Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]イタリア、英のEU離脱以上の脅威

(1/2ページ)
2016/12/7 6:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 ポピュリズム(大衆迎合主義)への欧州の反撃は、数時間、上首尾に運んでいた。4日日曜日の午後、オーストリアの大統領選挙で極右候補が負けたことが判明した。だが、オーストリアからの朗報は、同日夜、アルプス山脈の反対側から伝わってきた悪い知らせによってかき消されてしまった。イタリアのレンツィ首相が憲法改正に関する国民投票で敗北し、辞任することを正式に認めたからだ。

 イタリアの国民投票の結果が欧州に与える影響は、6月の英国の国民投票ほどには明白に劇的ではない。英国民は投票で欧州連合(EU)離脱を決めた。イタリア国民は単に、多くの専門家がそもそも構想からしてまずいと考えていた複雑な憲法改正を拒否しただけだ。

 それでも、ブレグジット(英国のEU離脱)とレンツィ氏の辞任は確かに、同じ物語の一部を構成している。欧州統合プロジェクトは、前代未聞の重圧にさらされている。英国の離脱の決断は、これを裏付ける最大の証拠だ。だが、長期的には、イタリアで展開している危機の方がEUの存続に重大な脅威をもたらす恐れがある。政治的、経済的、さらには地理的な理由による。

■親欧州からの転換

 イタリアは、英国とは異なり、EUの創設メンバー6カ国の1つだ。EUの前身に当たる欧州経済共同体(EEC)は、1957年に調印されたローマ条約によって創設された。英国民は常にEU主要加盟国の中で最たる欧州懐疑派だったが、イタリア国民は伝統的に最も熱心な統合主義者だった。だが、イタリアでは、EUに対する態度が著しく変わった――長期的な経済停滞、ユーロ危機、不法移民への不安を受けてのことだ。

 イタリアの有権者が現状に幻滅しているのは、決して意外ではない。イタリアは2008年の金融危機以降、工業生産高を少なくとも25%失った。若年失業率は40%に迫る水準にある。驚くまでもなく、多くのイタリア人は通貨ユーロの出現を恐慌に近い不況と結びつけている。実際、一部のエコノミストは、ユーロはイタリアの競争力に破滅的な影響を与え、国から通貨切り下げの手段を奪い、債務負担を重くするデフレ環境を生み出したと考えている。

 この暗い背景を考えると、レンツィ氏はイタリアの伝統的な親欧州の立場を代表する最後のイタリア首相の一人となる可能性がある。最近では、レンツィ氏でさえ、ブリュッセルたたきに走るようになり、イタリアの海岸に上陸する何十万人もの難民に対処するための支援をEUが与えてくれないことへの無理からぬ幻滅感を表明している。またレンツィ氏率いる政府は、ベルリンとブリュッセルで処方された経済緊縮策にもいら立っていた。

 とはいえ、レンツィ氏は基本的に親欧州派であり続けた。今、表舞台に出るのを待ち構えている野党各党については、それが当てはまらない。コメディアンのグリッロ氏が率いる「五つ星運動」は、レンツィ氏を倒すうえで大きな役割を果たした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

パキスタンで燃やされるインド国旗。印パの建国の父たちは宗派対立は望んでいなかった=AP

AP

[FT]印パ分離独立70年、現代にも通じる教訓(社説) [有料会員限定]

 今週、インドとパキスタンでは祝賀と哀悼が絡み合っている。両国は大英帝国植民地からの独立と目覚ましい経済発展を祝う一方、ヒンズー教徒が多数を占めるインドとイスラム教徒が圧倒的に多いパキスタンに分割され…続き (8/17)

イラスト James Ferguson/Financial Times

[FT]危険な国になった米国 窮地の政権、紛争頼る恐れ [有料会員限定]

 米国は「世界平和に対する脅威だ」という主張は、ロシアやイランが長年広めてきたプロパガンダ(宣伝工作)の核心だった。西側同盟諸国にとってはつらいことだが、今やこの主張がある程度の真実を含んでいると認め…続き (8/16)

香港上場の国有企業30社超が、会社の中核に共産党を据える文章を定款に加えたことで、海外投資家の間で懸念が広がっている=ロイター

ロイター

[FT]中国の主要企業30社超の定款「党が方向性管理」 [有料会員限定]

 中国共産党が国内最大級の多くの企業の定款に党の存在を書き込んだことで、中国政府が市場に対する統制を緩めるとの投資家の期待に打撃を与えている。
 株式時価総額が合計で1兆ドルを超える香港上場の国有企業3…続き (8/16)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

8/17 1:00更新 ビジネスリーダー 記事ランキング

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/14の予定>
  • 【国内】
  • 4~6月期の国内総生産(GDP)速報値(内閣府、8:50)
  • 8月のQUICK外為月次調査(11:00)
  • 7月の投信概況(投資信託協会、15:00)
  • 4~6月期決算=富士フイルム、出光興産
  • 【海外】
  • 7月の中国工業生産高(11:00)
  • 7月の中国小売売上高(11:00)
  • 1~7月の中国固定資産投資(11:00)
  • 1~7月の中国不動産開発投資(11:00)
  • タイ市場が休場
  • 7月のインド消費者物価指数(CPI)
  • 7月のインド卸売物価指数(WPI)
  • 6月のユーロ圏鉱工業生産(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/15の予定>
  • 【国内】
  • 閣議
  • 7月の首都圏・近畿圏のマンション市場動向(不動産経済研究所、13:00)
  • 6月の鉱工業生産指数確報(経産省、13:30)
  • 【海外】
  • 豪中銀理事会の議事要旨公表(1日開催分、10:30)
  • 4~6月期の独国内総生産(GDP、速報値)
  • 7月の英消費者物価指数(CPI、17:30)
  • 7月の米小売売上高(21:30)
  • 7月の米輸出入物価指数(21:30)
  • 8月の米ニューヨーク連銀製造業景況指数(21:30)
  • 6月の米企業在庫(23:00)
  • 8月の全米住宅建設業協会(NAHB)住宅市場指数(23:00)
  • 6月の対米証券投資(16日5:00)
  • 5~7月期決算=ホーム・デポ
  • 韓国とインドが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/16の予定>
  • 【国内】
  • 8月のQUICK短観(8:30)
  • 1年物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 7月の訪日外国人客数(日本政府観光局、16:00)
  • 【海外】
  • 6月の対米証券投資(5:00)
  • タイ中銀が政策金利を発表
  • 4~6月の英失業率(17:30)
  • 4~6月期のユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(18:00)
  • 7月の米住宅着工件数(21:30)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、17日3:00)
  • 5~7月期決算=シスコシステムズ
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/17の予定>
  • 【国内】
  • 7月の貿易統計速報(財務省、8:50)
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 5年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 【海外】
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25~26日開催分、3:00)
  • 7月の豪雇用統計(10:30)
  • 4~6月期のフィリピン国内総生産(GDP)
  • 7月の英小売売上高(17:30)
  • 6月のユーロ圏貿易収支(18:00)
  • 欧州中央銀行(ECB)理事会の議事要旨公表(7月20日開催分)
  • 米新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 8月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数(21:30)
  • 7月の米鉱工業生産(22:15)
  • 7月の米設備稼働率(22:15)
  • 7月の米景気先行指標総合指数(23:00)
  • 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の初会合(ワシントン、20日まで)
  • 日米外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2、ワシントン)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(18日2:00)
  • カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁が討議に参加(18日2:45)
  • 5~7月期決算=ウォルマート・ストアーズ
  • インドネシアが休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/18の予定>
  • 7月の中国70都市の新築住宅価格動向(10:30)
  • 4~6月期のマレーシア国内総生産(GDP)
  • 8月の米消費者態度指数(速報値、ミシガン大学調べ)(23:00)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が討議に参加(23:15)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]