FinTech

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「信用機能」解放 ブロックチェーンでビジネス大変革
ビジネスブロックチェーン(上)

(1/2ページ)
2016/12/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

 仮想通貨ビットコインを支える技術、「ブロックチェーン」が話題を集めている。ブロックチェーンは、ビットコインだけでなく、さまざまなビジネスを大きく変える可能性を秘めているためだ。

 もしあなたがブロックチェーンの衝撃をまだ体験していなくても、間違いなくもうじき味わうことになるだろう。

■改ざんも消去もできず永遠に取引記録

著者であるカナダのバーチャル・キャピタル・ベンチャーズ ゼネラルパートナーのウィリアム・ムーゲイヤー氏。同社は分散型技術や分離型アプリケーションに特化して投資している。同氏は1997年に『デジタルマーケットの幕開け』『ビジネスインターネット』を上梓。Fortune500に名を連ねる企業に、長年にわたって幅広い分野のアドバイス、講演を行っている
画像の拡大

著者であるカナダのバーチャル・キャピタル・ベンチャーズ ゼネラルパートナーのウィリアム・ムーゲイヤー氏。同社は分散型技術や分離型アプリケーションに特化して投資している。同氏は1997年に『デジタルマーケットの幕開け』『ビジネスインターネット』を上梓。Fortune500に名を連ねる企業に、長年にわたって幅広い分野のアドバイス、講演を行っている

 インターネットの登場以来、これほど想像力をかきたて、しかも急速にここまで広まったものは他にない。

 ブロックチェーンの本質は、改ざんも消去もできず、ただ連続的に追記していく方法で永遠に取引を記録し続けるところにある。一見シンプルな機能に見えるが、 その可能性は計り知れない。ブロックチェーンの登場により、取引、データ保存、資産の移動に関する方法の見直しが迫られるだろうが、それも序の口に過ぎない。

 ブロックチェーンは単なる技術革命ではない。現在進行形であり、その波はゆっくりと押し寄せ、行く手にあるものすべてを巻き込む。1990年に誕生したウェブ(Web)がインターネットの「第1レイヤー」だとしたら、ブロックチェーンはその上を覆う重要な「第2 レイヤー」である。信用の固定概念を揺るがし、再構築を迫るので「トラストレイヤー」と呼んでもいい。

 ブロックチェーンは数十年間も浸透してきた考え方を否定し、従来の企業モデルや社会的でグローバルな機関、ガバナンス、人々の生き方に至るまで全面的に変える力がある。確実で間違いのない自動検証システムを提供し、中央集権型の管理と取引システムに異議を申し立てる。改革が急進的過ぎて、変化の過程で抵抗にあうだろう。

 取引先の検証もブロックチェーンが肩代わりすることになり、銀行、大企業、清算機関、政府など、中央機関にゆだねられていた信用は管理者から解き放たれる。

■信用は“暗号化された証拠”に

 ブロックチェーンを取り巻く状況は 16 世紀のヨーロッパ中世に似ている。当時、職業別組合(ギルド)は自分たちの職能技術を独占し、外部に漏れないようにしていた。彼らはカトリック教会や王権と結びつき、知識が他者に広まらないよう印刷物を統制して検閲を行った。

 知識を印刷物にすることが違法行為になるとは現在では考えもつかないが、ほとんどのヨーロッパ諸国で印刷業は免許制であり規制の下に置かれたのだ。しかし中央支配と独占は長続きすることはなく、印刷技術の爆発的な発展と拡大によって知識は解放され、自由に伝えられるようになった。現代の中央機関はギルドのように信用を強固に支配している。新しい技術の方が優れているのに、いつまでも従来の機関に信用を預ける必要はないと考えるのは自然なことだ。

 印刷技術の発展により中世の支配者が独占を放棄せざるを得なかったように、中央権力の外にあるブロックチェーンによって信用機能は解放されるだろう。

 ブロックチェーンは多くの側面を持ち、分散型台帳(同一の台帳情報を個々のシステムで所有できる技術)は一面に過ぎない。それだけを見て判断するのは、インターネットを単なるネットワークや情報発信プラットフォームととらえるのと同様に誤解を招く。その二つはインターネットに不可欠な特性だが、それだけでは十分でないように、ブロックチェーンもあらゆる面をすべて合わせたよりさらに偉大な存在なのだ。

 ブロックチェーンの支持者は、信用は自由であり、手数料やアクセス権限、認可の申請なども含めて中央集権型の機関に管理されるものではなく、互いに対等な関係で取引を行うピア・ツー・ピア(P2P)であるべきと信じている。信用は暗号化が可能であり、さらに高度な暗号化技術に裏付けられた数学上の見地をもとに確実に真偽も計算できる。

 端的に言えば、ブロックチェーンにより、信用は“暗号化された証拠”へと形を変えるのだ。そして官僚主義を生みだす単一機関とは対照的に、信頼の置ける個々のコンピューター(善良な参加者であるノード)により構成されるネットワークがセキュリティーを保障し、信用を維持する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

FinTech 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

フィンテックと地方創生をテーマにしたビジネスコンテスト「TSUBASAアライアンス Finovation Challenge」(26日、東京都・中央区)

地銀フィンテック連合 ベンチャーと地方創生 [有料会員限定]

 地方の活性化はメガバンクには任せられない――。少子高齢化など地方が抱える課題をフィンテックで解消しようとする地銀の連携が活性化している。突破口となるのは先端技術と斬新なアイデアを持つベンチャーとの協…続き (4/28)

第一生命保険は米プロテクティブ生命の買収で海外への足場を確立した(東京・千代田の日比谷本店)

生保にフィンテック AI・ビッグデータ駆使 [有料会員限定]

 生命保険大手が人工知能(AI)やビッグデータを駆使した「フィンテック保険」の開発を進めている。第一生命ホールディングス(HD)は糖尿病患者らが入れる保険商品の開発に着手。住友生命保険などは腕時計型の…続き (4/26)

三菱東京UFJ銀行

新送金システム国内連合、三菱東京UFJも参加

 三菱東京UFJ銀行は、みずほフィナンシャルグループや横浜銀行などで構成する新送金システムの検討グループに参加する。仮想通貨の中核技術である「ブロックチェーン」を活用し、低コストで送金する仕組みの構築…続き (4/24)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月28日付

2017年4月28日付

・プログラミング技術高い学生、面接行くと支援金 ギノ、IT企業の採用後押し
・旭化成 深紫外線LEDで殺菌 窒化アルミニウム活用
・メタウォーター、カンボジアで省エネ設備 浄水場ポンプの消費電力削減
・三井化学、化学品製造に使う触媒酵素、社外向けに開発
・ALSOK、水害時の避難を支援 介護施設の計画づくりや訓練…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト