アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]中国の安保・貿易セット戦略は危険(社説)
ミサイル防衛理由に韓国企業いじめは逆効果

(1/2ページ)
2017/1/6 14:45
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 中国で活動する外国企業の事業環境は厳しく、ごく普通の、あるいは、気楽な時間を過ごすこともできない。しかし、中国で取引する韓国企業の置かれた状況は突然、一層、困難になった。韓国企業は中国でビジネスを続ける条件として、自国政府の安全保障政策を変える任務を負わされたようだ。

中国と韓国の溝は広がっている。岸田外相(中)と握手する韓国の尹炳世外相。右は中国の王毅外相(2016年8月、首相官邸)

中国と韓国の溝は広がっている。岸田外相(中)と握手する韓国の尹炳世外相。右は中国の王毅外相(2016年8月、首相官邸)

 これが、先週、韓国企業を訪問した中国の陳海・外務省アジア局副局長が与えた印象だ。フィナンシャル・タイムズ紙が伝えたとおり、陳氏は韓国企業に対し、北朝鮮の核・ミサイルをけん制する地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD)を在韓米軍が導入した場合、中国での商業活動は苦しくなるだろうと警告した。

 たとえ、この脅迫の効果があったとしても、このままこの路線を進めば、中国は自国経済と地域の安定を損なうだろう。ドナルド・トランプ氏の米大統領就任を間近に控え、これ以上国際貿易が政治問題化することを世界は最も望まない。

 経済政策と戦略目標を一体にすることは、とりわけ中国に関しては、目新しくはない。中国政府関係者は数十年間、発展途上国各国に対し、そうした国々が国連の場で台湾の承認を取り消すことと引き換えに、インフラ建設の支援を行ってきた。一方、米国は、政治的な同盟国との貿易を徐々に拡大してきた。

 だが、外国政府に圧力をかけるために、対象国の企業を直接脅すやり方はひときわ衝撃的に見える。これは経済制裁を科すこととほぼ等しい行為だ。THAADが関わる今回の場合などはまさにそうだ。中国政府はTHAADについて、中国の核抑止能力への脅威であり、米国による中国内の秘密情報入手を可能にするものだとして、強い懸念を示している。だが、それは韓国企業の活動とは、ほぼ全くといえるほど関係がない。

 正式に決定された(韓国の)政策を別の切り口から間接的に覆そうとするこの中国の試みの効果は不明だ。影響力を持つ韓国企業もあろうが、政府そのものではない。何を目的にどんな手段を用いるかにより、この行為は、国際商取引を定める法違反にあたる可能性がある。だが、そうなった場合、韓国は毅然と、法的是正策を求めることで、政治的な議論を高めるだろう。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

Financial Times

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

米ユナイテッド航空機の乗客が機内から引きずり降ろされた出来事も、同社の株価には大きな影響は与えていない(シカゴのオヘア国際空港に着陸したユナイテッド航空機)=ロイター

ロイター

[FT]すぐに忘れ去られる企業の悪評(社説)

 米ユナイテッド航空のついてない日が、いまや顧客サービスや広報の面で同社の語り草の一部になっている。悪い意味で。およそ10日前、オーバーブッキング(過剰予約)の便に乗っていた乗客が座席を諦めるよう言わ…続き (4/20)

習近平・中国国家主席の反腐敗運動は金融界にまで及んできた(国際刑事警察機構が国際逮捕手配書を発行した大富豪、郭文貴氏が開発を手掛けた北京の「盤古大観」)=ロイター

ロイター

[FT]国際刑事警察機構、中国人大富豪を国際手配

 中国の金融界の腐敗をめぐる政争が表面化するなか、中国外務省は19日、国際刑事警察機構(ICPO)が米国に逃亡中の中国人大富豪に対する国際逮捕手配書(赤手配書)を発行したと述べた。
 中国有数の証券会社…続き (4/20)

インドでの紙幣流通量は廃止前の3分の2にとどまっている(昨年11月、ハイデラバード)=AP

AP

[FT]印ATM再び紙幣不足、現金社会脱却に壁

 インドのATMで再び現金が枯渇している。モディ印首相が大半の紙幣を突然廃止してから5カ月がたつが、インド準備銀行(中央銀行)は通貨を流通させる努力を怠っているとの非難がわき起こっている。
 政府関係者…続き (4/17)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]