アジア最新ニュースの掲載を始めました

激震 習政権ウオッチ

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中国「君の名は。」ブーム、韓流凋落に見る危うさ  編集委員 中沢克二

(1/2ページ)
2016/12/21 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 中国で今、日本のアニメ映画「君の名は。」が大ヒットしている。12月初旬から中国各地で封切られ、日本映画としては歴代トップのハイペースで興行収入を伸ばし続けている。

 問題が山積する日中関係を巡る久々の良いニュースだけに素直に喜びたい。繊細なタッチで描かれた日本の美しい原風景は、10代、20代の中国の若者がまだ見ぬ日本を訪れる動機になるかもしれない、との期待もある。

 とはいえ、少し気になる動きがあっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップアジアトップ

激震 習政権ウオッチ 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

習主席の父を精神的に追い込んだ鄧小平(広東省深圳のモニュメント)

「毛沢東・鄧小平に並ぶ」習近平氏が抱く野心
 編集委員 中沢克二
[有料会員限定]

 中国を「改革・開放」に導いた最高指導者、鄧小平の死去から20年を経た2月19日。故郷の四川省広安市、ゆかりの深い広東省深圳市などで献花式があった。ところが、肝心の中央では目立った記念行事がなかった。…続き (2/22)

失踪した大富豪に習近平氏が迫る「踏み絵」 [有料会員限定]

 中国の旧正月前の大みそか、香港島のランドマークである高級ホテル「フォーシーズンズ」のアパートメントから、著名な中国出身の大富豪が消えた。中国の「強力部門」(法も無視して動ける国家権力機関)の面々に強…続き (2/15)

最高指導部人事の焦点である共青団ホープの胡春華・広東省党委員会書記(2013年3月、北京市)

新・旧国家主席、「子飼い」巡り広東で前哨戦
 編集委員 中沢克二
[有料会員限定]

 中国の旧正月を意味する春節の休暇期間中、中華圏の政治を巡る最大の話題は、やはり来る第19回共産党大会の最高指導部人事だった。とりわけ、習近平(63)の後継者がおぼろげながら見えてくるかが焦点である。…続き (2/8)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]