AI

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

AI研究過熱 日本は応用に力、欧米は深層学習高度化

(1/2ページ)
2017/1/10 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 求む、世界最速の人工知能(AI)用スーパーコンピューター(スパコン)。産業技術総合研究所(産総研)はAI処理を高速かつ省電力で実行できるスパコンを調達する計画を2016年10月28日に明らかにした。2017年度第4四半期以降に導入する。

 ピーク性能の理論値は130PFLOPS(Peta FLoating point Operations Per Second)以上と、現状でのスパコンの世界最高値…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《初割》実施中!日経電子版が2月末まで無料!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

AI 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

「患者申し出療養」は、うまく使えば難病治療の患者負担が安くなる

正答率55.6%、医師国家試験を解答するAIの正体

 慶應義塾大学は、医師国家試験の一部を自動で解答する人工知能(AI)プログラムを日本で初めて開発したと、2015年9月に発表した。手掛けたのは、同大学理工学部生命情報学科教授の榊原康文氏らのグループだ…続き (1/20)

新箱石トンネルにおけるシステム運用結果(資料:安藤ハザマ)

トンネル工事にAI 発破後の安定度を予測

 安藤ハザマは、古河ロックドリル(東京・中央)、マック(千葉県市川市)と共同で、人工知能(AI)を使って発破後の切り羽(トンネル掘削の最先端箇所)の安定度を自動的に予測するトンネル切り羽安定度予測シス…続き (1/23)

プラップジャパンによる謝罪会見トレーニング風景のイメージ

「もっとゆっくり」効果的な謝罪、AIが指南 [有料会員限定]

 このたびは誠に申し訳ありませんでした――。フラッシュがまたたく中、企業トップが深々と頭を下げる。ニュースでよく見かける謝罪会見の光景だが、釈明の仕方がまずく、反感を買って逆効果になってしまうことがあ…続き (1/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年1月25日付

2017年1月25日付

・サイト構築、成功報酬で 富士通 中堅飲食向けに安く
・マネキン進化論 メーカーの七彩、客層分析機能持たせる
・住友大阪セメント 石灰石の埋蔵量をドローンで測量
・日本ピストンリング ライン改造で生産能力2倍
・和光純薬 マウスの反応、ヒトに近く…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト