Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

廃熱を暖房に活用 ボッシュ、EV航続距離25%向上へ

(1/2ページ)
2016/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 ドイツBosch(ボッシュ)は、冷却水による熱循環で電気自動車(EV)のエネルギー効率を高めるシステム「インテリジェント・サーマル・マネージメント」を開発中だ(図1)。駆動用モーターやインバーター、車載充電器といったパワートレーン側の廃熱を回収して暖房に活用することで、EVの航続距離を最大25%向上できる。

 新システムでは、これまで個別に制御していたパワートレーンや空調、電池などの熱制御を統合し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

写真1 ロシアのスタピノで、3Dプリンターを現地に設置して建設した住宅(写真: apiscor)

3Dプリンターで「100万円住宅」 米ベンチャーが建設 [有料会員限定]

 米国サンフランシスコに拠点を置くアピスコーが、3Dプリンターによるコンクリート住宅の現場施工を実現した。同社は3Dプリンターによる建設技術を開発するベンチャー企業で、住宅はロシアのスタピノに建設され…続き (5/29)

楽天がパ・リーグ首位を快走している(写真は銀次選手、Koboパーク宮城)=共同

共同

楽天が本格導入、プロ選手は「VR」に何を求めたか

北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手の代名詞となった「時速165kmの剛速球」。このボールは、大谷選手の手を離れてからホームベースに到達するまでに0.4秒もかからない。並外れた対応力を持つプロ野球選手であっても、…続き (5/26)

精度9割超 無造作に置かれた商品、ロボで認識 [有料会員限定]

 撮影シーンや周囲の状況までを瞬時に把握できる、人間の知性を備えたカメラ技術の開発が活発化している。けん引するのは、市場成長が著しい自動車やドローン、そして監視カメラや産業用ロボットといった非民生分野…続き (5/25)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年5月29日付

2017年5月29日付

・米ウィーバー、夏にもプレステVRにコンテンツ配信
・マイクロソフト、使い勝手でアップル対抗 日本にノート・デスク型PC
・小型風車、開発相次ぐ 九大発VBは「後付け羽根」実用化
・天間特殊製紙、CNFで特殊紙2割強く
・ダスキン、家の小さな傷 短時間で補修…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト