エネルギー新世紀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

にらまれる石炭火力 「低炭素技術」で汚名返上なるか

(1/3ページ)
2016/10/12 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 大きな二酸化炭素(CO2)排出源としてにらまれる石炭火力。日本は「低炭素技術」に磨きをかける。大幅削減が可能な「CCS(CO2回収・貯留)」実証も本格化。海外移転も期待されている。

 瀬戸内海に浮かぶ小島で、石炭火力のCO2排出量を大きく減らせる設備が本格的に試運転を始めた。出力16万6000kWのIGCC(石炭ガス化複合発電)実証機だ。中国電力と電源開発(Jパワー)が共同出資する大崎クールジェン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

エネルギー新世紀 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

軽量化した「黒霧島」720ミリリットル瓶

売電2.5億円 霧島酒造、食品廃棄物でバイオガス発電 [有料会員限定]

食品廃棄物の削減・処理とリサイクル、再生可能エネルギー発電による売電の“一石三鳥”を狙う技術が普及し始めた。工場や、飲食店から出るバイオマス(生物資源)である生ゴミを使う「バイオガス発電」だ。…続き (8/18)

キユーピー、食品ロス減へ マヨネーズ賞味期限を延長 [有料会員限定]

 まだ食べられるはずの食品が廃棄される「食品ロス」。世界では毎年13億トンが廃棄されており、社会問題となっている。日本では2014年度に621万トンの食品ロスが発生しており、これは全世界の食糧援助量の…続き (7/19)

「ポスト炭素繊維」30年に1兆円市場へ、量産元年 [有料会員限定]

 「セルロースナノファイバー(CNF)は今後の事業の柱として期待が大きい。2017年はエポックメーキングな年になる」。日本製紙の馬城文雄社長は言葉に力を込めた。2017年4月25日、同社の石巻工場(宮…続き (7/18)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

08月24日(木)

  • スーパーカーとロボットの技術に、ホンダが目指す「自律走行の未来」を見た
  • FacebookのWatchは、放送事業者の利益を奪うのか?:「動画予算は流動的だ」
  • 大規模データ解析サービス実現のために、Google Cloud Platformが果たす役割

日経産業新聞 ピックアップ2017年8月24日付

2017年8月24日付

・アルミ合金、耐食性・強度の向上両立 芝浦工大、水蒸気で膜形成
・関電、ダムにたまる竹 パレット原料に
・日本紙パルプ商事、インドで古紙回収・販売
・JX金属、伸銅品を値上げ、IoTで需要増
・創薬VBのアンビシオン、がんの免疫治療 来年から治験へ…続き

[PR]

関連媒体サイト