科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原爆投下後の広島写真、AIでカラー化 全150枚
首都大×早大

(1/2ページ)
2016/12/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 原爆投下後の広島の写真を人工知能(AI)でカラーにする取り組みが進んでいる。残されている被爆後写真のほとんどはモノクロだ。色彩を持たない世界にAIが色を付け、71年以上前の出来事を身近に感じてほしいというのが狙いだ。アニメーション映画「この世界の片隅に」の劇中で描かれるキノコ雲の元資料となったとみられるモノクロ写真もカラー化。作業に取り組む首都大学東京の渡辺英徳准教授は「カラー化で昔の人の営みを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2016年12月に147棟を焼いた新潟県糸魚川市の大火では、商店や住宅に次々と延焼した(2016年12月22日)

数学理論で延焼しない街に 火の通り道、効果的に遮断 [有料会員限定]

 首都直下地震が発生したとき、東京などの木造住宅が集まった地域では大規模な火災が心配されている。数学のネットワーク理論をもとに、不燃化した集合住宅を適切に配置することで延焼の抑制が可能だと、住宅の企画…続き (8/21)

スパコンやAIを駆使して中分子医薬の体内での振る舞いや効果を予測する(東京工業大)

AIとスパコンで挑む新型医薬 効果と低コスト両立 [映像あり][有料会員限定]

 東京工業大学が川崎市などと協力して、スーパーコンピューターや人工知能(AI)を活用して中分子と呼ばれる新しいタイプの医薬品の開発につなげる取り組みを始める。従来の医薬品に比べて膨大な計算が必要になる…続き (8/14)

上部にがれきが残っている6月21日の福島第1原発1号機の原子炉建屋=代表撮影

福島第1の溶けた核燃料どこに 見えてきた現実 [有料会員限定]

 東京電力福島第1原子力発電所の格納容器内の調査が進んでいる。溶融した核燃料はいったいどこにあるのか。それは廃炉の進め方にもかかわる重要な情報だが、少しずつわかってはきている。7月初めに福島県いわき市…続き (8/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月21日(月)

  • ポストスマホ時代のパートナーへ。LINE舛田氏に聞く、AIとスマートスピーカー
  • 輪っかを変形させてコロコロ進むロボット
  • GEヘルスケア、先端的工場のひとつ「日野工場」を公開

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月21日付

2017年8月21日付

・NCD、ネット広告枠、サイトで売買、好みのメディア選べる
・在庫管理、無人で安く PALが倉庫にロボ
・バイオマス発電所新設 エフオン、20年メド2カ所
・ダイセル・エボニック 自動車の軽量部品製造 コスト6割減
・ペットのトイレ、12時間消臭 室内犬用 ユニ・チャーム…続き

[PR]

関連媒体サイト