Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]新年の抱負は「仕事のメール中毒を断つ」

(1/2ページ)
2017/1/6 6:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 1月は中毒を断つ新年の抱負を立てるときだ。お酒を断つ、食べる量を減らす、これまでほど頻繁にフェイスブックやツイッターをチェックするのをやめる等々。だが、もし中毒が集団的なもので、ほかの人がまだ乱用している間は一個人で断つことができないとしたら、どうか。

 その典型例がメールだ。今週施行されたフランスの法律がそう認めている。新法は従業員がスマートフォンに出てメッセージに返信しなくてもよい時間帯について、大企業に労使交渉を義務付ける。これにより従業員に「つながらない権利」を与えることを意図している。タイムカードを押して工場から退勤する行為のデジタル版を約束するものだ。

■一人メールを無視するのは難しい

 週35時間労働制を敷いたフランスだ。同国によるこの統制的なアプローチにケチをつけるのは簡単だ。専門職にとっては、オフィスから出ても連絡を取れることは、恩恵になり得る。上司に呼ばれる場合に備えて漫然と職場に残らざるを得ないよりはましだ。それに時差の問題はどうか。香港のスタッフは、ニューヨークからの迷惑なメールを無視できるべきなのか。

 だが、フランス政府は2つの重要な点で正しい。第1に、メールのほか、社内ソーシャルメディアからスラックなどの対話アプリまで、さまざまな形態のデジタルコミュニケーションは有害な形で仕事と私生活の境界線を損なうことがある。第2に、これは集団としての課題だ。ほかの人間がメールを送り続ける限り、一個人がメールを無視するのは難しいからだ。

 企業と従業員は、メールや、グローバル電話会議などの無秩序なデジタルコミュニケーションに共に依存しており、目に見えない形で時間が無駄にされている。多くの場合、最悪の常習犯は企業自体ではなく、勤務時間表に表れないような形でスタッフの時間を浪費する、権力欲に駆られた中間管理職だ。

 公害と同じように、こうした習慣は集団的代償を伴うが、容易に把握できるコストではない。直接影響が及ぶのは、寝ているとき以外、仕事について考えるのをやめない個人だ。絶え間なく、常にオン状態のデジタルコミュニケーションはその性質上――メールはいつでも受信ボックスに飛び込んでくる――意識のスイッチを切り、休養を取ることを難しくする。

 仕事のメールはひどい形の中毒だ。というのは、ソーシャルメディアへの投稿といったほかの種類のデジタルコミュニケーションとは異なり、大した楽しみを与えてくれないからだ。人はインスタグラムやピンタレスト、スナップチャットなどで時間を使いすぎたことを後悔するかもしれないが、こうした行為は気晴らし、娯楽、戯れ、自慢、友人との交流といった形で見返りを与えてくれる。

■メールによる仕事の中断、取り戻すのに1分

 メールはむしろ義務のようなものだ。情報を共有する輪に入っていたければ、メールを読み、受領を確認しなければならない。ある調査では、職場ではメールの70%が6秒以内に開封され、受信者はメールに1回仕事を遮られるたびに、完全に集中力を取り戻すまでに1分かかることが分かった。2017年には日々1200億通の業務メールが送受信されると見込まれることを考えると、これは膨大な量の業務の中断だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

EUはグーグルが独占的な地位を利用して自社の買い物サイトに不当に誘導していると判断した=ロイター

ロイター

[FT]EU、米グーグルに競争法違反で1250億円の罰金 [有料会員限定]

 欧州連合(EU)は今週にも米グーグルに対し、検索市場における独占的地位を乱用しているとして、10億ユーロ(約1250億円)以上の罰金を科す見通しだ。この決定で、既に緊張している米国との関係はさらに悪…続き (6/26)

アマゾンはホールフーズの買収で、新鮮で安く、幅広い生鮮品を実店舗や消費者に届けようとしている=AP

AP

[FT]米アマゾンが目指す究極の小売り [有料会員限定]

 米アマゾン・ドット・コムという企業を理解できたと思いきや、同社にはまた驚かされた。実店舗を構える従来型の小売業者に容赦ない値下げ競争を仕掛けるネット通販大手が、米高級食品スーパーのホールフーズ・マー…続き (6/23)

21日、他の王族と言葉を交わすサウジアラビアのムハンマド新皇太子(右)=ロイター

ロイター

[FT]サウジのムハンマド新皇太子への危険な権力集中(社説) [有料会員限定]

