Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

[FT]トランプ氏の「米国第一」、退廃と衰退の始まり

(1/2ページ)
2016/11/11 3:30
共有
保存
印刷
その他

Financial Times

 ドナルド・トランプ氏が次期米大統領に決まったのは11月9日朝、ベルリンの壁崩壊からちょうど丸27年後だったことは何とも皮肉だ。壁の崩壊は米国のリーダーシップが勝利した瞬間だった――そして楽観主義と、リベラルで民主的な理念が世界中に広がる時代を招き入れた。トランプ氏の勝利で、その時代は決定的に終止符を打たれた。

 扇動的に人種差別発言を繰り返す同氏の当選は、第2次世界大戦が終わった1945年以降、米国が国内外で推進してきた民主主義への手痛い打撃となる。

 この米国の関与の姿勢を最も雄弁かつ感動的に表したのは1961年のジョン・F・ケネディ元大統領による言葉だ。「我が国に好意を抱こうと悪意を抱こうと、すべての国に知らせよう。我々は自由の存続と成功を確保するためには、いかなる代償も払い、あらゆる重荷をいとわず、どんな困難とも対峙し、あらゆる友人を助け、いかなる敵とも対決する決意であることを」

■ケネディのビジョンとの悲しいコントラスト

 ケネディのビジョンの寛大さと広大さ、力強さはトランプ氏の宣言――我々の計画は米国が最優先となり、グローバリズムではなくアメリカニズムが信条となる――の狭量な国家主義との悲しいコントラストを描く。この2つのビジョンの違いは計り知れないほど大きく、不吉だ。米国の戦後世代が世界中の自由を守ると固く誓うようになったのは、理想主義からだけではなかった。ケネディが述べたように、この世代は「戦争によって鍛えられ、つらく苦い平和によって自制心を培った」。トランプ氏に投票した世代と好対照を成す。すなわちファストフードによって太らされ、テレビのリアリティー番組によって幼稚化された世代だ。

 ケネディ世代は大恐慌と第2次世界大戦から厳しい教訓を学んだ。あの世代は「アメリカ・ファースト(米国第一)」――米国を広い世界の問題から隔絶しようとする政策――が最終的に、経済と政治の大惨事につながったことを知っている。だから1945年以降、共和党、民主党双方の新世代の指導者たちは世界のために経済と安全保障の構造を築いた。米国のリーダーシップと、北大西洋条約機構(NATO)、国連、世界銀行といった国際機関、同盟関係を軸とする構造である。

 かつて知っていたとしても、トランプ氏は1930年代の経験から引き出された教訓を忘れてしまった。同氏が抱く嫌悪感は、米国自体の機関に対してよりも国際機関に対して深いように見える。トランプ氏の提案する政策は、何十年にもわたって米国が支え守ってきたリベラルな世界秩序をひっくり返す恐れがある。

 とりわけ、世界に米国が向き合うときの2つの超党派的な大原則に、同氏は異論を唱えた。1つ目は、開かれた国際的貿易体制への支持。2つ目は、世界の安全保障を支える米国主導の同盟関係への関与だ。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップビジネスリーダートップ

Financial Times

【PR】

Financial Times 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

トランプ米大統領(右)に話しかけるメイ英首相。ハンブルクで7月に開催された20カ国・地域(G20)首脳会議の一幕=ロイター

ロイター

[FT]米国との「特別な関係」は英国の片思い [有料会員限定]

 英国のメイ首相が今年1月、米ワシントンを訪れた。そのときに米英の「特別な関係」(注:英政治家のチャーチルが演説で最初に使った。米英関係は民主主義や自由貿易、国際協調などの理念や価値観を共有し、世界の…続き (8/23)

5月、ホワイトハウスの南庭を歩くバノン氏=AP

AP

[FT]バノン氏解任で中国のトランプ氏封じ込め「成功」 [有料会員限定]

 トランプ米大統領が4月、米フロリダ州のリゾートで習近平中国国家主席に初めて会った直後、ある中国政府高官は米大統領の最重要政治顧問が本当に中国政府を真の敵としてのみならず、敵の中の一つとしてみているの…続き (8/22)

エリゼ宮を歩くマクロン仏大統領(左)とブリジット夫人(7月、パリ)=ロイター

ロイター

[FT]マクロン仏大統領、ブリジット夫人に公職付与へ [有料会員限定]

 フランスのマクロン大統領は、保健や文化、教育、子どもの保護、ジェンダー平等などの分野でブリジット夫人に公的な責務を与える。フランスのファーストレディー(大統領夫人)の役割を高めようとする試みだ。
 国…続き (8/22)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

今週の予定 (日付クリックでスケジュール表示)

<8/21の予定>
  • 【国内】
  • 7月の全国百貨店売上高(日本百貨店協会、14:30)
  • 7月の主要コンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会、16:00)
  • 【海外】
  • 4~6月期のタイ国内総生産(GDP)
  • フィリピン市場が休場
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/22の予定>
  • 【国内】
  • 20年物国債の入札(財務省、10:30)
  • 7月の食品スーパー売上高(日本スーパーマーケット協会など、13:00)
  • 7月の全国スーパー売上高(日本チェーンストア協会、14:00)
  • 【海外】
  • インドネシア中銀が政策金利を発表
  • 8月の欧州経済研究センター(ZEW)の独景気予測指数(18:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/23の予定>
  • 【国内】
  • 6月の毎月勤労統計確報(厚労省、9:00)
  • 【海外】
  • 7月のシンガポール消費者物価指数(CPI)
  • 7月のマレーシアCPI
  • 8月の仏購買担当者景気指数(PMI)速報値(16:00)
  • 8月の独PMI速報値(16:30)
  • 8月のユーロ圏PMI速報値(17:00)
  • 8月の米製造業PMI(速報値、IHSマークイット調べ、22:45)
  • 7月の米新築住宅販売件数(23:00)
  • 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、23:30)
  • カプラン・ダラス連銀総裁が講演(24日2:05)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/24の予定>
  • 対外・対内証券売買契約(週間、財務省、8:50)
  • 7月の白物家電出荷額(JEMA、10:00)
  • 3カ月物国庫短期証券の入札(財務省、10:20)
  • 6月の景気動向指数改定値(内閣府、14:00)
  • 4~6月期の英GDP(改定値、17:30)
  • 米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(米ワイオミング州ジャクソンホール、26日まで)
  • 新規失業保険申請件数(週間、21:30)
  • 7月の米中古住宅販売件数(23:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

<8/25の予定>
  • 閣議
  • 7月の全国・8月の都区部CPI(総務省、8:30)
  • 7月の企業向けサービス価格指数(日銀、8:50)
  • 7月の外食売上高(日本フードサービス協会、14:00)
  • 7月のシンガポール鉱工業生産指数
  • インド市場が休場
  • 8月の独Ifo企業景況感指数(17:00)
  • 7月の米耐久財受注額(21:30)
  • イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長が講演(米ワイオミング州ジャクソンホールで、23:00)
  • ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が講演(米ワイオミング州ジャクソンホールで、26日4:00)
  • (注)時間は日本時間

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

[PR]