AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

AI処理を高速化 専用チップで「超知覚」実現へ

(1/3ページ)
2017/2/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 人工知能(AI)の処理を高速化する「AIチップ」の開発が世界中で始まった。エッジ(端末側)向けは人の五感を超えた知覚の実現、クラウド向けはビッグデータに潜んだ知られざる英知を掘り起こすエンジンになるのが当面の目標だ。ただしそのアーキテクチャーは、研究開発の進捗次第で大きく変わり得る。

 米Intel(インテル)が言いたかったのは、「今がコンピューターの歴史を画する転換点だ」ということだ。2016年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

グーグルクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者のジア・リー氏。米スタンフォード大学でコンピューターサイエンスの博士号を取得後、ヤフー・ラボや、若者中心に人気の動画メッセージングサービスのスナップチャットで人工知能、機械学習、画像認識などの研究を行い、2016年にグーグルで機械学習グループの研究責任者に着任

「ミッションはAIの民主化」 グーグル研究者

 今、テクノロジー業界では、空前のディープラーニングブームが起きている。しかし、米グーグルのクラウド・マシンラーニング・グループ研究責任者であるジア・リー氏は、「アルゴリズムが人間に勝っていると考える…続き (2/20)

マイクロソフトがOffice365で頼る「働き方改革」 [有料会員限定]

 日本マイクロソフト(MS)は、政府が進める働き方改革の実現に向け同社の業務ソフト「Office(オフィス)365」をフル活用する。会社でほとんどの社員が使っているオフィスの使用状況を分析することで、…続き (2/17)

働き方はどう変わる、到来「AIが同僚」時代

 近い将来、企業内で「人工知能(AI)が同僚」となる時代が必ず到来するだろう。仕事の内容によっては、既にAIの能力が人間を上回っている領域もある。…続き (2/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月23日付

2017年2月23日付

・中古車競売用システム、東南アで販売
・あっさり食べやすい中鎖脂肪酸 日清オイリオ
・東電出資の米VB、日本でエネ効率化事業に参入 AIでデータ解析
・市光工業、インドネシア工場を自動化 生産能力1割増
・物の動き「LINE」で共有 日通総研…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト