エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

24年までに40%、代替フロン大幅削減に世界が合意

2016/12/2 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 モントリオール議定書締約国会議で代替フロンの削減目標が合意された。日本は2024年までに40%、2036年までに85%削減する必要がある。

 2016年10月15日、アフリカのルワンダで開催されたモントリオール議定書の第28回締約国会議で、代替フロンの生産および消費量を段階的に削減することで合意した。

■目標達成で気温上昇8分の1に

 代替フロンのハイドロフルオロカーボン(HFC)はオゾン層を破壊しな…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

水を使わないセイコーエプソンの「ペーパーラボ」。写真は装置の全体像

エプソンは「水不要」、使った紙をオフィスで再生 [有料会員限定]

オフィスで使う紙をオフィス内で再生して繰り返し使う「紙再生装置」に注目が集まっている。これまでは、環境意識の高い企業がリサイクル活動の一環として導入するケースがほとんどで、企業の採用はあまり進んでいなかった。…続き (3/15)

製糖工場ではサトウキビの搾りかすであるバガスが大量に発生する(左)。三井製糖の関連会社が運営するタイの製糖工場(右)。東レとの合弁会社はこの工場の敷地内に実証プラントを建設する

「日の丸技術」タイで開花 東レがバイオ燃料事業化へ [有料会員限定]

 タイで、日本企業が相次いでバイオ燃料関連事業に乗り出す。東レは2017年1月、三井製糖との合弁会社をタイに設立した。サトウキビの搾りかすであるバガスから、バイオエタノールの原料となるセルロース糖を製…続き (3/17)

高速収容と省エネ、「エコ駐輪場」屋上や地下を活用 [有料会員限定]

 環境に優しいことに加え、健康にも良い自転車の利用が増えている。2016年12月には、自転車の活用を推進する自転車活用推進法案が成立した。自転車専用道路の整備やシェアサイクルの拡大などを掲げている。こ…続き (2/9)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月27日付

2017年3月27日付

・LG、日本の研究所統合 ロボなど強化
・海底3D地図 速く広く作成 三井造船など開発
・設備保守の東京電設サービス、東電系以外で売上高4割
・富士重、「アイサイト」新興国にも投入
・パソナ、自分磨き プロが指導…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト