科学記者の目

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

福島第1の凍土壁が正念場 東電と規制委に聞く

(1/3ページ)
2016/12/23 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 東京電力福島第1原子力発電所で地下水の流れを氷の壁でせき止めて汚染水の増加を抑えるために建設された「凍土壁」。凍結作業が最終段階に入り、全面的な凍結に進むかどうかの議論が本格化するなかで、その効果を巡って作業を進める東電と監視する原子力規制委員会の見方が割れている。東電が地下水の水位調整のために欠かせないと主張する一方、規制委は旧来手法の井戸からの地下水くみ上げで対策を確実に進めるべきだという立…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップテクノロジートップ

【PR】

科学記者の目 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国は再生エネルギーに力を入れている(写真は中国北西部、寧夏回族自治区のソーラー発電施設)=AP

AP

再生エネで温暖化対策にまい進 中国の思惑
李志東・長岡技科大教授に聞く
[有料会員限定]

 米国のトランプ政権の登場によって地球温暖化抑止のパリ協定の土台が揺らぎかねないとされる。しかし最大の温暖化ガス排出国である中国は社会経済の低炭素化を着実に進める方針を変えておらず、その主体は再生可能…続き (4/24)

花山天文台宇宙科学館の完成予想図(岡崎甚幸武庫川女子大学教授の案を基に北川浩明氏が製作)

存続危機の京大天文台救うか 日本版グリニッジ構想 [有料会員限定]

 資金不足で存続の危機に直面している京都の花山天文台をいかに再生・活用するか――。教育や産業育成の拠点として整備、観光地としてもいかす取り組みが動き出そうとしている。同天文台は歴史的に貴重な設備が残る…続き (4/17)

原発の断層については、繰り返し専門家による実地調査が進められた(2013年12月の東通原発の調査、青森県東通村)

原発下の断層、ずれ小さければ対応可能 原子力学会
調査まとめ役に聞く
[有料会員限定]

 原子力発電所の安全基準は、地震によって地盤のずれ(断層変位)がわずかでも生ずる恐れのある場所に重要な施設を建てることを禁じている。しかし仮にずれが生じても、その大きさがある範囲内に収まれば原子炉の安…続き (4/10)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月25日付

2017年4月25日付

・ICタグ、高温下でも利用OKに 京セラ、アンテナ一体の保護部品
・富士フイルム、医療用画像システム事業強化、カテーテル治療容易に
・すべてのモノにAIを ルネサス、IoT機器への搭載技術
・バイオマスを「地産地消」、洸陽電機が循環型モデル提案
・米アディエント、炭素繊維使い自動車シート4割軽く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト