AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

2017年、あなたの身近にやってくる3つのAI

(1/2ページ)
2017/1/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 米グーグルの「アルファ碁」が世界トップ棋士を破るというニュースが世界を驚かせて以来、2016年はAI(人工知能)が注目を集める年となった。ブームに乗り「AI搭載」とうたう製品やサービスも続々と登場したものの、実際にAIがどう役立ちどれだけの効果があるのか実感できることはほとんどなかった。だが、17年はいよいよ「ディープラーニング(深層学習)」といった最新AIの威力を誰もが実感できる年となりそうだ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

きゅうりの画像データ9000枚を使って学習させた、仕分けシステム「CUCUMBER-9」。きゅうりを置くと6パターンに仕分けする

きゅうり等級判別、移住支援も…AI活用急拡大 [有料会員限定]

 工場の生産ライン、株取引、農家、コンビニ、旅館、病院――。深層学習(ディープラーニング)を中心にAI(人工知能)に挑む企業や組織が相次ぎ登場している。手間のかかる作業を効率化する、人間が気付きにくい…続き (3/8)

NTTコムウェアは動画から路面の不具合を検出する技術を開発した

AIが点検肩代わり、動画から路面の不具合検出 [有料会員限定]

NTTコムウェアは、ビデオカメラで路面を撮影した動画から、人工知能(AI)を使ってひび割れとポットホールの不具合を検出する技術を開発した。道路管理者の目視点検に近いレベルで検出できる。…続き (3/1)

地方創生にAIを活用する長野県小布施町

従業員全員が開発 「同僚AI」の力、最大化の秘訣

 2016年の後半から、SF的な意味での人工知能(AI)ブームが終結し、ビジネスとして人工知能を捉える現実性のある議論へと傾向がシフトしてきたように感じる。この傾向は、メディアで語られる「AI」という…続き (2/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月27日付

2017年3月27日付

・LG、日本の研究所統合 ロボなど強化
・海底3D地図 速く広く作成 三井造船など開発
・設備保守の東京電設サービス、東電系以外で売上高4割
・富士重、「アイサイト」新興国にも投入
・パソナ、自分磨き プロが指導…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト