アジア > コラム > Financial Times > 記事
アジア最新ニュースの掲載を始めました

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]ドゥテルテ氏の強権はマルコス時代に相似

(1/2ページ)
2016/12/20 15:00
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 フィリピンのドゥテルテ大統領は、率直な物言いで、犯罪を摘発し、殺人を伴う自身の麻薬撲滅の闘いに対する国際社会の非難を一笑に付す絶対的指導者としての姿を見せてきた。今、ドゥテルテ政権がマルコス元大統領と同様の独裁主義に傾いているのかについての議論が高まっている。

 ドゥテルテ氏(71)の支持者らは、政敵を弾圧し、マルコス・スタイルの権力掌握をもくろんでいるという主張をはねつけた。ドゥテルテ氏は先週さらに暴走し、病気かクーデターか暗殺で6年後には「居ない」こともあり得ると、同氏らしい素っ気ない口ぶりで言い放った。

 この論争の背景には、同氏の大統領としての存続可能性を疑う声が広がっていることがある。東南アジア2位の人口を持つ同国の大統領となった同氏は、就任後6カ月で既に多くの波風を立てている。同氏が高い支持率を維持する一方で、一部のフィリピン国民の目には、これが過去の圧政や政治混乱の不安な再来に映っており、この独裁スタイルが選挙運動の報酬と同様に危険を生む初期の兆候だと見ている。

■騒乱の1カ月

 南部ダバオ市の市長だったドゥテルテ氏のこの1カ月は、同氏を基準にしても、5月の驚きの大統領当選以来で騒々しいものだった。同氏の一部の政策に反対するレニー・ロブレド副大統領は、閣僚職を辞任し、自分を政権からもまとめて追放する陰謀が存在すると主張した。

 また、ドゥテルテ氏の批判でよく知られるレイラ・デリマ上院議員もドゥテルテ派の議員から、下院で「無礼を働いた」として刑事告訴の標的にされている。元法相のデリマ氏は、推定5000人以上が殺害されたとされる麻薬撲滅運動を非難しており、今回の攻撃を「ハラスメント」だとしている。

 ドゥテルテ氏は先週、同氏の支配(の是非)を巡る議論をさらにあおった。経済界の聴衆に対し、「自らが」ダバオの警察官を率いて、ダバオ市長時代に自身が始めた取り締まり運動で麻薬犯罪の容疑者を捜索することがあると述べたのだ。同氏は「殺害できる犯罪者を本気で捜していた」と述べたが、その後、自分が殺害したのは「役人に抵抗した」者だけだと弁明した。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップアジアトップ

関連キーワードで検索

ドゥテルテマルコスフィリピン

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

検閲強化で苦悩するフェイスブック=ロイター

ロイター

[FT]アジア諸国の検閲でソーシャルメディア苦悩 [有料会員限定]

 大手ソーシャルメディア企業が東南アジアで苦境に追い込まれている。タイの新国王やベトナムの共産党政権、インドネシアでの宗教間の緊張の高まりにより、ソーシャルメディアのコンテンツに対する締め付けが加速し…続き (5/26)

インドは送電事業から中国を締め出そうとしている(インド・グジャラート州にある火力発電所の送電線)=ロイター

ロイター

[FT]インド、電力部門から中国企業締め出しへ [有料会員限定]

 インドが自国の電力部門に対する中国企業の投資を封じる動きに出た。外資を引き付けたい願望と、南アジアでの中国の動きに対する疑念との相克を物語る。
 インドのゴヤル電力相は今週、インド企業に自国の電力部門…続き (5/25)

タイヤを使って体操をする南京の子供たち=ロイター

ロイター

人口世界一はインド? 中国が「過大見積り」か
(FT)
[有料会員限定]

 中国人の人口統計学者、易富賢氏の研究によると、インドが中国を抜き、世界最多の人口を抱える国になっている可能性がある。
 米ウィスコンシン大学マディソン校の科学者である易氏は、中国の当局者が1990年~…続き (5/24)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]