アジア最新ニュースの掲載を始めました

マーケットの現場から

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

インド、荒療治のマネー改革 投資家には楽観ムード

2017/1/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 インドで2016年を代表する出来事といえば、モディ首相が11月に突如発表した高額紙幣の廃止だった。年末に回収期限を迎えた旧紙幣は、新紙幣と引き換えに使えなくなった。急激な現金不足に対し、投資家の間では「一過性の混乱」として荒療治のマネー改革に前向きな評価が少なくない。これを「モディ劇場」次章の始まりとして、17年のインド経済に楽観ムードが広がっている。

現金不足で販売現場に混乱

 インドの商都ムン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

マーケットの現場から 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国当局は為替介入で人民元相場の変動を抑え込んできた(北京市内の中国人民銀行本店)

トリレンマの中国、人民元安と資本流出に悪戦苦闘 [有料会員限定]

 中国が人民元安と資本流出に悪戦苦闘している。国際金融の常識からすると、この問題を解決するのは容易ではない。ジレンマならぬ「トリレンマ」に陥っているためだ。

 国際金融の原則では「通貨の安定」と「独立し…続き (2/21)

春節の連休前後に台湾株の上昇が目立つ(台湾証券取引所)

台湾株、早春の連騰に3つの理由 [有料会員限定]

 アジアの株式市場で、台湾株の堅調ぶりが目立っている。代表的な株価指数である加権指数は今年に入り上昇基調を強め、春節(旧正月)休暇が明けた2月2日以降も連日のように昨年来高値を更新する。トランプ米大統…続き (2/14)

ムンバイ証券取引所の本部ビルに掲げられた取引所ロゴ=ロイター

ロイター

アジア最古・銘柄数世界一のムンバイ証取、IPOまずは順調 [有料会員限定]

 アジア最古、上場銘柄数で世界一を誇るインドのムンバイ証券取引所(BSE)が新規株式公開(IPO)に踏み切った。市場からの資金吸収額は約125億ルピー(約210億円)の大型案件になる。中国を上回る年7…続き (2/7)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]