Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

廃熱を暖房に活用 ボッシュ、EV航続距離25%向上へ

(1/2ページ)
2016/10/6 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
その他

 ドイツBosch(ボッシュ)は、冷却水による熱循環で電気自動車(EV)のエネルギー効率を高めるシステム「インテリジェント・サーマル・マネージメント」を開発中だ(図1)。駆動用モーターやインバーター、車載充電器といったパワートレーン側の廃熱を回収して暖房に活用することで、EVの航続距離を最大25%向上できる。

 新システムでは、これまで個別に制御していたパワートレーンや空調、電池などの熱制御を統合し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップテクノロジートップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる、業界がみえる。非上場企業を含む4200社、67業界のニュースとデータを網羅

日経BPの関連記事

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

延長戦で決勝TDを喜ぶペイトリオッツのQBブレイディ=AP

AP

ドローン300機 インテル、技術訴求の場はスーパーボウル [有料会員限定]

 Intel Inside(インテル入ってる)――。「あなたのパソコンにはインテル製CPUが搭載されています」というCMで、半導体メーカーながら消費者に対して強力なブランドを築いてきた米インテル。

 パ…続き (3/23)

図2 新技術によるHUDの試作機。時速40kmのときは40m先、時速80kmのときは80m先といったように、走行速度に合わせてメーターなどの表示の焦点位置を変えることもできる

視点移動しても「使える」ヘッドアップディスプレー [有料会員限定]

 コニカミノルタは、ヘッドアップディスプレー(HUD)上で、車両や歩行者などの位置を示す枠(カーソル)を、運転者の視点が動いてもずれないように表示する技術「3D AR HUD」を開発した。2018~1…続き (3/24)

SBSプロジェクトで活用する、「スマートブルペン」での計測の様子。バッターは慣性センサーを内蔵したウエアを着用、さらに視線を追跡する「アイトラッカー」をかけて打撃し、生体情報をリアルタイムに取得する。写真は東大野球部の選手

緊張の悪影響を可視化 「メンタル」制御への一歩

 脳を鍛えてアスリートのパフォーマンスの向上を支援する、新しいトレーニング法を確立する――。NTTは2017年1月、「スポーツ脳科学(Sports Brain Science:SBS)プロジェクト」を…続き (3/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年3月24日付

2017年3月24日付

・人の流れ割安で解析 日本ユニシス
・トマトの品質高める遺伝子 横浜市大が発見
・抗がん剤の調合安全に 日本エアーテック 作業後オゾンで分解
・米コーニング ドローンで赤外線撮影 小型カメラで日本参入
・ジヤトコ 変速機生産にクリーンルーム 国内外で…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト