最新の市場情報

※営業日はリアル更新
日経平均株価(円) 20,225.63 +72.28
日経平均先物(円)
大取,17/09月
20,190 +70

[PR]

豊島逸夫の金のつぶやき

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

イタリア現地リポート 市民の悲痛な声

2016/12/6 12:06
共有
保存
印刷
その他

 北イタリア、ベネト州のビチェンツァ(Vicenza)といえば、世界の金宝飾製造業の「聖地」だ。毎年開催されるビチェンツァ宝飾展には世界中から有力業者が集い、現地メーカーとの商談を行う。

 今回、筆者がイタリア現地視察にベネト州を選んだのも、同地域の宝飾メーカー社長からの悲痛なメールがキッカケだった。

 グローバリゼーションの波は、この伝統産業の地域をも容赦なく直撃。いまや金宝飾品の製造拠点の多くが、トルコやインドネシアなど新興国に移転した。

 地元の歴史ある銀行バンコ・ポポラーレ・ディ・ビチェンツァも、ご多分にもれず、多額の不良債権を抱えた。

 その社長が祖父の代から主要な個人資産として保有していた同銀行の株式も「紙くず同然の値」になり、今や家計は火の車だ。

 ベネト州といえば、イタリアでも有数の経済力を誇る地域である。アパレルのベネトン、サングラスのレイバンなど多くの世界ブランドを生み出した。ワインでも「ベネト」の人気は高い。

 その地元経済を代々支えてきたのが、同銀行とベネト・バンカであった。いずれも19世紀に設立されている。

 「先祖からつき合いの続く銀行で、いつでも笑顔で貸し出しに応じてくれた。持ちつ持たれつ。その銀行の株式を、預金感覚で、主要な家計資産として保有することは当たりまえの事と父から言われた。それが、まさか、こんなことになろうとは」

 社長はいまだに信じられないという様子で語る。

 当座の資金を捻出するため、その銀行株の一部を売却しようとしたら、ローンを提示されたという。株式とローンのスワップである。これが、イタリアの地方銀行では、経常的に行われていた。

 貸し出しの条件に、貸出金の一部で、同銀行株を購入する商習慣も広範に普及していた。

 「事業は行き詰まり、手元に残ったのは、紙くず同然の銀行株と、ローンだけ」と社長は嘆く。そして、憤りのはけ口は政府に向かう。「銀行監督当局は何をしていたのか」

 その銀行問題にメスを入れ、改革に取り組む姿勢を見せたのがレンツィ首相であった。

 しかし、欧州連合(EU)は公的資金による銀行救済に制限を付けているため、銀行株を預金感覚で保有していた個人に痛みが及ぶ。社長の怒りもレンツィ首相に向けられた。

 「今の首相はEUの手先だ。我々、地元の声を反映する制度のどこが悪いのだ。そもそもイタリアは都市国家の集合体だ。だから、国債より、地元の銀行の発行する株や債券を保有してきたのだ」

 ちなみに銀行不安が噴出した当初、ベネト州知事は「地元銀行への支持がこの州の独立性を守る」と説いたという。現在は、地元経済を支えてきた両銀行が合併し、地元の雇用を奪うとの噂も流れているそうだ。

 昨年、年金暮らしの老人が、銀行の劣後債で10万ユーロを失い自殺した話がタブロイド紙をにぎわせたこともある。

 昔は良かった、と長話は続き、その晩は、社長宅に泊まることになった。もう冬の底冷えが厳しい北イタリアの風土で、プロシュート(生ハム)とパルメジャーノ(チーズ)をつまみに飲むベネト・ワインは、地元では安価なれど至極の味だ。

 しかし、外の風は荒れ模様。昨日の本欄の見出しを「イタリア発、冬の嵐」と書いたゆえんだ。

 翌朝は投票日。社長の車で投票所に向かったが、不正投票撲滅のため、警戒がことのほか厳しい。投票から車に戻った社長は、「もちろんNO(改革反対票)さ」と胸を張った。

豊島逸夫(としま・いつお)
 豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱東京UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経ヴェリタス「逸’s OK!」と日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層心理」を連載。
・公式サイト(www.toshimajibu.org)
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuo.toshima@toshimajibu.org

豊島逸夫が語り尽くす 金 為替 世界経済

出版:日経BP社
価格:1026円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

豊島逸夫の金のつぶやきをMyニュースでまとめ読み
フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!