Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

SNS時代の新広告 実体験で「シェア」競う
動く椅子やスマート窓、光るドローンで大型ビジョン…

(1/3ページ)
2016/10/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 先頭の人が店に入ると順番を待っている人が勝手に繰り上がるよう「自動で動く椅子」、天気や花粉などの情報や好みの模様を映し出す「スマート窓」、光で夜空に映像を描き出す大量の「ドローン(小型無人機)」。もしかしたら、実物やニュース映像を見たことがあるかもしれない。これらはすべて広告を狙ったモノだ。若者の活字離れやテレビ離れが指摘される中で、新たなアピール手段として「体験型」をウリにする広告が急増してい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 木が頭上を覆う新国立競技場の観客席。片持ち形式の屋根は構造上は鉄骨造(S造)だが、木材と組み合わせる「ハイブリッド構造」により、変形を抑制する剛性を付与した(資料:技術提案書〔2015.11.16〕、(C)大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体、パース・イメージ図は技術提案時のものであり、実際とは異なる場合があります)

日本らしさ世界にアピール 木で覆う新国立競技場

 2019年11月完成を目指して工事が進む新国立競技場。観客席を覆う長さ62mの片持ち形式の屋根架構は木と鉄のハイブリッド構造となる。5月から実大屋根鉄骨の作成準備を開始、作業手順や安全確保などを検証…続き (7/18)

JR東日本東京総合車両センターが導入した安全教育VRツール

電車事故をVRで疑似体験 教育・研修、よりリアルに [有料会員限定]

 ゲームやスポーツ、エンタテインメント分野を皮切りに利用が進んでいるVR(仮想現実)だが、教育・研修分野も有望な用途の一つ。実体験を教え込む研修を最小限の設備と人員で実施できるのはもちろん、実体験その…続き (7/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月20日(木)

  • アマゾン、食材キット宅配で商標登録
  • Amazonの「メディア価値」に気づいたエージェンシーたち:「Amazonはすでにメディアの巨人だ」
  • 英会話大手のイーオン、VRで現実感ある学習ができるアプリを公開

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月20日付

2017年7月20日付

・新日本無線、人感センサーの消費電力、最大96%削減
・富士通、新事業の種を集める仕組み 会員制工房の提供メニュー拡充など
・東京ガス、LNG一体化設備 小規模工場向け コスト3割低減
・三菱製鋼、インドで太巻きバネ生産 建機用 日系で初の拠点
・フィード・ワン、ベトナムで配合飼料を5割増産 高付加価値で攻勢…続き

[PR]

関連媒体サイト