ニッポン改造

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

中央線「20年グリーン車導入」へ 青梅駅に新ホーム

(1/3ページ)
2016/12/30 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経コンストラクション

 東京五輪が開催される2020年、JR中央線・青梅線に新たな客席空間が生まれる。東日本旅客鉄道(JR東日本)の着席サービスの一つ「普通列車グリーン車」だ。現在、10両で走る列車に、新たに2両のグリーン車を追加。12両で運転する4年後を見据え、駅や線路の工事が始まっている。青梅線の青梅駅では、新たなホームが出現し始めた。

青梅駅2番線と仮3番線の間に出現した新ホーム(写真:大野雅人)
画像の拡大

青梅駅2番線と仮3番線の間に出現した新ホーム(写真:大野雅人)

 中央線の東京─大月間と青梅線の立川─青梅間にグリーン車を導入するとJR東日本が発表したのが2015年2月。

 その1年後、同社八王子支社は、2020年の12両化に合わせて新たなホームを置く「第二乗降場新設工事」に着手。2019年秋の完成を目指し、島式の既存ホーム(1.2番のりば)の北側に新たなホーム(第二乗降場)が出現した。

 青梅駅は2016年10月末現在、1.2番ホームに接する線路のほか、多摩川へ向く駅舎に最も近い側に側線1本、青梅市立第一小学校側(山側)に電車留置線が3本(電留1~3)ある。

 新ホームは、2番線の北側の線路1本を撤去した跡地に設置。1番線と2番線の間の既存ホームに、2番線と将来の3番線の間に新ホームを追加し、「2面3線」にする。

青梅駅1.2番ホーム東京寄りから見た新ホーム。線路は写真左から「下本」(1番線)、「上本」(2番線)、「上1」、「電留1」、「電留2」、「電留3」と並んでいる(写真:大野雅人)
画像の拡大

青梅駅1.2番ホーム東京寄りから見た新ホーム。線路は写真左から「下本」(1番線)、「上本」(2番線)、「上1」、「電留1」、「電留2」、「電留3」と並んでいる(写真:大野雅人)

駅舎に近い側線の線路は撤去作業が進む(写真:大野雅人)
画像の拡大

駅舎に近い側線の線路は撤去作業が進む(写真:大野雅人)

 駅舎側の側線は、線路を撤去する工事が進み、2番線の山側では、4~5両分のホームが出現。架線付近には、3番線となる予定の線路の上に「上1」という札が付いていた。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニッポン改造 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 送り出し架設する人道橋。鋼箱桁の先端に取り付けたカラフルな手延べ機が、日本橋川と首都高都心環状線の高架橋との間を通る。対岸に見える新しい護岸は、人道橋の架設に合わせて改修したもの。右奥は東京・大手町の再開発エリアで工事が進む32階建ての超高層ビル。2017年2月上旬に撮影(写真:大村 拓也)

首都高直下の交錯空間に橋通す「日本橋川人道橋工事」 [有料会員限定]

 東京・大手町の再開発事業に合わせて日本橋川に人道橋を架設する。首都高速道路の高架橋やトンネル、超高層ビルの建設現場などに上下左右を囲まれる中、限られた空間を駆使して工事を実施。約100mの桁を半年か…続き (5/23)

新習志野─海浜幕張間にある京葉車両センター。手前の高架橋が京葉線上り本線(写真:大野雅人)

事業費180億円 京葉線「幕張新駅」構想が始動

 JR京葉線の新習志野─海浜幕張間につくる新駅の構想が動き出した。駅舎はイオンモールがある海側に向いて建つイメージで、車両基地で分断された山側とを結ぶ自由通路の計画も同時に進める。計画予定図を見ると、…続き (5/3)

阪神なんば線・近鉄奈良線などにも直通する阪神1000系電車(写真:大野雅人)

大阪の洪水リスク、堤防より低い阪神線「鉄橋」撤去へ

 淀川河口部で計画堤防高より低い阪神なんば線の「淀川橋梁」を架け替える。橋のかさ上げに伴い、川の両岸にある2駅も造り替える大事業だ。このほど行政や鉄道事業者からなる協議会の初会合が開かれ、事業が本格的…続き (4/11)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

2017年7月21日付

  • アマゾンのアプリで実店舗の決済を―「Amazon Pay Places」が始動
  • ユーザーはいつサイトを見ているのか? 「朝型サイト」「夜型サイト」行動ログ調査
  • 近い将来に飛躍的進歩が期待される最新テクノロジー5選

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト