ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

鋳物内部の水冷で工程短縮 ヤンマーキャステクノ

2017/1/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 鋳物の歴史は古く、紀元前4000年ごろにメソポタミアで始まった。その後、世界各地に技術が広まり、日本には中国から朝鮮半島を経由して紀元前200年ごろに伝わった。1世紀にはいると銅鐸(どうたく)や銅鏡などの製作が始まり、752年には鋳造による東大寺大仏が開眼供養を迎えた。英国の産業革命以降に工業化が進み、現在のような形態が整った。

■ガス排出用パイプに着目

 技術的には成熟している鋳物だが、ヤンマーグ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

後藤孝広ヤンマーキャステクノ

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

新型「CX―5」に搭載した「G―ベクタリングコントロール」は雪道などで車両の安定性を高める効果がある(北海道剣淵町)

変えないフルモデルチェンジ、CX-5売れてる理由 [有料会員限定]

 マツダは主力の多目的スポーツ車(SUV)「CX―5」を全面改良し2日に発売した。CX―5は今や総販売台数の4分の1を占めるマツダの代表車。新モデルの基本構造は先代と変えず、見た目には大きな変更はない…続き (2/20)

地下5階のバイオガス設備で1日2トンの生ごみから安定的にガスを発生させる

ハルカスで生ごみからガス生産 神鋼系と竹中 [有料会員限定]

 神鋼環境ソリューションと竹中工務店は高さ日本一の超高層複合ビル「あべのハルカス」(大阪市)で1日2トンの生ごみから安定的にガスを発生させるバイオガス技術を確立した。ガスを利用して作った温水や電気を館…続き (2/13)

誰も造ったことのないロボットは誰でも造れるようにする必要があった(兵庫県明石市の川崎重工業明石工場)

生産支援ロボ、工程工夫し「誰でも造れる」実現 川重 [有料会員限定]

 人の隣で作業ができる協調型ロボットとして川崎重工業が開発した「duAro(デュアロ)」。2本の腕を使い、人の作業を容易に置き換えられる「相棒」は、自動車部品組み立てから弁当の詰め込み作業まで何でもこ…続き (2/6)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月21日付

2017年2月21日付

・トレックス 電圧制御ICの変化、従来の10分の1
・返済滞ればエンジン停止 車を遠隔管理 グローバルモビリティ
・三菱重工系、欧州に段ボール加工機の組み立て拠点
・みんれび 対面で葬儀の無料相談
・日本KFC 出勤日時限定社員が活躍
…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト