ニュースの深層

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

接合部に問題65% 不適格多い2000年以前の新耐震
「新耐震住宅」はなぜ倒壊したか(3)

(1/3ページ)
2016/9/5 6:30
共有
保存
印刷
その他

日経ホームビルダー

 2016年4月に発生した熊本地震は、住宅業界に大きな衝撃を与えた。熊本地震を機に、これからの家づくりの在り方を考え直そうという人は多いだろう。連載第3回は、再び浮き彫りになった1981年~2000年に建てられた住宅の耐震性の問題点について触れる。

 4月に発生した熊本地震では、多くの戸建て住宅が被害を受けた。なかでも、2000年以降に接合部や耐力壁に関する告示が加わった建築基準法の新耐震基準(2000年基準)の木造住宅が大きな被害を受けたことから、現行の建基法の在り方を検討する議論も進んでいる。

 だが、もう一つ、木造住宅の耐震性における課題が熊本地震で再び浮上した。それは、建基法が改正された1981年から2000年までの間に建てられた住宅の問題だ。

 これらは1981年以降に建てられていることから新耐震と判別されるが、中には現行の基準である2000年基準を満たしていない、いわば、耐震性能における既存不適格の住宅がある。この、既存“耐震”不適格の木造住宅が、熊本地震で倒壊した。

■引き抜けた隅柱

(左)基礎の上に直接隈柱が設置されていたように見られる。写真の状況から推測すると、隈柱に対して、土台が両方から差し込まれていたようだ。(右)隈柱を見ると、端部に金物らしきものが残されているのが写真で確認できた。拡大すると、くぎが5本あるように見える。柱部分にも金物を留め付けているくぎらしきものがある(写真:日経ホームビルダー)
画像の拡大

(左)基礎の上に直接隈柱が設置されていたように見られる。写真の状況から推測すると、隈柱に対して、土台が両方から差し込まれていたようだ。(右)隈柱を見ると、端部に金物らしきものが残されているのが写真で確認できた。拡大すると、くぎが5本あるように見える。柱部分にも金物を留め付けているくぎらしきものがある(写真:日経ホームビルダー)

 上の写真は益城町で4月24日に撮影したものだ。日経ホームビルダー取材班が現地でヒアリングしたところ、1996年に完成した木造住宅だという。

 現場の状況などからの推測ではあるが、この建物では主に次のような特徴が読み取れた。

 左上の写真は土台部分を撮影したものだ。アンカーボルトは施工してあるが、ホールダウン金物は見当たらない。土台は2方向から隅柱に差し込まれ、隅柱は基礎の上に直接立つ、柱勝ちのようだ。

 この上部を見たのが同右上の写真だ。引き抜かれた隅柱をよく見ると、Zマークのかど金物(CP・L)のようなものが見える。金物に残された5本のくぎの位置などから推測すると、下の図のような施工状態だったと考えられる。

写真から推測したかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日経ホームビルダー)
画像の拡大

写真から推測したかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日経ホームビルダー)

 耐震改修などを数多く手掛ける金井工務店(埼玉県川口市)の金井義雄氏は、「隅柱の引き抜きへの対策が考慮されていなかった可能性がある。かど金物CP・Lの留め付け方が一般的なものではないなどの様子から、本来の耐力を発揮できなかったことも考えられる」と分析する。

 CP・Lの留め付け方は、日本住宅・木材技術センターが発行する「木造住宅用接合金物の使い方」を見ると、下の図の通りだ。図は隅部の留め付け例ではないので注意が必要だが、一般的には土台勝ちとして、L字の金物の長い方を上に、規定の間隔で留め付ける。

一般的なかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日本住宅・木材技術センター)
画像の拡大

一般的なかど金物(CP・L)の施工状態(概略図)(資料:日本住宅・木材技術センター)

 だが、この住宅が施工不良とも言い切れない。この当時は、国が定める明確な金物の規定がなかったからだ。「今は規定からどこに使うか明確に分かるが、当時の状況を考えると金物だけを見て良いか悪いかを判断できない」と日本住宅・木材技術センター認証部の担当者は指摘する。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

日経BPの関連記事

【PR】

ニュースの深層 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

北海道豪雨では多くの畑が被害を受けた(2016年8月31日、北海道北見市)

北海道で「気候変動予測」加味した水防災対策 [有料会員限定]

 2016年8月に北海道を襲った一連の台風による「北海道豪雨」は、これまでにない新たな課題も浮かび上がらせた。氾濫流による農業被害である。四つの台風による被害面積は4万ヘクタール弱。農作物が浸水や流失…続き (4/21)

写真6 白花橋の近くに架かる川上橋。橋が周辺の土地よりも低い谷地形に架かっていたため、雨水が集まり、橋台背面土を洗い流した(写真:北見工業大学)

少雨地帯が先駆ける新・水防災対策、北海道豪雨の教訓 [有料会員限定]

 堤防や橋台背面の浸食、盛り土の崩壊、落橋――。2016年8月に北海道を襲った一連の台風による豪雨は、過去の水害と比べて人的被害がそれほど大きくなかったものの、今後の河川事業に重要な教訓が詰まっている…続き (4/20)

図3 離陸する飛行試験機2号機。2017年1月5日には、米国ワシントン州のグラント・カウンティ国際空港を発着する飛行試験を開始した。現在、4機体制で飛行試験を実施している(写真:三菱航空機)

三菱重工、知見不足が招いたMRJ5度目の延期 [有料会員限定]

 ジェット旅客機「MRJ」の量産初号機の引き渡し時期は2020年半ばに変更――。三菱重工業と三菱航空機(愛知県豊山町)は5回目の納入時期変更を2017年1月23日に発表した(図1)。2015年12月時…続き (4/7)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

日経産業新聞 ピックアップ2017年4月27日付

2017年4月27日付

・イスラエル発、サイバー防衛 相次ぐ情報流出、国内企業向けに参戦
・弘前大、歩き方、センサーで計測
・がん細胞に10分で大穴 日本抗体医薬が治験めざす
・JFEエンジ、汚泥の焼却排熱で発電 下水処理場で電気代削減
・残価設定ローン使いやすく…続き

日経産業新聞 購読のお申し込み
日経産業新聞 mobile

[PR]

関連媒体サイト