Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

スマホアプリで挑む脳梗塞「時間との闘い」

(1/3ページ)
2017/1/10 6:30
保存
印刷
その他

日経メディカルオンライン

 「時間との勝負」である脳血管疾患治療にスマートフォン(スマホ)アプリで挑む。東京慈恵会医科大学付属病院が導入した「Join」は、こうした狙いで開発されたアプリだ。今後、医療現場でのスマホやアプリの活用が拡大していくと見込まれるなか、単体のソフトウエア(アプリ)として初めて保険適用となったことでも注目を集めている「Join」。一体どんなものなのか。その効果を聞いた。

「脳卒中治療の時間との闘いにアプリを生かす」と意気込む東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座の高尾洋之氏
画像の拡大

「脳卒中治療の時間との闘いにアプリを生かす」と意気込む東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座の高尾洋之氏

 「一度、このアプリを使った医師は、必ず次も使いたいと話す。他の病院に異動しても、その病院にアプリを導入したいと言うほどだ」。東京慈恵会医科大学先端医療情報技術研究講座准教授で、脳神経外科医の高尾洋之氏はこう話す。

 東京慈恵会医科大学付属病院で導入した「Join」は、複数の医療関係者間でコミュニケーションを取るためのアプリだ。チャット機能を持ち、コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像装置(MRI)、心電図など各種の医用画像や手術室内の映像をリアルタイムに共有することもできる(図1)。あらかじめ登録した医療関係者だけが情報をやり取りできる、いわばクローズドなSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)と言えば分かりやすいだろう。

図1 Joinではスマホを使って、チャットや医用画像の共有、手術室内の映像共有などが可能(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)
画像の拡大

図1 Joinではスマホを使って、チャットや医用画像の共有、手術室内の映像共有などが可能(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)

 病院情報システム(HIS:Hospital Information System)と連携する機能を備え、DICOMビューワでの医用画像表示(拡大/縮小/階調変更など)が可能。データのやりとりはクラウド(米アマゾン・ドット・コムのパブリッククラウド)を活用しており、アプリはiOSとAndroid(アンドロイド)の両方に対応する。ちなみにDICOMとは、CTやMRIで撮影した画像のフォーマットとそれを共有するための通信プロトコールを定めた、米国放射線学会などが作った標準規格のことだ。

 このアプリを開発したのはベンチャー企業のアルム(東京・渋谷)。そして、医療現場の視点から開発に協力したのが、脳動脈瘤の治療に使う塞栓用コイルを開発したことでも知られる東京慈恵会医科大学脳神経外科教授の村山雄一氏らのグループである。高尾氏は同グループの中心的存在として関わった。開発の狙いは、脳血管疾患治療における「時間との勝負にスマホアプリで挑む」(高尾氏)ことだ。

 脳梗塞治療においては、発症から4.5時間以内に脳血栓溶解剤の「t-PA」を投与したり、8時間以内に血栓除去デバイスによる血管内治療を実施したりすれば、後遺症を軽減できる可能性が高いとされる。発症後、いかに迅速かつ適切に処置できるかどうかで、患者の生死や予後が大きく左右される。

 しかし、専門医が緊急時対応のために病院に24時間常駐するのは現実的ではない。また、その場にいる医師一人で解決できることも限られている。そこで、スマホアプリを活用して、緊急時のチーム医療を実現する環境を構築しようというのが高尾氏らの取り組みだ。

 例えば、専門医が院内にいなくても、脳梗塞を発症した患者が搬送された病院で撮影された検査画像などを専門医のスマホで閲覧できる。そうすれば専門医がどこにいても、画像を見て治療に必要な処置のアドバイスをすることが可能になる。D to D(Doctor to Doctor)の遠隔医療を支援するツールがJoinなのだ。

■3642症例で誤診なし

 東京慈恵会医科大学附属病院では、2015年に計3000台を超えるiPhoneを導入するなど、さまざまな医療業務のICT(情報通信技術)化を進めている。JoinもこのiPhoneを活用したプロジェクトの一環だ。

 実際にJoinを使った効果はいかなるものなのか。同病院では、Joinの導入前後で患者の入院日数や総医療費に変化が見られたという。具体的には、脳梗塞で搬送されてきた救急患者1人当たり、入院日数が1.6日、総医療費は6万円ほど減った(図2)。

図2 東京慈恵会医科大学付属病院におけるJoin導入前後の実績の比較。脳梗塞での救急患者の1人当たりの値を示した(非手術例含む)(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)
画像の拡大

図2 東京慈恵会医科大学付属病院におけるJoin導入前後の実績の比較。脳梗塞での救急患者の1人当たりの値を示した(非手術例含む)(高尾氏の資料を基に日経デジタルヘルスが作成)

 一方で、患者1人当たりの1日単価(医療費)は1400円アップした。入院日数と総医療費の変化も含め、「短期間に適切な処置を施せている結果だろう」と高尾氏は見る。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

コートに設置されたタブレットに表示される映像とデータ。映像は、レッスンで自分が打った直後に見られるよう遅延時間を設定できる(写真:ソニー)

ソニー、テニスセンサー「大量導入」に描く成功シナリオ

まったく新しいチャレンジ――。今から2年半以上も前、個人向けのスポーツセンサー事業に参入したソニー。かつて経験のない地道な普及活動を経て、この春、大きなステップを踏み出す。…続き (2/22)

クルマの頭脳にiPhoneで鍛えた技術 デンソーが検討 [有料会員限定]

 クルマを制御するECU(電子制御ユニット)の性能を左右するプロセッサーIC(集積回路)。そのパッケージ技術が大きく変わる兆しが出てきた。自動車業界で、米Apple(アップル)が2016年9月に発売し…続き (2/21)

南棟の減築工事の現場。7階の床スラブを撤去している様子。2016年6月に撮影した(写真:青森県)

「40年延命」目標 青森県庁舎、上層階減築で費用抑制 [有料会員限定]

 青森県が築55年の庁舎の一部を減築する工事を進めている。建物を“減量”して、耐震改修費を抑える手法を活用した。さらに40年の継続利用を見据えた改修を目指す。外断熱による省エネや全面ガラス張りによる清…続き (2/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年2月24日付

2017年2月24日付

・医師・薬局・介護事業者で服薬状況を共有 EMシステムズ
・封印薬、途上国救え エーザイがNPOと熱帯病薬開発へ
・風車用軸受け、中国に的 日本精工が生産移管
・日立工機 買収独社と販売再編
・体内で溶けるステント テルモ、自社開発に転換…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト