科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

原爆投下後の広島写真、AIでカラー化 全150枚
首都大×早大

(1/2ページ)
2016/12/29 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 原爆投下後の広島の写真を人工知能(AI)でカラーにする取り組みが進んでいる。残されている被爆後写真のほとんどはモノクロだ。色彩を持たない世界にAIが色を付け、71年以上前の出来事を身近に感じてほしいというのが狙いだ。アニメーション映画「この世界の片隅に」の劇中で描かれるキノコ雲の元資料となったとみられるモノクロ写真もカラー化。作業に取り組む首都大学東京の渡辺英徳准教授は「カラー化で昔の人の営みを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

甜菜の苗は4月半ばまでビニールハウスで育てられ、紙製のポットに入ったまま畑に植えられる(北海道北見市)

「日本でも組み換え作物栽培を」北海道農家の訴え [有料会員限定]

 北海道北見市の農家、小野寺靖さんは遺伝子組み換え甜菜(てんさい、シュガービート)の栽培許可を求めて北海道庁に働きかけなどをしている。除草剤耐性をもつ品種の栽培ができれば生産性が上がり経営拡大につなが…続き (5/22)

ベンチャー企業の試作品などが並ぶ「TheLab.」は、カップルや家族連れも気軽に入れる(大阪市)

郊外より駅近 大阪「うめきた」に見る新産学交流 [有料会員限定]

 大阪市の繁華街・梅田の北側、通称「うめきた」にある産学交流拠点「ナレッジキャピタル」が注目を集めている。関西で活動する民間企業や大学、ベンチャー企業などが相次いで進出。JR大阪駅に直結する「駅近」の…続き (5/15)

近畿大学の原子炉は直径約4m、高さ約2mの円筒形。軽水減速黒鉛反射非均質炉と呼ばれる。

大学に教育用原子炉は必要か 近大責任者に聞く [有料会員限定]

 近畿大学原子力研究所(大阪府東大阪市)は4月12日に研究用原子炉(熱出力1ワット)の運転を3年ぶりに再開した。東京電力福島第1原発事故後にできた新しい安全基準に合格した初めての研究用原子炉で、原子力…続き (5/8)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月24日付

2017年5月24日付

・AI翻訳家、電子書籍を英訳 メディアドゥ 要約から全文へ
・猛暑でも野菜スクスク トーヨーエネルギーが植物工場+ビニールハウス
・牧野フライス ベリリウム銅金型の放電加工 時間半減
・シノブフーズ 弁当の商品数集約 中小スーパー向け
・CSR 社外連携に軸足 味の素が公益財団法人…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト