AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

AI処理を高速化 専用チップで「超知覚」実現へ

(1/3ページ)
2017/2/7 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 人工知能(AI)の処理を高速化する「AIチップ」の開発が世界中で始まった。エッジ(端末側)向けは人の五感を超えた知覚の実現、クラウド向けはビッグデータに潜んだ知られざる英知を掘り起こすエンジンになるのが当面の目標だ。ただしそのアーキテクチャーは、研究開発の進捗次第で大きく変わり得る。

 米Intel(インテル)が言いたかったのは、「今がコンピューターの歴史を画する転換点だ」ということだ。2016年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

きゅうりの画像データ9000枚を使って学習させた、仕分けシステム「CUCUMBER-9」。きゅうりを置くと6パターンに仕分けする

きゅうり等級判別、移住支援も…AI活用急拡大 [有料会員限定]

 工場の生産ライン、株取引、農家、コンビニ、旅館、病院――。深層学習(ディープラーニング)を中心にAI(人工知能)に挑む企業や組織が相次ぎ登場している。手間のかかる作業を効率化する、人間が気付きにくい…続き (3/8)

NTTコムウェアは動画から路面の不具合を検出する技術を開発した

AIが点検肩代わり、動画から路面の不具合検出 [有料会員限定]

NTTコムウェアは、ビデオカメラで路面を撮影した動画から、人工知能(AI)を使ってひび割れとポットホールの不具合を検出する技術を開発した。道路管理者の目視点検に近いレベルで検出できる。…続き (3/1)

地方創生にAIを活用する長野県小布施町

従業員全員が開発 「同僚AI」の力、最大化の秘訣

 2016年の後半から、SF的な意味での人工知能(AI)ブームが終結し、ビジネスとして人工知能を捉える現実性のある議論へと傾向がシフトしてきたように感じる。この傾向は、メディアで語られる「AI」という…続き (2/23)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト