ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

検証、熊本地震で食器1つ落ちなかった住宅

(2/3ページ)
2016/10/18 6:30
共有
保存
印刷
その他

 A邸は間口が約5.5m、奥行きが約23mの細長い建物だ。建築基準法で求められる壁量に対する比率(壁量充足率)は、間口方向が1.19、奥行き方向が1.55。住宅を施工した工務店のコンフォートハウス(熊本市)は、住宅性能表示制度の耐震等級2~3程度の壁量(建築基準法で求められている壁量の1.25~1.5倍程度)を目安とし、住宅のバランスに当たる偏心率も小さくすることを標準仕様としている。

 そのため、A邸も細長い形状でありながら、耐震等級2に近い耐震性能を確保していた(図1)。制振システムは住友ゴム工業のミライエを採用。コンフォートハウスでは2015年から標準仕様として採用しているものだ。

図1 細長いA邸は壁量充足率1.2程度の壁量と制振システムで地震対策(資料:コンフォートハウスの資料を基に日経ホームビルダーが作成)
画像の拡大

図1 細長いA邸は壁量充足率1.2程度の壁量と制振システムで地震対策(資料:コンフォートハウスの資料を基に日経ホームビルダーが作成)

 被害が小さかった理由の一つとして考えられるのが、建物の耐震性能が高いこと。A邸の場合、壁量充足率が高いことに加え、採用した制振システムがさらに耐震性を高めた可能性も考えられる。制振システムは1階の室内壁内に4カ所設置している。国土交通省の大臣認定を取得していないが、同制振システムは1枚当たり壁倍率5倍に相当する。このことを考慮して存在壁量を計算すると、A邸は耐震等級2の性能を上回っていたと考えられる。

■本震襲来でも「子供起きず」

写真3 本震後に撮影されたA邸のリビング・ダイニングの様子。壁際に設置してあった棚なども倒れたりすることはなかった(写真:住まい手Aさんが提供)
画像の拡大

写真3 本震後に撮影されたA邸のリビング・ダイニングの様子。壁際に設置してあった棚なども倒れたりすることはなかった(写真:住まい手Aさんが提供)

 だが、耐震性能だけでは説明が付きにくい現象がA邸では起こっている。一つは室内の物がほとんど倒れなかったことだ(写真3)。

 制振システムは、躯体の変形量を抑えるのが特徴だ。免震のように、地震の揺れ自体を低減するものではない。ただ、壁が大きく変形しなければ、壁際の家具などが押し倒されることも少なく、壁につくり付けた棚の揺れ幅が抑えられる効果も考えられる。物が散乱しなかったことも説明できそうだ。

 本震の際にAさん一家が2階で体験したことも、その裏付けになりそうだ。「揺れは感じたものの、子供たちは目を覚ますことなく寝ていた」とAさん。2階では、制振システムが変形量を抑えた効果がより感じられた可能性も考えられる。

 室内の壁の被害が、熊本地震での一般的な状況と比べると小さいことにも注目したい。クラックが入りやすい塗り壁や、設備機器との取り合い部などは、前震と本震の2度の大地震に遭遇していながら、ひびや割れが生じなかった(写真4、写真5)。

写真4 塗り壁は地震などでクラックが入りやすい建材だ。だが、本震後、窓まわりを確認してもクラックは見当たらなかった(写真:住まい手Aさんが提供)
画像の拡大

写真4 塗り壁は地震などでクラックが入りやすい建材だ。だが、本震後、窓まわりを確認してもクラックは見当たらなかった(写真:住まい手Aさんが提供)

写真5 キッチンの上部には天井付けの換気設備が取り付けられていたが、本震後に確認しても、取り合い部にクラックなどは見当たらなかった(写真:住まい手Aさんが提供)
画像の拡大

写真5 キッチンの上部には天井付けの換気設備が取り付けられていたが、本震後に確認しても、取り合い部にクラックなどは見当たらなかった(写真:住まい手Aさんが提供)

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ニトリのロボット倉庫で見えた物流無人化の未来 [映像あり][有料会員限定]

 大量の製品が並ぶ棚の周りを歩き続け、ときには重い荷物を持ち上げる。夏は暑く、冬は寒い。繁忙期には残業も増える。肉体的にきつくてつらいといわれる物流拠点での仕事を、ロボットに置き換えようとする取り組み…続き (7/26)

荷主と軽貨物ドライバーの仲介サービス「PickGo(ピックゴー、旧名称は軽town)」の画面

昭和で止まった物流業界 スマホで崩す商慣習 [有料会員限定]

 トラックドライバーの高齢化が止まらない。政府の調査によるとトラック業界で働く人の約4割が50歳以上。特に大型トラックの高齢化は著しく、平均年齢は2016年時点で47.5歳に達する。中高年層が大量に退…続き (7/19)

アイフィックスイットが実際に公開しているiPhone 6の電池交換手順。企業が公開していない修理手順をアイフィックスイットが独自に作成して公開している

欧米発、「電子機器を自分で修理する権利」運動 [有料会員限定]

 「消費者が購入した電子機器。その所有権は消費者にあるはずだ。しかし、故障を修理しようとすると、なぜかそれがメーカーの所有物であるかのような扱いを受ける」――。こう語るのは、米国で様々な機器を分解し、…続き (7/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月18日(金)

  • IDC、世界のAR/VR関連市場の予測を発表―2021年まで年率100%以上で成長
  • ソフトバンクが10億ドル超を投じる「製薬ヴェンチャー」の正体
  • 中国が「AI超大国」になる動きは、もはや誰にも止められない

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月18日付

2017年8月18日付

・リオ・ティント、リチウム生産へ前進
・集中力測る眼鏡型端末、ジンズがeスポーツで需要開拓
・東芝ライフ、美的傘下に入り1年 2017年通期黒字化に自信
・物流倉庫利用しやすく、VBが新サービス 小規模・短期間でも仲介
・内装材、美をリアルに アイカ工業…続き

[PR]

関連媒体サイト