自動運転

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

侵入検知システムの導入も、自動運転で日独提案
自動運転時代のセキュリティー(下)

(1/3ページ)
2017/1/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 世界の自動車メーカーが直面する「セキュリティー対策」。自動運転車の開発に合わせて、ソフトウエアの遠隔更新機能や侵入検知システムの採用を求める動きが出てきた。自動車開発に変革を迫るセキュリティー対策の最新動向を追った。

 ハッカーへの対応と合わせて、自動車のセキュリティーに欠かせなくなるのが、無線通信で電子制御ユニット(ECU)のソフトウエアを遠隔更新する「OTA(over the air)」である…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

《春割》実施中!日経電子版が5月末まで無料。今すぐ登録!

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

自動運転 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ヒアの交通情報クラウドサービスのイメージ=同社提供

クラウド地図構築で存在感、HEREが見通す自動運転時代

 完全自動運転の世界では、走行する道路の地図情報の精度だけでなく、走行エリアの交通規制や混雑情報も重要となる。事故が起こって渋滞が始まりつつあるとき、事故地点に向かっている走行車両が事故情報をいち早く…続き (4/4)

自動運転のテスト走行をするZMPの「ロボカー」

「自動運転車の実用化は間近」の大いなる錯覚

 現在、人工知能(AI)技術として最も進んでいるのは自動運転技術である。既に運転サポート・アシスト機能としての提供が始まっており、世界の自動車メーカー各社がしのぎを削って開発を進めている。

 日本におい…続き (3/31)

羽田空港出発ロビーを座りながら実正実験する様子(ホンダ)

低速移動、1~2人乗り「自動運転EV」巨大市場へ [有料会員限定]

 人やモノの移動を低速/超低速で実現する、1~2人乗りの超小型電気自動車(EV)が開発ラッシュに沸いている。自動運転EV技術の適用先として大化けする可能性がある。これまで市場はないに等しい状態だったが…続き (3/29)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月27日付

2017年4月27日付

・イスラエル発、サイバー防衛 相次ぐ情報流出、国内企業向けに参戦
・弘前大、歩き方、センサーで計測
・がん細胞に10分で大穴 日本抗体医薬が治験めざす
・JFEエンジ、汚泥の焼却排熱で発電 下水処理場で電気代削減
・残価設定ローン使いやすく…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト