Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

廃熱を暖房に活用 ボッシュ、EV航続距離25%向上へ

(1/2ページ)
2016/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ドイツBosch(ボッシュ)は、冷却水による熱循環で電気自動車(EV)のエネルギー効率を高めるシステム「インテリジェント・サーマル・マネージメント」を開発中だ(図1)。駆動用モーターやインバーター、車載充電器といったパワートレーン側の廃熱を回収して暖房に活用することで、EVの航続距離を最大25%向上できる。

 新システムでは、これまで個別に制御していたパワートレーンや空調、電池などの熱制御を統合し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

道路から前輪にワイヤレス給電、EV弱点克服の一手 [有料会員限定]

 電気自動車(EV)の普及を阻む大きな要因が、航続距離の短さと車両価格の高さだ。この課題の解決策として期待される将来技術が、走行中のEVに無線で電力を伝送する「走行中給電システム」である。東京大学など…続き (7/19)

図1 木が頭上を覆う新国立競技場の観客席。片持ち形式の屋根は構造上は鉄骨造(S造)だが、木材と組み合わせる「ハイブリッド構造」により、変形を抑制する剛性を付与した(資料:技術提案書〔2015.11.16〕、(C)大成建設・梓設計・隈研吾建築都市設計事務所共同企業体、パース・イメージ図は技術提案時のものであり、実際とは異なる場合があります)

日本らしさ世界にアピール 木で覆う新国立競技場

 2019年11月完成を目指して工事が進む新国立競技場。観客席を覆う長さ62mの片持ち形式の屋根架構は木と鉄のハイブリッド構造となる。5月から実大屋根鉄骨の作成準備を開始、作業手順や安全確保などを検証…続き (7/18)

JR東日本東京総合車両センターが導入した安全教育VRツール

電車事故をVRで疑似体験 教育・研修、よりリアルに [有料会員限定]

 ゲームやスポーツ、エンタテインメント分野を皮切りに利用が進んでいるVR(仮想現実)だが、教育・研修分野も有望な用途の一つ。実体験を教え込む研修を最小限の設備と人員で実施できるのはもちろん、実体験その…続き (7/14)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

07月21日(金)

  • Facebook、ニュースの有料配信を計画―2018年にも展開か
  • ビットコインは8月1日頃に本当に分裂するのか
  • Facebook、あらゆる現実の拡張を目指す新ARプラットフォーム「Camera Effects Platform」を発表

日経産業新聞 ピックアップ2017年7月21日付

2017年7月21日付

・ソニー、画像センサー14%増産、自撮りや車載向け需要増で
・スマホゲーム、登場キャラ前面 配信前にファン獲得
・賃貸ビルの省エネ導入、「グリーンリース契約」でオーナーにも利益
・三井金属、四輪車用の排ガス触媒を増産 中印など5カ国で
・東レ、スマート衣料で連携 心電計の共同開発など…続き

[PR]

関連媒体サイト