 サウジアラビアのサルマン国王は、2015年に王位についてから、王国の鍵の大半をムハンマド・ビン・サルマン副皇太子の手に握らせた。経験は浅いが活力に満ちた31歳の息子は、国防や外交政策だけでなく、経済…続き (6/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<6/26の予定>
  • 【国内】
  • 日銀金融政策決定会合の主な意見(15~16日開催分、8:50)
  • 5月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 5月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 4月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 榊原経団連会長の記者会見(15:30)
  • 株主総会=日立建機、千代建、富士通、丸井G、SOMPO、MS&AD、第一生命HD、東京海上
  • 3~5月期決算=高島屋
  • 【海外】
  • シンガポール、マレーシア、フィリピン、インドネシア、インドの各市場が休場
  • 6月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 5月の米耐久財受注額(21:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/27の予定>
  • 閣議
  • 1~3月期の資金循環統計速報(8:50)
  • 2年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 株主総会=国際石開帝石、キッコマン、味の素、東レ、タカタ、三井化学、三菱ケミHD、テルモ、TOTO、新日鉄住金、日新製鋼、日立金、日製鋼、住友鉱、オークマ、富士電機、京セラ、日産自、日野自、スクリン、あおぞら銀、オリックス、水戸、商船三井、NTT、セコム
  • マザーズ上場=Fringe81
  • 1~5月の中国工業企業利益(10:30)
  • マレーシア、インドネシア市場が休場
  • 4月の米S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(22:00)
  • 6月の米消費者信頼感指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演(16:30)
  • ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁が講演(28日0:15)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が討議に参加(28日、2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(28日6:30)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/28の予定>
  • 株主総会=石油資源、日清粉G、日ハム、日清食HD、旭化成、積水化、武田、フジHD、大戸屋HD、東電HD、JXTG、三菱マ、住友電、SMC、ジェイテクト、東芝、エプソン、パイオニア、三井造、川重、マツダ、オリンパス、シチズン、大和、T&D、中部電、関西電、Jパワー
  • 3~5月期決算=Jフロント、ニトリHD
  • インドネシア市場が休場
  • 5月の米仮契約住宅販売指数(23:00)
  • ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁が講演
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/29の予定>
  • 5月の自動車8社の生産・販売実績
  • 5月の商業動態統計速報(経産省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5月の建設機械出荷額(日本建設機械工業会、12:00)
  • 原田日銀審議委員が資本市場研究会で講演(都内、15:30)
  • 株主総会=大成建、大林組、清水建、鹿島、ハウス、日揮、明治HD、野村不HD、王子HD、大王製紙、日本製紙、信越化、宇部興、OLC、富士フイルム、出光興産、住友大阪、太平洋セメ、三井金、フジクラ、住友重、ダイキン、三菱電、GSユアサ、パナソニック、TDK、カシオ、ファナック、ローム、村田製、いすゞ、スズキ、ニコン、凸版、大日印、任天堂、セイコーHD、三菱UFJ、三井住友トラ、三井住友FG、SBI、岡三、東海東京、三井不、菱地所、日通、東ガス、大ガス
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独消費者物価指数(CPI)速報値
  • 1~3月期の米実質国内総生産(GDP)確定値(21:30)
  • 海外3~5月期決算=ナイキ
  • ブラード・セントルイス連銀総裁が講演(30日0時)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<6/30の予定>
  • 閣議
  • 5月の全国・6月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 5月の家計調査(総務省、8:30)
  • 5月の完全失業率(総務省、8:30)
  • 5月の有効求人倍率(厚労省、8:30)
  • 5月の鉱工業生産指数速報(経産省、8:50)
  • 5月の自動車生産・輸出実績(自工会、13:00ごろ)
  • 5月の住宅着工戸数(国交省、14:00)
  • 北沢損保協会長が会見(14:00)
  • 6月の為替介入実績(財務省、19:00)
  • ジャスダック上場=SYSホールディングス
  • マザーズ上場=ツナグ・ソリューションズ、GameWith
  • 6月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI、10:00)
  • 6月の中国非製造業PMI(10:00)
  • インドネシア市場が休場
  • 6月の独失業率(16:55)
  • 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(18:00)
  • 5月の米個人所得(21:30)
  • 5月の米個人消費支出(PCE)(21:30)
  • 6月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI、22:45)
  • 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]