科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

受精卵使わないiPS細胞にも生命倫理問題
精子や卵子作製で新たな波紋

(1/2ページ)
2017/1/9 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 iPS細胞の誕生から10年が過ぎ、当初は克服したとみられていた生命倫理問題に再び注目が集まっている。精子や卵子を作って不妊治療に応用しようという生殖医療の研究が進んできたほか、他人の細胞から作ったiPS細胞を民間企業などへ配布する事業も本格的に始まっているからだ。京都大学iPS細胞研究所は宗教家も交えた対話に取り組むなど、将来直面する倫理問題の対応に力を入れている。

■iPS細胞から受精卵 不妊治

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2016年12月に147棟を焼いた新潟県糸魚川市の大火では、商店や住宅に次々と延焼した(2016年12月22日)

数学理論で延焼しない街に 火の通り道、効果的に遮断 [有料会員限定]

 首都直下地震が発生したとき、東京などの木造住宅が集まった地域では大規模な火災が心配されている。数学のネットワーク理論をもとに、不燃化した集合住宅を適切に配置することで延焼の抑制が可能だと、住宅の企画…続き (8/21)

スパコンやAIを駆使して中分子医薬の体内での振る舞いや効果を予測する(東京工業大)

AIとスパコンで挑む新型医薬 効果と低コスト両立 [映像あり][有料会員限定]

 東京工業大学が川崎市などと協力して、スーパーコンピューターや人工知能(AI)を活用して中分子と呼ばれる新しいタイプの医薬品の開発につなげる取り組みを始める。従来の医薬品に比べて膨大な計算が必要になる…続き (8/14)

上部にがれきが残っている6月21日の福島第1原発1号機の原子炉建屋=代表撮影

福島第1の溶けた核燃料どこに 見えてきた現実 [有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所の格納容器内の調査が進んでいる。溶融した核燃料はいったいどこにあるのか。それは廃炉の進め方にもかかわる重要な情報だが、少しずつわかってはきている。7月初めに福島県いわき市…続き (8/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月24日(木)

  • スーパーカーとロボットの技術に、ホンダが目指す「自律走行の未来」を見た
  • FacebookのWatchは、放送事業者の利益を奪うのか?:「動画予算は流動的だ」
  • 大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月24日付

2017年8月24日付

・アルミ合金、耐食性・強度の向上両立 芝浦工大、水蒸気で膜形成
・関電、ダムにたまる竹 パレット原料に
・日本紙パルプ商事、インドで古紙回収・販売
・JX金属、伸銅品を値上げ、IoTで需要増
・創薬VBのアンビシオン、がんの免疫治療 来年から治験へ…続き

[PR]

関連媒体サイト