CTO30会議

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

医療費問題、高品質データで生活習慣病防ぐ 経産省
CTO30会議(6)

(1/3ページ)
2016/12/14 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経BPクリーンテック研究所

 CTO(最高技術責任者)がビジョンを描く場合、「社会的課題の解決」を発想の起点とすることがある。この際、重要なのはどの社会的課題に注目し、その本質がどこにあるのかを見抜くことだ。今回は、深刻な社会的課題である高齢化に伴う医療費の問題を取り上げ、経済産業省ヘルスケア産業課長の江崎禎英氏に話を聞いた。経済産業省は、生活習慣病を未然に防ぐ方策として「エビデンス・ベースド・ヘルスケア(EBH)」の構築を目指している。また抗がん剤治療と緩和ケアを実施した場合の存命年数を比較し、2016年内にも結果を公表する予定である。

――超高齢社会における課題は何でしょうか。

写真1 経済産業省 江崎禎英課長(撮影:新関雅士)
画像の拡大

写真1 経済産業省 江崎禎英課長(撮影:新関雅士)

江崎 超高齢社会では高齢者が増えると誤解している人が多いのですが、65歳以上の高齢者の数が急激に増えるわけではなく、若者が減ることによって高齢者比率が増えるというのが実態です。しかも、今後65歳以上の人口は増えません。

 高齢化の進展に伴い深刻化している課題は2つあります。社会保障費の増加による財政の圧迫と労働力の減少です。労働力の減少は、生産年齢人口の減少に加えて、介護によって離職する人が増えていることも影響しています。今でも出産・育児のための休職より介護による離職が多くなっています。

――保育所などの待機児童解消、子育て支援といった少子化対策や外国人労働者の受け入れでは労働力の減少に歯止めがかからないのでしょうか。

江崎 少子化対策や外国人労働者の受け入れは、とても重要な政策課題です。ただ、これで人口構造が変わるわけではありません。

 団塊の世代が生まれた第1次ベビーブームと同じ出生率で子供が生まれ続けたとしても、人口減少が止まるのに約60年かかります。出生率の問題よりも出産適齢期の女性の数が減ることの方が影響は大きいのです。従って、少子化対策を進めても、高齢化の進展に歯止めを掛ける効果は見込めません。

 外国人労働者について言うと、彼らは非常に優秀です。ある日本の工場では高度な組み立てを外国人労働者に頼っています。問題はその子供たちです。外国人労働者の子供は、学校と家庭で異なる言語を使うことでバイリンガルになると思うかもしれませんが、多くの場合はどちらの言語も中途半端になります。言葉が中途半端なまま成長してしまった場合に、法令など社会規範の順守や経済的自立ができないかもしれません。そうした人々を支える体制も財政負担の準備も整っていません。その意味では、むやみに外国人労働者を増やすわけにはいきません。

――高齢者の人口が増えないのであれば、社会保障費は抑えられると思いますが、国民医療費と介護保険給付は増え続けています。なぜでしょうか。

江崎 医療技術の発達によって一人当たりの医療費が上がっているためです。そのため、高齢者が増えなくても医療費は増え続けます。

 今の社会保障費の考え方や仕組みが時代に合わなくなっています。1960年代から1980年代の人口構成をみると生産年齢人口がほとんどで、高齢者は1割にも満たないものでした。このため、手厚い社会保障給付をしても問題はなかったのです。ところが今後の人口構成では、若者と高齢者の比率はほぼ半々に近づいています。そして、長期の人口推計によれば高齢者の比率が半数近くを占める状態は約100年続くと見込まれます。むしろ1980年代以前の状態が例外で、若者と高齢者が半々という状況が普通という認識を持つべきなのです。

 日本の社会保障制度は、結核に代表される感染症対策を目的に整備されました。その結果、結核を撲滅しました。問題は、現在の医療費の約3分の1が生活習慣病に費やされているのに、社会保障制度は変わっていないことです。健康管理していようが、不摂生していようが、病気になれば同じように医療費の給付が受けられます。

 介護はさらに問題が大きいです。介護制度が良すぎて、一人でできることまで頼ってしまい、高齢者の自立心を損なっています。筋力維持や社会参加の機会となる着替えや買い物まで介助者が代わりに行ってしまうことで、高齢者が虚弱になってしまう面もあります。こうしたことが一人当たりの医療費を引き上げる原因になっています。

――医療費と介護費の増加を抑えるにはどうすればよいのでしょうか。

江崎 国民医療費の使用先は、高齢者に偏っています。これまで人生最後の数年間にそのほとんどが使われていると説明してきましたが、ある医療関係者から「今は人生最後の3日間で生涯医療費の3割を使っています」と訂正されました。それだけ偏りが激しくなっているのでしょう。

 乳幼児期を除き、リタイアするまでの間は医療費をほとんど使っていません。世界でも医療費が高齢者に偏っている状況は同じで、財政が苦しくなった英国やドイツでは65歳以上の糖尿病患者の保険適用をやめようと議論しています。フランスでも45歳以上の生活習慣病の保険給付率を下げようとしています。しかし、日本は一律に切り捨てるのではなく、医療費を正しく使うことで解決できると考えています。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

CTO30会議 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アイデアは若手に任せろ 日本車初エアバッグ開発者

 本田技術研究所で1987年に日本初の量産車向けエアバッグの開発・市販に成功するというイノベーションを起こした小林三郎氏。大半の経営陣が反対する中、粘り強く開発を続け、製品化にこぎ着けた。その経験から…続き (5/2)

味の素バイオ・ファイン研究所(川崎市川崎区)

オープンイノベーションが不可欠な時代 味の素

 味の素は、100年前に“うまみ”成分のグルタミン酸で事業を開始し、食品から医薬品、化粧品、電子材料へと領域を広げてきた。アフリカや東南アジアに市場を拡大する一方で、国連との協力による「ガーナ栄養改善…続き (4/7)

技術先行でなく顧客ニーズ起点、100事業展開のオムロン

 オムロンは1933年の創業時から、顧客のニーズに応える形で一つひとつ事業を立ち上げてきた。今では100以上の事業を持つ。企業全体として特定の事業に依存することはなく、最大規模の血圧計分野でも売上高は…続き (3/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月26日付

2017年5月26日付

・気になる商品、アプリで取り置き イポカが来店促進、交通インフラ企業と連携
・水素精製 実証大詰め 千代田化工、風力で水を電気分解
・ボッシュ日本法人、工場のIoT導入を倍増
・帝人、自動車向け複合材の拠点数 1.5倍に
・コニカミノルタ、X線画像の診断部鮮明に 新画像処理技術…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト