ものづくり進化論(日経産業新聞)

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

鋳物内部の水冷で工程短縮 ヤンマーキャステクノ

2017/1/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 鋳物の歴史は古く、紀元前4000年ごろにメソポタミアで始まった。その後、世界各地に技術が広まり、日本には中国から朝鮮半島を経由して紀元前200年ごろに伝わった。1世紀にはいると銅鐸(どうたく)や銅鏡などの製作が始まり、752年には鋳造による東大寺大仏が開眼供養を迎えた。英国の産業革命以降に工業化が進み、現在のような形態が整った。

■ガス排出用パイプに着目

 技術的には成熟している鋳物だが、ヤンマーグ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

後藤孝広ヤンマーキャステクノ

【PR】

ものづくり進化論(日経産業新聞) 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ベンベルグは独特の肌触りの良さが特徴

セルロース繊維、極細と高速化でインド需要対応 旭化成 [有料会員限定]

 押しも押されもせぬ旭化成の主力品「ベンベルグ」。綿花の産毛を銅アンモニアの液体に溶かして糸にする唯一無二の製品だが、2014年、実に40年ぶりに新設備が稼働。足元では早くもフル操業だ。地盤沈下する国…続き (6/19)

ホンダの熊本製作所は熊本地震で被災し、昨年9月に完全復旧した(熊本県大津町)

ホンダ、「二輪の聖地」熊本でチタン素材挑戦 [有料会員限定]

 ホンダは今春、スポーツバイクの最高峰モデル「CBR1000RR」シリーズを9年ぶりに全面改良した。軽量化のために世界で初めてチタン製の燃料タンクの量産に挑戦したほか、熊本地震を乗り越え、製品化にこぎ…続き (6/12)

モジュール化で工作機械を効率生産(長野県御代田町の本社工場)

工作機械、モジュール化で納期半分 シチズンマシナリー [有料会員限定]

 中国の需要回復などを背景に、好調な受注環境が続いている工作機械業界。その受注量をこなすことと、多様化や短納期化が進む顧客の要望にどう応えていくかが各社の課題だ。自動旋盤が主力の大手、シチズンマシナリ…続き (6/5)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年6月26日付

2017年6月26日付

・解像度4倍の液晶部材、エスケーエレクトロニクス 2工場、70億円投資
・出版社在庫 書店が照会 日販がシステム開発
・ホウレンソウ、不安緩和 酵素の働きを確認
・電力損失5割低減、新型SiCパワー半導体モジュール 富士電機が生産へ
・フクダ電子、睡眠時無呼吸症の検査で新装置 装着状態を一目で確認…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト