが必要だろう。同国の政治政党もサイバー攻撃による介入に対抗するための連携を模索している。これも前向きな一歩だ。

 15年3月に欧州理事会はロシアの虚偽情報の活動を監視するためにタスクフォース「イースト・ストラットコム」を立ち上げたが、これまでのところ、資金不足だ。この状況は変えなければならない。欧州関係者は、慎重にこの脅威の本質を分析し、雑音からメッセージを見極めなければならない。資金を十分に確保し、一体化された戦略を練ることが急務だ。

(2017年1月10日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

(c) The Financial Times Limited 2017. All Rights Reserved. The Nikkei Inc. is solely responsible for providing this translated content and The Financial Times Limited does not accept any liability for the accuracy or quality of the translation.


人気記事をまとめてチェック

「ビジネスリーダー」の週刊メールマガジン無料配信中
「ビジネスリーダー」のツイッターアカウントを開設しました。
GlobalEnglish日経版

GlobalEnglish 日経版

世界を目指す、全てのビジネスパーソンに。 ビジネス英語をレベルごとに学べるオンライン学習プログラム。日経新聞と英FT紙の最新の記事を教材に活用、時事英語もバランス良く学べます。

詳しくはこちらから

Financial TimesをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アマゾンは一流ビジネススクールから多く人材を募っている。写真は去年夏に発表した「プライムエア」サービスに使う機体。同社は自前の物流網を築く準備を進めている=AP

AP

[FT]米アマゾン、MBA取得者を大量買い

 米サンフランシスコのベイエリアと英ロンドンのショーディッチでは、事業を立ち上げるために大学を中退することは、名誉の印だ。もし規模が大きい著名ハイテク企業で働きたいなら、話は別だ。
 米アマゾン・ドット…続き (3/28)

ザールラント州議会選でCDUの勝利が決まり、喜びの表情を見せるクランプ=カレンバウアー同州首相=ロイター

ロイター

[FT]メルケル首相の与党、地方選で予想外の勝利

 9月のドイツ連邦議会(下院)選挙で政権維持を目指すメルケル首相は、自ら率いる与党のキリスト教民主同盟(CDU)が地方選で事前の世論調査とはかけ離れた大勝を果たし、予想外の勢いを得た。
 最近の世論調査…続き (3/27)

トランプ大統領はオバマケアの代替案で議会の支持を得られなかった(2月28日の議会演説)=ロイター

ロイター

[FT]トランプ氏に議会の試練、為替も左右(社説)

 2017年に入り、米ドルと金融市場の方向性が定まったようだ。ドナルド・トランプ氏が米大統領選で勝利してからは、いわゆる「トランプ相場」で反発した米国株とともに、米ドルも約5%上昇していた。ドルがこの…続き (3/27)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<3/27の予定>
  • 【国内】
  • 2月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(3月15~16日分、8:50)
  • 2月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • マザーズ上場=ティーケーピー
  • 【海外】
  • 1~2月の中国工業企業利益(10:30)
  • 3月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/28の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 小林同友会代表幹事の記者会見(13:30)
  • 2月期決算=ニトリHD
  • 東証ジャスダック上場=No.1、ズーム
  • 【海外】
  • 1月のS&Pコアロジック・ケース・シラー米住宅価格指数(22:00)
  • 3月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演
  • パウエルFRB理事が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/29の予定>
  • 2月の商業動態統計速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車各社の生産・販売実績
  • 東証1部上場=オークネット
  • タイ中央銀行の金融政策委員会
  • 2月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/30の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 東芝の臨時株主総会(幕張メッセ、10:00)
  • 2年物国債の入札発行(財務省、10:30)
  • 2月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 南アフリカ中銀が政策金利を発表
  • 3月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 東証1部上場=スシローグローバルホールディングス
  • マザーズ上場=ユーザーローカル
  • 10~12月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<3/31の予定>
  • 閣議
  • 2月の全国・3月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 2月の家計調査(総務省、8:30)
  • 2月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 2月の有効求人倍率(厚生労働省、8:30)
  • 2月の鉱工業生産指数速報(経済産業省、8:50)
  • 2月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00)
  • 2月の住宅着工戸数(国土交通省、14:00)
  • 清田日本取引所CEOの記者会見(15:30)
  • 3月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=ネットマーケティング
  • 3月の中国製造業PMI(10:00)
  • 3月の中国非製造業PMI(10:00)
  • 3月の独失業率(16:55)
  • 3月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • 2月の米個人所得(21:30)
  • 2月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 3月のシカゴ購買部協会米景気指数(PMI)(22:45)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]