エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「30年に太陽光で全電力の2割」、米政府の野望

(1/2ページ)
2017/1/18 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 2030年までに太陽光発電のコストを2020年時点の半分に下げる――。米エネルギー省(Department of Energy: DOE)は2016年11月、「2030ゴール」を発表した。電力会社による発電事業のためのメガソーラー(大規模太陽光発電所)のコストを、「2030年には3米セント/kWhまで引き下げる」という目標を掲げた。

 DOEは2011年に、太陽光発電システムのコスト削減に向けた「サンショット・イニシアティブ(SunShot Initiative)」と呼ばれる10年間に及ぶ技術開発プロジェクトを開始した。

 この「サンショット2020」の開始時のゴールは、2010年に27セント/kWhだった発電事業用のコストを、「2020年に約70%減の6セント/kWhに削減する」というものだった。このコストは、従来の化石燃料の発電コストに匹敵する。ちなみに、太陽光の発電コストには税額控除などの補助金は全く含まれていない。

「サンショット2030」で挑戦的な新目標を設定(出所:The Department of Energy)
画像の拡大

「サンショット2030」で挑戦的な新目標を設定(出所:The Department of Energy)

■住宅用の目標は5セント/kWh

 その後、太陽光発電産業は目覚ましく進展し、2010年には 27セント/kWhだった発電事業用のコストは、現時点で7セント/kWhまで下がっている。サンショット開始5年で、既に2020年のゴールの約90%を達成するにまで下がっている。

 この進展により、DOEはメガソーラーの均等化発電原価(Levelized Cost of Electricity : LCOE)を2030年には、2020年時点の半分の水準となる「3セント/kWh」に削減する新たなゴールを設定した。

 さらに、発電事業用と同じように住宅用と非住宅用(商業用)のコスト目標も大幅に引き下げた。非住宅用の発電コストは2020年の7セン//kWhから4セント/kWhへ、住宅用の発電コストは2020年の9セント/kWhから5セント/kWhに設定された。

 ちなみに、現時点での非住宅用の発電コストは13セント/kWh、住宅用の発電コストは18セント/kWhである。発電事業用ほどではないが、2020年のゴールの70%はすでに達成している。

「サンショット2030」での太陽光発電コストの将来目標(出所:The Department of Energy)
画像の拡大

「サンショット2030」での太陽光発電コストの将来目標(出所:The Department of Energy)

■3米セント/kWh達成への道のり

 「3セント/kWh」という目標はかなり挑戦的に見えるが、実際にそれを達成するためにさまざまな現実的な行程が挙げられている。

 例えば、太陽電池 、太陽電池以外のハードウエア、ソフトウエアとO&M(運転管理・保守点検)のコスト削減、太陽電池の変換効率とシステムの信頼性の飛躍的な向上・改善が含まれている。さらに、資本費の大きな削減もプラスになるとされている。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

軽量化した「黒霧島」720ミリリットル瓶

売電2.5億円 霧島酒造、食品廃棄物でバイオガス発電 [有料会員限定]

食品廃棄物の削減・処理とリサイクル、再生可能エネルギー発電による売電の“一石三鳥”を狙う技術が普及し始めた。工場や、飲食店から出るバイオマス(生物資源)である生ゴミを使う「バイオガス発電」だ。…続き (8/18)

キユーピー、食品ロス減へ マヨネーズ賞味期限を延長 [有料会員限定]

 まだ食べられるはずの食品が廃棄される「食品ロス」。世界では毎年13億トンが廃棄されており、社会問題となっている。日本では2014年度に621万トンの食品ロスが発生しており、これは全世界の食糧援助量の…続き (7/19)

「ポスト炭素繊維」30年に1兆円市場へ、量産元年 [有料会員限定]

 「セルロースナノファイバー(CNF)は今後の事業の柱として期待が大きい。2017年はエポックメーキングな年になる」。日本製紙の馬城文雄社長は言葉に力を込めた。2017年4月25日、同社の石巻工場(宮…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月19日(土)

  • iPad Pro 10.5インチはPCの代替となるか―仕事環境に必要な3つのこと
  • VR向けバックパック型ゲーミングPCも登場―日本HP、「OMEN by HP」を刷新
  • Appleの「ARメガネ」がなんと新型iPhoneイベントで同時発表?

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト