自動運転

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

勝負は夜間・雨天 デンソー、競争力生む「山奥の基地」

(1/2ページ)
2017/1/25 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経テクノロジーオンライン

 「今後5年で、カメラやセンサーはかなり多くの新車に搭載されていく。きちんと性能を評価できることが我々の競争力になる」――。

 デンソーの常務役員で技術開発を担当する加藤良文氏の読みである。運転支援システムや自動運転に向けた部品において、「品質の作り込み」(同氏)に注力する開発方針を示した。同社が品質を作り込む上で重要な拠点になっているのが、愛知県岡崎市に構える「額田テストセンター」である。

 名古屋駅からバスに揺られること1時間半。人里離れた山奥に、東京ドーム約21個分に相当する総面積100ヘクタール(1平方キロメートル)の施設が現れた。

 額田テストセンターの開設は1984年。全長2.6kmの周回路を始め、浸水路や登坂路など、様々な環境を模擬した部品の耐久性評価を実施してきた(図1)。積み重ねてきた30年の歴史をあちらこちらに感じながらコースを見学していると、“白さ”を保った建屋が目に飛び込んできた。「自然環境試験棟」。建屋の外壁にはこう記されていた。

図1 デンソーの「額田テストセンター」。筆者は2016年12月8日に視察した
画像の拡大

図1 デンソーの「額田テストセンター」。筆者は2016年12月8日に視察した

図2 全長200mの屋内コースを備える自然環境試験棟
画像の拡大

図2 全長200mの屋内コースを備える自然環境試験棟

 自然環境試験棟の最大の特徴は、夜間と雨天を再現できることだ。交通事故総合分析センター(ITARDA)によると、歩行者死亡事故の約7割が夜間に起こっている。晴天に比べて視界の確保が難しい雨天時も、事故を起こしやすい。

 こうした事故リスクの高い状況でも、きちんと自動ブレーキなどADAS(先進運転支援システム)が機能するように、この試験棟で性能を評価できるようにした。全長200mで幅10mの直線コースを屋内に備え、再現性を確保した状態で試験車両を走らせることが可能だ(図2)。

 自然環境試験棟が完成したのは2014年8月だが、ここにきて開発の成果物も出始めている。夜間の歩行者認識を可能にした車載用画像センサーがそれだ。欧州や日本の自動車アセスメント「NCAP」が2018年に追加予定の、夜間の歩行者への自動ブレーキの評価に対応することを狙う。

■150灯で晴天から月明かりまで再現

 「照明を落としてください」。試験の担当者が指示を出すと、自然環境試験棟に150灯配置した照明は、二つを残して消灯した。明るさは2~3lx(ルクス)で、夜間に街灯が点いている状態に近い。NCAPの試験シナリオは決定していないが、「この明るさでヘッドランプを照らした状態を想定している」(同担当者)という。

図3 肉眼では写真中央に2本の足がわずかに見えるほどの暗さ。それでも画像センサーは歩行者を模したダミー人形の存在を認識できた
画像の拡大

図3 肉眼では写真中央に2本の足がわずかに見えるほどの暗さ。それでも画像センサーは歩行者を模したダミー人形の存在を認識できた

 ヘッドランプで照らす数十m先には、歩行者を模したダミー人形がある。肉眼でははっきりと見えなかったが、新開発した画像センサーは確かに人の存在を捉えた。高感度で光量の少ない夜間でも正確に被写体を撮影できるソニー製のCMOSイメージセンサーを採用したことが効いた。

 試験の担当者が「街灯も消してください」と発すると、試験棟は一段と暗くなった。明るさはわずか0.02lxという。それでも、画像センサーはダミー人形を歩行者として検知し続けた(図3)。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

自動運転 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

クラウド・車載機器の連携が生む「新・企業相関図」

 自動運転車の開発において、新たな二つのトレンドが生まれている。一つは、「完全自動運転時代」を見越した開発テーマの推進。もう一つは、常時ネットに接続している「コネクテッドカー」ならではの特性を活用した…続き (5/17)

車体上部にドローンの発着機能を備える完全自動配送トラックのコンセプトカー「 The Vision Van 」(出所:Daimler)

未来のクルマ、ブロックチェーンで安全に鍵シェア

 自動運転車の開発において、新たな二つのトレンドが生まれている。一つは、「完全自動運転時代」を見越した開発テーマの推進。運転支援とは異なるアプローチで、ドライバーや乗員に対する移動時の快適さや安全確保…続き (5/12)

ヒアの交通情報クラウドサービスのイメージ=同社提供

クラウド地図構築で存在感、HEREが見通す自動運転時代

 完全自動運転の世界では、走行する道路の地図情報の精度だけでなく、走行エリアの交通規制や混雑情報も重要となる。事故が起こって渋滞が始まりつつあるとき、事故地点に向かっている走行車両が事故情報をいち早く…続き (4/4)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト